婚活で成功する告白法は?タイミングの見極め方

婚活で知り合ったお相手とデートを重ね、良い関係になってきたら次はいよいよ告白です。
しかし、いざ告白しようと思ったら、告白の仕方や場所、タイミングがいまいち掴めない・・・とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

今回は、婚活デートで成功する告白のタイミング、仕方、場所などをご紹介します。

■婚活デートの告白前に確認すべきこと

婚活でいいなと思うお相手とデートしていく中で、次のステップへ進むために必要になるのが「告白」です。
では、告白前にはどのようなことを心構えとして再確認しておけば良いのでしょうか?

本当にお相手と付き合いたいのか?

まずは、本当にお相手のことが好きで、付き合いたいのかという自分の気持ちを確認する必要があります。
「もう何回もデートをしているから、そろそろ告白しないと」という考えで義務的に告白するのはやめましょう。
本当にお相手のことが好きだと思えるのか、付き合いたいと思えるのか、自分の気持ちを再確認し「好き」「付き合いたい」と確信してから告白することが大切です。

焦って告白しようとしていないか?

そして、告白では焦って告白しようとしていないかということも挙げられます。
「本当にこの人でいいのかな?」という迷いがある中で、「きっともうこの人を逃したら後はない」「とにかく早く結婚相手を見つけないと」という焦りから告白を急いでしまうのは良くありません

婚活ではダラダラして過ごすのも良くありませんが、焦りは禁物です。
きちんとお相手と向き合い、「この人と付き合いたい」と心から思えた時に告白しましょう。

迷いがある時は、もう少し様子を見ながら、他の人とも会ってみましょう。
他の人とも会って接していく中で、「やっぱりあの人が一番」「こっちの人の方が合っている」などと答えが出ることもあります。

告白=結婚ではない

告白というと一大イベントのようにも思えますが、告白=結婚ではありません。
婚活での告白はプロポーズを意味しているというわけではないので、告白を躊躇している場合はもう少し気軽に告白に臨みましょう。

婚活での告白は、結婚を考える前の恋愛期間のためのものです。
告白して付き合うことができても、必ず結婚しなくてはいけないわけではありません。
付き合ってみて「なんか違うな」と感じることもあるでしょうし、お相手から「この人とは合わない」と思われることもあるでしょう。

ですから、「告白したら結婚を見据えたお付き合いをしなければいけない」と身構えず、リラックスして気持ちを伝えましょう。

傷つきたくないという思いは捨てる

婚活では、いちいちお相手にフラれることを考えて気にしていてはいけません。
傷つきたくないからと言っていつまでも告白しないままでいたら、せっかくのチャンスも逃してしまい、結婚もどんどん遠のいてしまいます。

たとえフラれても「ご縁がなかっただけ」と捉えることが大切です。
そうすることで、新しいご縁にも繋がっていきます。

「好き」な気持ちは言葉にして伝える

「何度もデートをしていて良い雰囲気だったし、きっと相手も自分を好きだろう」「告白しなくても、これってすでに付き合ってるってことだよね?」なんて思ったまま告白しないのは絶対にNGです。

これは特に男性に多いのですが、「相手も自分と同じ気持ちだろう」「もう付き合ってるという認識でいいだろう」と思っているのは、あなただけかもしれません。

「好き」という気持ちは言葉にしなければ伝わりません。
婚活では、少なからずお付き合いの先に結婚を意識しているので、お互いに同じ認識でお付き合いがスタートできるように、必ず告白することを怠らないようにしましょう。

告白は男性から行うのが基本

婚活では、男性から告白するのがベターです。
男気を見せるという意味でも告白は絶好のチャンスです。
男性がリードしていく形を見せることで、女性にも「この人なら大丈夫」と思ってもらうことができます。

婚活で女性から告白するのはOK?

男性の中には、女性の方から告白してもらうことに抵抗がない方、あるいは告白してもらった方が嬉しい方もたくさんいます。
ですから、女性から告白するというのは十分にアリです。

自分に自信がないタイプの男性は、女性からの告白を待っている場合もありますし、自分から告白するのをためらっているパターンもあります。
この場合は、女性から告白する方が成功する確率もかなり高いと言えます。

ただし、自分から告白してお付き合いを始めたいという男性もいます。
ですから、焦って告白するのではなく、何回かデートをして、相手の男性が自分から告白したいのか、こちらから告白しても良いのかということを、しっかり探ってからにしましょう。

■婚活で成功する告白法とタイミングの見極め方

せっかく婚活で「この人と付き合いたい」と思えるお相手と出会えたのですから、告白はぜひとも成功させたいですよね。
では、告白を成功させるためにはどのようなことを意識したら良いのでしょうか?

