お見合いは目印が重要!待ち合わせは最初が肝心

お見合いを経験した方なら、お見合いでの目印について困ったことがありませんか?
仲人が立ち会えず、お二人だけでの待ち合わせになる場合もあります。

お互いにプロフィール写真のお顔しかわからないので、具体的な目印がなければ確認が困難で不安な気持ちで探さなければいけません。
しかも、プロフィール写真との雰囲気が全く違っていたら手掛かりは目印だけになってしまいます。

そこで今回は、お見合いの待ち合わせに重要な目印について、最低限必要なマナーと併せてご紹介します。
マナー・ルールを守ってお見合いに臨むことで、お互いに気持ちよく顔合わせができるので、しっかり抑えておきましょう。

■お見合いの待ち合わせマナー

初めてのお見合いが決まり、期待と緊張が高まっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、何を話せばいいんだろう?聞いてはいけないことってあるの?など、お見合いに対して疑問や不安を抱いている方も多いと思います。

ここでは、お見合いの待ち合わせ時に大切なマナーをご紹介します。
お見合いは初対面の印象が大事なので、お相手に好印象を与えられるようにしたいですね。
お見合いならではのルールやマナーがあるので、これからお見合いをされる方は事前に知っておきましょう。

・10分前には待ち合わせ場所に到着する

お見合い当日は、遅くても定刻の10分前には到着するように心がけましょう。

約束の時間を守るのは男女共通ルールですが、それ以前に社会人として当然のマナーです。
平気で遅刻してくるような人は、時間にルーズだと思われ結婚相手の候補としてマイナスポイントです。

当日は、時間が読めない車は避け、公共機関を利用する方が無難です。
本当に車が渋滞していたとしても「車が渋滞していて・・・」などの理由はお見合いでは通用しません。

少し前に着いて、お化粧室に行くくらいの時間の余裕を持って向かいましょう。

・男性は女性よりも早く到着する

お見合いは待ち合わせ場所にギリギリに行ってしまい席が空いていなかったりすると、席が空くまで待つことになります。
そうなってしまうと出会いからバタバタすることになり、お相手に「段取りが悪い人」という印象を与えかねません。

男性は女性よりも早めに到着して、席を確保するためにも約束時間の30分前には着くようにしましょう。
さらに、予約できる場所で待ち合わせした方が自分自身も慌てることなく良いかもしれません。

・待ち合わせの声かけは男性からする

お見合いの待ち合わせ場所では男性から声をかけるのがマナーです。
お相手を見つけたら「○○さんですか?」と声をかけましょう。
シャイな方には勇気がいる行動かもしれませんが、最初の印象が大事なので勇気を持って声をかけてみましょう。
そして、「今日はありがとうございます。○○です。宜しくお願い致します。」とはっきり挨拶しましょう。

顔合わせの時の挨拶が気持ちよくできるとその後の会話にも入りやすくなります。
また、お見合いを申し込んだ、申し込まれたに関わらず「今日は時間を作ってくれてありがとうございます」という意味も込めて最初にお礼を添えてみましょう。
礼儀が正しい人だという印象が相手に伝わります。

・女性は男性が声かけやすい場所で待つ

前述したとおり、お見合いのマナーとして、待ち合わせ時に男性から女性に声をかけるのがマナーとされています。
土日ともなれば、お見合い会場として利用されるホテルのラウンジは、他のお見合いカップルやホテルの利用客などで大勢の人がいます。

その中で男性が見つけて声をかけやすいように「片手に○○色のスマホを持っていきます」や「○○色のワンピースを着ています」など、相談所を通じて事前に伝えておくと男性が声をかけやすくなります。
お相手に会う前に、そうした気遣いができる女性は結婚相手としてのポイントは高くなります。

男性が声をかけるのがマナーだからといって、男性が声をかけてくれるのをひたすら待っているのではなく、男性があなたを見つけられない場合、もし自分が先に気付いたのであれば、「○○さんですか?」と声をかけてあげましょう。

