自分のことは自分が一番よく知っている?

あなたは今、婚活中ですか?

活動を始めてから、どのくらい経ちますか?

もし、もう二年以上活動しているという方は、少し方法を変えてみた方がいいかもしれません。

「自分は大丈夫」と思っていても、なかなかうまくいかない時は、何か原因があるものです。

 

まず、「なかなかいい人に出会えない・・・」と悩んでる方の中には、 理想が高い場合が多いです。

実際、パーティーの短い時間の中では、最初は見た目、学歴や年収といった情報で判断するしかありません。

ですが、本当にいい出会いかどうかというのは、表面的な部分だけでは判断できないものです。

自分ではいい出会いだと思っていても、知っていくうちに「ちょっと違った」ということもあるでしょう。

反対に、あまり期待していなかった出会いから、時間の経過とともにいい出会いだと感じることもあるでしょう。

ただ、見た目や書いてある情報だけで、いい出会いかどうかを見定めているのであれば、後に気付く「本当のいい出会い」を感じることはできません。

表面上で出会いを選んでいる人ほど、先入観で、これまでに数知れない、いい出会いを逃している可能性があります。

 

もちろん、理想を描くことはとても大切なことです。

ですが、必ずしも、その「理想の人でなければ絶対に幸せな結婚生活を手に入れられない」ということはありません。

また、その「理想の人」というのも、「昔、こういう人と付き合ってた」「こんな恋愛をしてた」といった過去と比べてみても、今は参考になりません。

人はそれぞれ性格や価値観が異なりますね。

あなた自身の性格や価値観、感性なども、時間が経つにつれ徐々に変化しています。

つまり、今のあなたが、どんな人と相性がいいかは、実際に会って深く話してみないとわからないものなのです。

「最初はあまりタイプではなかったけど、話してみたら相性がよかった」 ということはよくある話です。

 

また、「自分ではどういう人が合うのかわからない」という方は、まずは自分のことをよく知ることが必要です。

婚活では、いかに自分のことをよく知り、そして、自分自身を磨くことができるかが重要になってきます。

自分のことがよくわからないという方は、周りの人に聞いてみるといいでしょう。

自分の言動は自分に対しては向けられないので、自分自身の性格の判断は難しいですよね。

そんな時は、自分の言動が向けられている相手の立場に立って考えてみることで、少しは「自分」というものを理解できるようになります。

客観的な視点で自分を知ることによって、自分では気づかなかったアピールポイントや、相性のいいパートナーなどを知ることができます。

 

まずは、視野を広げて、いろんな人に会ってみましょう。

そして、どんな出会いでも楽しむことが大切です。

それがきっと、あなたの幸せへの一歩に繋がります。

logo

~人々のステージを創造する~
ハートフルな出逢いをプロデュース【ブランセル】
http://bransel.com

関連記事

  1. Lesson2~二次会へ行こう!

  2. 何事も継続は力なり

  3. 喫煙者は、婚活の場では不利?

  4. ゴールを低く設定する

  5. あなたの意中の相手は大丈夫?年齢詐称トラブルに注意

  6. 平日婚活&恋活パーティーのススメ。

  7. 若いうちから始める婚活

  8. 飲み会でのマナー違反に注意!婚活の場でも協調性が大事。

  9. 「趣味」は理解・共感しやすい内容を!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。