・身だしなみに気を付ける

婚活の告白を成功させるポイントは、ファッションに気を配ることです。
そして、告白する日は普段以上に身だしなみに気を付けましょう。

女性は男性の身だしなみや服装をよく見ています。
サイズの合ったシンプルで清潔感のあるファッションで告白に臨みましょう。
いつもよりピシッとした服装をするのも気持ちが引き締まって良いでしょう。

その際、服にシワや汚れ、毛玉などがないか、靴に汚れがないかまでしっかり確認することが大切です。

また、エチケット・マナーとして当然ですが、寝ぐせは付いていないか、髭の剃り残しがないか、鼻毛が出ていないか、口臭・体臭がしないかなど、出かける前にはしっかり確認しておきましょう。

・相手の脈ありサインを確認しておく

告白前には、お相手の脈ありサインを確認しておくことも大切です。
お相手の脈がないのに告白しても失敗するだけです。

・会話が弾んでいる
・あなたによく質問をしてくれる
・LINE(メール)が頻繁にくる
・「一緒にいると楽しい」など好意的な言葉をくれる

など、これらのサインは普段の様子からしっかり読み取ることができます。
「脈がある」と感じてから告白しましょう。

・告白のタイミングは3回目のデートがベスト

3回目のデートで良い雰囲気だったら告白するというのも、婚活の告白を成功させるポイントです。
女性が3回目のデートに応じたという時点で、少なからず好意がある証拠です。

告白をするなら、3回目のデートがおすすめです。
告白までに時間を空けすぎてしまうと、相手は「自分に興味がないのかな?」と不安になったり、気持ちが離れていってしまう可能性があります。

3回目のデートで「〇〇さんともっと一緒にいたいな」「〇〇さんみたいな素敵な女性に出会えて良かった」など、告白の一歩手前のようなセリフを言ってみて、反応が良ければ告白しましょう。

・食事を済ませてから告白する

人は空腹時に多少イライラしてしまうものなので、空腹時の告白は避けましょう。

お腹が満たされている時の方が人は機嫌が良いものです。
告白の前に食事をきちんと済ませておくのが成功のコツです。

・告白の言葉はシンプルでストレートに

告白の言葉はシンプルでストレートに伝えましょう。
回りくどい言葉や趣向を凝らした個性的すぎる言葉はお相手に響きません。

「〇〇さんのことが好きです」「付き合ってください」など、女性はわかりやすいストレートな告白の言葉を好みます
お互いに結婚を強く意識しているのであれば、「結婚を前提にお付き合いしてください」と告白するのもおすすめです。

ただし、お相手が結婚については交際をしていく中でじっくり考えていきたい、まずは普通に恋愛期間を設けたいと思っている場合、「結婚を前提に」と言ってしまうと「重い」と思われてしまう可能性もあります。

「結婚を前提に」という言葉は、お互いの結婚への意識を見ながら言うかどうか判断しましょう。

・告白する場所に配慮する

告白する場所に配慮するのも大切です。

女性はロマンチックなムードに弱いものです。
告白する場所やシチュエーションにも配慮しましょう。

人がたくさんいる中や騒がしい場所で告白しても、周りの声や雑音でムードが台無しです。
ポイントは、「明るすぎないこと」と「静かな場所」の2点です。
なるべく静かで照明が暗い場所を選びましょう。

・綺麗な夜景が見える場所
・海が見える場所
・綺麗な夕焼けが見える場所
・オシャレなBAR
・高級ホテルのレストラン

など、特に「夜景」「海」「夕焼け」はロマンチックなムードを演出するのにピッタリなシチュエーションです。
綺麗な景色の中で告白されれば、女性もきっと喜ぶはずです。

ドライブデートの帰りに夜景や夕焼け、海を見ながら車の中で告白すれば、成功率アップ間違いなしです!