待ち合わせ場所でスムーズに会えなかったり、待ったり、待たせられたりしてしまうと、その後の雰囲気は決して良いものではありません。
待ち合わせ場所でスムーズに出会えるようお互いに気遣いが大事です。

・移動の際も女性をエスコート

待ち合わせ場所で無事にお相手と会えたら「○○のラウンジで席を取っています」などと行き先を告げてあげましょう。
急に黙って歩き出したり、自分だけスタスタと前を歩いてしまうようなことがないように、お見合いは女性をエスコートする気持ちで接してあげましょう。

席に着くまでに「今日は暑いですね」「電車は混んでいなかったですか?」など、当たり障りない会話をしてみると親近感がわきやすく、席に着いてからも話しやすくなります。

・待ち合わせ時の男性と女性の目印の持ち物

男性の場合は、ジャケットの色、スラックスの色など当日の服装をあらかじめ決めておきましょう。

女性の場合は、洋服の色だけでは他の方と重なって判断がつきにくいことが多いので、バックの色やバックの持ち手に目立つ色のスカーフを巻いてたり、手にハンカチを持つなど、小物で工夫すると良いでしょう。

「スマートフォンを手に持っている」「スマートフォンのカバーは◯色」など、最近は目印にスマートフォンを使う方もいますが、周りを見渡せばスマートフォンを手に持っている人は五万といるので、あまりおすすめはできません。

初対面の方とお会いする緊張の上にすぐに見つけられるだろうか?見つけてもらえるだろうか・・・という不安な思いをお互いに抱えているのですから、目印は離れたところから見てもわかりやすいものにしましょう。

・ファーストコンタクトの目印

「ファーストコンタクト」とはお見合いを意味し、先に情報だけ知っている相手との初対面です。

顔写真はお互い見れるため、会う時にもわかることがほとんどですが、顔写真と実際に会った時の印象が違った場合、本人とはなかなか認識ができません。

その時に確認できるものが「目印」の情報を伝えることです。
お見合い当日、こんな格好で来てますという目印です。

黒・茶などは使っている人が多いため、赤・青・緑など、離れた場所からでも目に付く色を入れておくと良いでしょう。

・待ち合わせ場所は下見しておく

そして、何よりも一番大切なことはお相手を待たせるというような失礼があっては決していけません。

待ち合わせ場所に不安がある時にはあらかじめ下見をしておくことをおすすめします。
そして、気持ちに余裕を持たせるためにも、最低でも10分前には到着しておきましょう。

時間が過ぎても待ち合わせ場所に相手が来ない時や自分が待ち合わせ場所を間違えてしまった時など、困ったことが起きてしまったら直ぐに自分の担当仲人に連絡をして指示を仰いでください。

たった一人の運命の人に巡り会えるかも知れない大事な時間です。
焦らず、慌てず、落ち着いて素敵な時間を過ごしましょう。

■お見合いでの会話マナー

待ち合わせができたら、次は会話です。
お互いよく知らないままお話することになるので、会話はとても重要です。

ここでは、お相手に失礼な印象を与えないよう会話のマナーとポイントをご紹介します。

・お見合い時間はきっちり守る

お見合いの席は最短で60分、最長でも90分程度と言われています。
会話が盛り上がり気付いたら時間が経っていて、お互いに楽しければ良いのですが、フィーリングが合わず会話が盛り上がらない方との60分は長く感じてしまいます。

しかし、苦痛だからといって早々にお見合いを切り上げてしまうのはお相手の方へ失礼にあたります。

お見合いの待ち合せ場所で会い、席に着いたやいなやコーヒーを一気に飲み干し、一言二言の話だけしてすぐに帰ろうとする人がいます。
写真の印象と違っていたことが理由で、こうした非常識な行動をとる人もいるようですが、これでは当然お見合いになりません。

相手の立場も考えず、身勝手で人を思いやる気持ちがないようでは、大人として失格です。
どんな事情があろうと、自分で選んで決めたお見合いなのですから、しっかり最後まで向き合いましょう。

