【Happy通信 第36号】相手の希望に応えて

今回のお客様は、スタッフの知人のお話です。

出会いのきっかけは、二年前に参加したブランセルのパーティーにて。

パーティーの帰り道から意気投合し、すぐに交際に発展。

昨年末に入籍し、夏には新婚旅行も兼ねてハワイで挙式を計画しているご夫婦。

幸せいっぱいのように思いましたが、実はこの挙式について夫婦で意見の食い違いが起きたそうです。

 

女性は30代前半で初婚、男性は40代で再婚されました。

元々、男女間では結婚に対する意識も違うものですが、この「結婚式」についても口論になったようです。

男性は年齢的な部分と再婚ということもあり、家族以外を呼んで大々的にという気持ちにはなれないご様子でした。

しかし、女性にとってみれば初めての結婚。

ウェディングドレスを着て、バージンロードを歩いて、永遠の愛を誓う・・・など、少なからず、結婚に対して理想や夢を抱いているものです。

そんな思いを知らずに、結婚式を挙げることに反対していた男性ですが、何よりも早く子供がほしいと思っていたそうです。

そのため、結婚式に費用をかけるのではなく、将来の子供のために貯蓄したいと思っていたのだそうです。

たしかに、子供にかかるお金は想像以上なものです。

でも、まだいない我が子のためにお金をかけるよりも先に、まずはパートナーである奥様に尽くすのが大切だ ということを周りに促され、改心したようです。

それから、女性の希望通り、ハワイでの挙式を決意したそうですよ(^_^)

 

思い返してみれば、この二人は交差期間中も「本当にこの人でいいのだろうか?」とお互いに不安を抱えた状態でお付き合いされていました。

入籍してからも挙式のことで揉めてしまい、早くも「こんなはずじゃなかった」と音をあげていましたが、最後は男性がしっかりと女性の気持ちを汲み取り、今ではハワイでの挙式が楽しみで仕方がない様子です!

価値観の違いは、一緒に生活していくうえで時に壁になることもありますが、お互いを思いやる気持ちがあれば、何だって乗り越えていけるのだと思います。

結婚式はお金がかかりますが、それ以上に得られるものもたくさんあります!

子供が産まれたらしばらくは遠出もできないので、今しかできないことをめいいっぱい楽しんでください♪

きっと、素敵な結婚式になることを心より願っております。

二人のハネムーンが素敵な思い出となりますように☆

関連記事

  1. 大人気のサーティー・サーティーに新エリア登場!

  2. 約一年ぶりに帰ってくる!ブランセルの婚活パーティー

  3. 「外へ出る」のも婚活の第一歩!

  4. 2018.6.23【ヨコハマ・サーティー・フォーティー】Pa…

  5. Halloweenハロウィン

    ハロウィンと乳がんピンクリボン月間

  6. ブログ開始から三周年☆

  7. サーティー・サーティーに続く、新パーティー登場!

  8. マリッジの現状は?

  9. 湘南エリアの男性人気がすごいです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。