・告白する時間帯は夕方~夜がおすすめ

朝や昼間の時間帯は人の脳が活発に動いているので、夕方~夜の方が頭の働きが鈍っているので告白も受け入れてもらいやすいです。

また一日の終わりが近づく、別れ際のタイミングはもっと一緒にいたいという人恋しさや寂しさから、少しセンチメンタルな状態になっているので、告白にも最適なのです。

そのため、「もう少し一緒にいたいな」「帰りたくないな」と思っている状態の時、つまり夕方~夜の時間帯に告白するのが成功の秘訣です。

ただし、昼間でもロマンチックなムードになり、「ここだ!」という場面があれば、時間帯にこだわらず告白して良いでしょう。
告白はタイミングも重要です。

■こんな時はどうする?婚活での告白のお悩み

告白にまつわるお悩みはたくさんありますよね。
ここでは、そんなお悩みの解決方法をご紹介します。

・婚活で告白されたけど返事に悩んでいる

相手から告白されても、いまいちピンと来ない時「お断りする」か「とりあえず付き合ってみる」かと迷うことがあると思います。
もし「いいなと思うけど、まだそこまで好きではない」とお断りしてしまっている人は、ちょっと損しているかもしれません。

しかし、婚活では「告白=結婚」ではありません。
そのため、告白の返事に悩んだら、とりあえず付き合ってみることも大切です。

相手に対する自分の持ち点を100点とすると、付き合った当初から最高点をつけるため、都合のいい妄想や期待を抱きやすく、予想外の言動を見ると「こんなはずじゃなかった」と、すぐに幻滅してしまいます。

しかし、まだ最高潮まで気持ちが高まっていないなら、恋人として一緒に過ごす中で、「今まで気付かなかったけど、この人にはこういう魅力があったんだな」と、加点方式でお相手を見ることができます。
期待値が少ない分、幻滅しにくく、良い面を当たり前と流さずに、しっかりと魅力として受け止められるのです。

とりあえず付き合ってみて、相手が想像以上に素敵な人だったと、真剣交際へ発展するケースは少なくありません。
年齢を重ねれば重ねるほど、ときめきが少なくなるものなので、なんとなく「いいな」と思うだけでもお付き合いした方が良さそうです。

ただし、相手のことをハッキリと好きだと自覚できないため、交際に対して本気になれないことが多いかもしれません。
デートの約束をしていても、他に楽しそうなお誘いがあれば「デートは別の日でいいか」とドタキャンしたり、適当なお付き合いになる可能性があります。

また、そうした曖昧な気持ちで恋人関係を続けていると、相手に対して罪悪感を抱くようになり、恋心ではなく、義務感から付き合うようになってしまいがちです。
あるいは、とりあえずの交際を続ける中で本当に好きな人が現れた時、今の恋を終わらせてからでなければ新しい恋が始められないため、モヤモヤしやすく、何かと不利なことが多くなります。
そうなると、婚活の目的を果たすことはできないので、付き合っている意味はありません。

婚活では時間を無駄にしないためにも、しっかり相手を見極める必要があります。
付き合う前には、本当にこの人と一緒にいて幸せになれるかどうか?を判断しましょう。

婚活で告白の返事を保留にされたら2週間は待つ

婚活で告白したけれど、返事を保留にされてしまった経験はありませんか?
告白の返事の保留は案外、起こり得ることです。

なぜなら、婚活での出会いから交際を考える場合、お互いに「結婚相手」の候補として、相手を見る必要があるからです。
それだけに、気軽に返事を出せないことは当然の状態と言えます。

とは言え、保留期間中はどうしていいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

具体的な期限は加減が必要ですが、ある程度の期限を決めておくと良いでしょう。
これはあなたの中でだけ決めておいても良いですし、相手と話し合って決めても構いません。
目安として、2週間は連絡は控えて、相手からの返事を待ちましょう

相手はあなたとの交際を、結婚も視野に入れていいかどうか、真剣に悩んでいます。
ここで返事を急かすのはNGです。

しかし、婚活での時間の浪費は大敵です。
明確に決める必要はありませんが、ざっくりとでも決めておきましょう。
その上で、期限が到来したら未練があったとしても、振り切ってまた次を探す行動力が大切になります。

そのため、この期間中に「相手への気持ちを今一度整理しておく」ことも必要です。
交際に繋がるならば結婚への覚悟ですが、断られた時は次にどうするべきか心の準備をしておきましょう。

さらに余裕があれば、保留にされた理由を考えてみることも大切です。
保留にされるということは、少なからず現状では「両者の好意の温度差」があるということです。
婚活では仮に交際に繋がったとしても、それがそのまま結婚に繋がるわけではありません。
自分の欠点や落ち度を意識し、次に生かせるように努力を重ねましょう。

また、お断りされてしまった場合でも、相手も「返事を保留にして悪かった」などと考えていることがあるので、そういった相手の苦渋の選択に対して最後まで気遣い、配慮をすることも大切です。

・婚活で告白されないのはなぜ?

