地元青森に帰省してきました♪

 

こんにちは、山本です。

先日までお休みをいただいてたので、地元である青森県弘前市に帰省してきました(^O^)

 

▼青森の夏の風物詩「青森ねぶた」。

C360_2016-06-29-15-39-13-756

 

▼「弘前ねぷた」。

IMG_20160701_223507

「ねぶた」と「ねぷた」の違いは何か?よく聞かれるのですが、地域によって訛りが違い、呼び名が分かれているだけです。

山車の形状、囃子、掛け声などの違いもありますが、どれも青森の夏には欠かせないお祭りです。

ちなみに、ねぶた&ねぷたの大体のシーズンは8/1~8/7です♪

他にも、県内40地域で開催しているのですが、「青森のねぶた」「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つで、山車の高さが最大で20mを超える「五所川原立佞武多」もおすすめです。

 

▼本州最北端のマグロで有名な「大間町」。

本州最北端

大間町と北海道函館市は、距離にして20キロほどしか離れていません。

マグロ

20年青森にいたのに、なぜだか魚介類が苦手な私ですが、やっぱり本場の味は美味しい!と思ったら、気仙沼のマグロだったみたいです(笑)

 

▼田んぼアートが盛んな「田舎館村」。

田舎館田んぼアート

今年は、NHK大河ドラマの真田丸より「石田三成と真田昌幸」。

田んぼをキャンパスに見立て、色の異なる稲を絵の具代わりに巨大な絵を描く「田んぼアート」。

第一、第二と二つのスポットがあるのですが、田舎館村役場の展望台からメインスポットを見てきました。

田舎館村役場

この変わった造りからなるお城の形をした建物が田舎館村役場です。

 

▼世界でも有数の豪雪地帯「八甲田山」。

IMG_20160702_070805

▼その近くにある泉温98度の「地獄沼」。

IMG_20160702_072911

 

青森は何もないところですが、人があたたかく、自然豊かで癒されます。

この他にも、まだまだ風光明媚な素敵なスポットがたくさんあります!

 

■飛行機 羽田⇔青森間 約1時間弱

■新幹線 東京⇔新青森間 約3時間半

■バス 上野⇔青森間 約9時間

 

ちょっと遠いですが、皆さん是非是非いらしてください♪

春夏秋冬でお祭りを開催しているので、どの季節でも楽しめると思います(^^)

青森の魅力がたっぷり詰まった情報サイトがあったので載せておきます!

https://retrip.jp/articles/54210/

関連記事

  1. 来年1月のパーティー&イベント情報をアップしました!

  2. どうやったら、いい人に出逢えますか?

  3. ミュージックバンカー イベントのご案内★

  4. ディグラム診断というのをご存知ですか?

  5. 冷めやらぬ、パンケーキ人気

  6. 本日の秘密の合コンパーティーは予定通り開催いたします!!

  7. Happy Birthday to 赤ちゃん\(^o^)/

  8. 悲しい無断キャンセル

  9. ビールで乾杯

    8月復活!横濱オトナスタイル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。