何回もデートを重ねているのに、一向に告白されず、お悩みの方も多いのではないでしょうか。
では、何回かデートしているのに告白されない理由は何なのでしょうか?
まずは男性の心理について知っていきましょう。

可能性を上げたい

今すぐ告白して断られるより、「少しでも可能性を上げてから告白したい」と考えている男性が多いです。
そのため、何度も何度もデートを繰り返して、可能性を上げようと努力します。
特に、奥手の男性で本気になっている時ほど告白が遅れてしまいがちです。

告白するタイミングをいつも逃している

告白しようと思っていても、デート中に会話が途切れがなくて、告白のタイミングをいつも逃している、というケースも多いです。
特に、女性との会話がずっと盛り上がっている場合に起こりがちです。

いざ告白となると勇気が出てこない

告白しようと思っていても恥ずかしさが勝ってしまい、なかなか言葉が出てこず、先延ばしにしているケースも多いです。
男性が何か言いたそうにしているけど、何も言えていない時は告白しようとしている状況と言えるでしょう。

女性から告白してほしいと思っている

男性が告白しなければならないという決まりはありません。
むしろ、女性に告白してもらいたいと思っている男性もいます。
そういった男性は、様子をうかがって告白してこないでしょう。

お見合い本交際時の告白の仕方は?

お見合い相手と本交際へ進むためには、「告白」の仕方やタイミングが重要です。
ここをしっかり守らなければ、焦った気持ちが相手に伝わってしまい逆効果になることもあります。
ここでは、お見合い相手に対する告白の仕方やタイミングの見極め方をご紹介します。

真剣交際へ進む意思が固まったら、相手に気持ちを伝えましょう。
気持ちを伝えるためには、告白の仕方やタイミングが重要ですが、言葉選びやシチュエーションを誤ると、相手に真剣さが伝わらず、残念な結果となることも。
まずは、本交際に対する強い気持ちを相手にわかってもらうためにも、告白をする場所や自分に合った適切な時期、伝え方など告白の仕方について知っておきましょう。

1.告白する場所

結婚を前提とした本交際へ進むための告白をするのですから、場所選びも肝心です。
理想としては、二人でゆっくり会話ができるレストランや夜景スポット、初デートで行った想い出の場所があるなら、そこで告白をするのも良いでしょう。
今後の交際に対する真剣な気持ちを伝える場なので、メールや電話ではなく必ず相手の顔を見て伝えましょう。

2.仲人に相談して告白時期を決める

お見合いで出会った相手との交際には、それぞれ段階があります。
早すぎても遅すぎても相手に負担をかけてしまい、逆効果で終わってしまうことも考えられるので注意しましょう。
そろそろ相手に告白をしたい!次のステップに進みたい!と気持ちが固まった時は、まず仲人に相談し、適切な時期を見極めてもらうことも大切です。
仲人の存在は心強く、よりスムーズに交際を進めていけるでしょう。

3.気持ちをしっかり伝える

お見合いや婚活においては、男性から告白をするのがマナーと言われることが多いです。
相手の女性に告白を促すような態度や言葉は失礼にあたるため、自分の気持ちをごまかさずストレートに表現しましょう。
お見合い相手への告白を決めたなら、「結婚を前提にお付き合いをしてください」などと、結婚に対する前向きな気持ちがあることをはっきり伝えるようにしましょう。

お互いに「惹かれ合っている」「好意を持っている」などと、手ごたえを感じた場合は、告白の前に「好き」な気持ちを伝えてみるのもおすすめです。
気になる異性に告白をされて嫌な気分になる人はほとんどいないため、本交際へ発展する可能性が高いです。

・アラフォー婚活の告白は結婚を前提に

数回のデートを経て、さらに続けて会っていきたいと思えているお二人なら、そろそろお付き合いし始めても良い頃でしょう。
でも、ある程度の年齢を重ねると、異性に対してどんな風に告白していいのかわからないという人も多いようです。

現代の主流は「いつの間にか付き合っていた」ということも多いのですが、婚活の目的は幸せな結婚生活を築くパートナーを見つけることです。
なんとなく付き合って、なんとなく別れて、なんとなく時間を無駄にした・・・といった贅沢な時間の使い方をしている余裕はありません。
意思表示はハッキリと示して、そしてダメならダメで一刻も早く次へ行きましょう。

アラフォー世代の年齢を考えれば、結婚を全く意識してないわけがありません。
しかし、何度も会っているのに告白に応じない人は、好きな気持ちがまだ十分に育っていない可能性があります。

だからこそ、「結婚を前提に」という一言が加わることで、相手は少し安心してくれるかもしれません。
結婚について真剣に考えている人であれば、それは尚更だと思います。

「結婚を前提に」という言葉が付くと、重さがグッと増します。
告白に正解はありませんが、はっきりと言葉に出してあげることが大切です。

・婚活の告白が失敗する原因は?

片思いをそのままにしていても、いつまでも成就することはありませんよね。
どこかのタイミングで女性に告白をして、前に進まなければなりません。
しかし、告白の仕方を間違えると一瞬にして撃沈してしまいます。
ここでは、告白が失敗しやすいのはどのようなパターンなのか考えていきたいと思います。

1.告白のタイミング早い

まず、一番告白が失敗しやすいパターンとして、タイミングが早いということがあります。
好意を持っていても、いきなり告白するというのは避けましょう。

人間というものは、警戒を解くまでは本心を見せないものです。
特に女性は、警戒心が強い生き物です。

焦らず、お互い打ち解けてきた時に告白しましょう。
もし、どうしても気持ちを伝えたいという場合は、「一緒にいて楽しい」「もっと仲良くなりたい」など、好意的であることを伝えると良いでしょう。

2.告白する場所が悪い

告白はどんな場所でしても良いというわけではありません。
女性にとっては、相手からの好意を受け取って自身の判断を下すことになります。
ファストフード店、ファミレス、チェーン店など、あまり軽い場所で告白されても、「この程度の女だと思っているのか」と、ネガティブな評価になってしまいます。

一方、高級ホテルのレストランなど、あまり高級すぎても相手は引いてしまう可能性があります。
こういう場所は、告白ではなくプロポーズの場所として取っておくべきです。

落ち着いた雰囲気の喫茶店や人気のない公園などはベタではありますが、様々なリスクが避けられる場所にするのがおすすめです。

3.誠意が伝わってこない

相手の目を見て会話するというのは基本的なことですが、告白の時にもできていない人が意外と多いです。
実はこれができているかできていないのか、ほんの少しの差で告白が成功するかどうかの結果が変わってきます。

恋愛経験があまりないと、自分自身に自信がないというのもあるでしょう。
しかし、目をそらしながら告白しても、「本当に思っているのかな?」と相手はポジティブに受け取ることは難しいです。

ここは開き直って、ありのままの自分をアピールすることが大切です。
その上で「好きです」「と付き合ってください」と誠心誠意の思いを伝えるのが賢明です。

4.返事を催促する

いきなり告白されてもすぐに判断できないという人もいます。

そんな時、「返事はなるべく早く」という態度を取ってしまう人がいるのですが、これはNGです。
告白時だけでなく、通常のコミュニケーションを取っている時でも同じです。
また、メールを送っても返ってこない場合、「どうしたの?」「返事をください」のように何度も催促することもマイナスです。

ここは相手も真剣に考えているという風にとらえて、少し考える猶予を与えましょう。

5.電話やメール、SNSで告白する

電話で話している時に、話の流れから「好き」と告白してしまうこともあるかもしれません。
また、最近はメールやLINEなどのSNSによって、電話以上に気軽に相手とコミュニケーションを取ることができるようになりました。

相手の声すら聞かずに自分の思いを伝えられるようになったわけですが、直接言うのは恥ずかしいからと気軽に連絡できるだけに、こうした手段で告白してしまう人もいるようです。

しかし、相手の声だけ聞ける状態で告白しても、表情が伝わりませんし、相手の反応も確かめることができません。
相手の心を惹き付けるのは、どんなに下手であっても、ご自身の思いを直接伝えることが大切です。

6.言動が浮気っぽい

婚活では「同時進行」が基本のため、とりあえず付き合ってみようと、複数の人を天秤にかけて交際しようとする人もいます。
もしくは、本命がダメだった場合のリスクを考えて「キープ」要員を考える人もいるかと思います。

もちろん、二股をかけるというのは好ましいことではありませんが、告白前であれば、ある程度並行して会うのはアリです。

しかし、やはりそうした行動は相手も本能的に見抜いてしまいます。
こういう性格はすぐに直すことは難しいかもしれませんが、ご自身がこのような性格かどうか見つめ直してみるのも大切です。

・婚活デートの告白後にすべきことは?

好きな人に告白してOKをもらえたら、その瞬間からカップルとしてのお付き合いが始まります。
順調なお付き合いが続けば、結婚だって夢ではありません。

しかし、告白が成功したことで舞い上がり過ぎて、実際に付き合う段になってみると何をすれば良いかわからず、自然消滅してしまうことも珍しくありません。
カップルになった後の行動によって、うまくいくかどうかが決まるので、付き合い始めの時期は特に注意して過ごすべきと言えるでしょう。

ここでは、告白が成功した後、カップルとして仲良く付き合っていくために大切なポイントをご紹介します。

次のデートの約束をする

両思いになったということで一安心するかもしれませんが、ここで一休みしてしまうと、デートの約束をしない状態が続いて、自然消滅することもあるのです。
特に、お互いの異性経験が少ない場合は、変に意識しすぎてデートすら約束できない状態や、相手任せでデートの約束ができない状態になることも予想されます。

告白が成功した後には、なるべく早い段階で次回のデートの約束を取り付けましょう。
相手任せにしてしまうと、デート以外のことでも支障が出てくることがありますので、時には自分からも提案したり、質問を投げかけて、一緒に決めていくようにしましょう。

連絡スタイルを決める

告白が成功し、好きな人とカップルになった後は、連絡スタイルに変化が起こります。

付き合う前は、必要最低限の連絡しか取っていなかったかもしれませんが、カップルになれば心の距離も近づき、話題も増えるので、自然に連絡頻度も多くなるはずです。
電話、メール、SNSなど連絡手段は豊富にありますが、付き合ったら、相手に合わせたペースで連絡するように心がけましょう。

自分に仕事や趣味などの時間があるように、相手にも大事にしている時間があります。
起きる時間や寝る時間、仕事の時間など全く同じというわけにはいきませんから、お互いに生活スタイルを教え合うと良いでしょう。

告白が成功して付き合うことができても、連絡のペースが合わないだけで、相手に負担をかけてしまい、別れに繋がってしまうこともあります。
そうならないためにも、連絡頻度や連絡方法などは確認しておきましょう。

■まとめ

今回は、婚活での告白の仕方やタイミング、おすすめの場所などをご紹介してきましたが、一番大切なことは「自分の気持ち」と「相手の気持ち」です。

あなたのペースで、あなたが思いを伝えたいと思った時に、相手に合わせて告白をイメージするようにしましょう。

見事に告白が成功すれば、晴れてカップルとなり、結婚も夢ではありません。
特に付き合い始めのこの時期は、何年経っても覚えていることが多く、「あの時は」と話題にもなりやすいものです。

何をしても新鮮で楽しい時期だからこそ記憶にも残りやすいので、告白の際は思い出に残る素敵なシチュエーションを演出してくださいね。

関連記事

  1. 交際の定義を解説!付き合うとは何をすること?

  2. “非モテ”メールになってはいませんか?

  3. デート代は男性の全額負担が当たり前?

  4. 婚活さんの服色

    婚活・デート時に黒服は避けよう

  5. 婚活成功のカギは

  6. デート成功の鍵は段取と事前準備

  7. メールの返信ひとつで受け取る側の気持ちは変わる

  8. 恋愛と結婚の違いは?交際相手を見極める基準

  9. 婚活では付き合い始めが肝心!恋人との絆の深め方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

恋活婚活☆成功者続出のブランセル人気セミナー

<ブランセルが応援する大人の恋活婚活力向上☆婚活の魔法セミナー>交際が長く続かない、コミュニケーションが下手、異性にモテたい、幸せな出会いを引き寄せたい、婚活に疲れてしまった、早く幸せになりたい…このようなお悩みを抱えていませんか?ぜひ、ブランセルの人気セミナーへお気軽にご参加ください!詳細はコチラ