・お見合いでは気配りが大切

お見合いで優しさをアピールするためには、相手に対する接し方も重要です。

例えば、自分の知らない話や興味のない話をされた場合も、聞き役になって話を聞いてあげることが大切です。
その時、相手の話を遮ったり自分の興味のある話にすり替えたり、話題を中断しないように注意しましょう。
お見合い中は相手も会話を盛り上げよう・楽しませようと努力しているため、気持ちを踏みにじるようなことは避けるようにしましょう。

また、どんな人にも優しく接することができる人は、お見合いでも自然と相手を気遣うことができるはずです。

例えば、食事中にシェアしながら食べなければいけない時は、さりげなく取り分けてあげると相手に好印象を与える可能性が高いです。
こうした優しさは、日頃のさりげない仕草や行動から身につき自然とにじみ出てくるものです。
お見合いに限らず、普段の生活から意識して過ごすと良いでしょう。

・笑顔を絶やさずに話を聞く

「美人は三日で飽きる」と言われています。
男性は美人に憧れを抱きますが、結婚相手を選ぶ条件となると変わってきます。
美人よりも笑顔が可愛い女性の方が、安心感や癒しを与えてくれます。
なので、男性は澄ました美人よりも笑顔で自分の話を聞いてくれる可愛い女性の方が結婚相手として選びます。

かといって、お見合いで急に笑顔を出すのは難しいことなので、日常から小さな喜びや感謝の気持ちを笑顔で伝えられる練習をしてみましょう。
そうすれば、お見合いでも自然と笑顔が出るようになります。

・相手に興味を持って話を聞く

自分を知ってもらいたくて、ついつい自分のことばかり話をしてしまうようなことはNGです。
お見合いは「あなたのことを知りたい」という姿勢で話を聞くことが大切です。

趣味や仕事のこと、休みの日の過ごし方、好きな食べ物や嫌いな食べ物、どんな些細なことでも良いので、相手に興味を持って質問をしてみましょう。

自分に興味を持って話を聞いてくれていると感じて嫌がる人はいません。
むしろ、好印象に繋がり、相手も自分のことを話したくなり、自然と会話が盛り上がっていきます。

・相手に共感する気持ちを持つ

お相手の会話や意見は共感しましょう。
決してそうだと思ってなくても、「そうなんですね」「わかります」「私もそう思います」と、共感することが大切です。
意見を求められていないのに勝手に「僕はこう思います」「違うと思います」など、否定的なことや、たとえ正論でも自分の意見ばかりを言うようなことはしてはいけません。

お見合いに限らず、聞き上手は話し上手とよく言われています。
まずはお相手に共感することから始めましょう。

・自分のことばかり話さない

会話はキャッチボールが基本です。
緊張しているとつい焦ってしまい自分のことばかり話してしまったり、頭がこんがらがってしまい、何を伝えたいのかわからなくなってしまう人もいます。
基本は質問されたら質問し返してみる、といった会話のキャッチボールができるように落ち着いて話してみましょう。
会話でどうしていいかわからない時は、相手のテンポに合わせて会話を進めるようにしましょう。

・お見合いでのNG質問

あなたの何気ない発言や態度で相手を不愉快にさせてしまうこともありますので、十分に気を付けましょう。
ここでは、お見合いでNGとされる質問をいくつかご紹介します。

結婚相談所での活動に関する質問

・なぜ結婚相談所に入ったのですか?
・なぜ今まで結婚しなかったのですか?
・どこの結婚相談所に入会していますか?
・今まで何回位お見合いしましたか?
・他に交際している人はいますか?

プライバシーに踏み込んだ質問

・住んでいる場所などの個人情報に関する質問
・過去の恋愛経験に関して
・名刺の受け渡し

唐突な質問

・貯金はいくらありますか?
・子供は何人欲しいですか?
・転勤したらついてきてくれますか?
・親との同居は可能ですか?

・お見合いがぎこちなくても最後まで楽しむ

お見合いは、就職の採用面接ではありません。
変に場慣れせず、ダメなところも隠さず、素直な気持ちで出会いを楽しむことが大切です。

たとえ会話が続かなくても、ぎこちなくても、素直な自分を相手に見せることで相手にも誠意が伝わります。
多少段取りが悪くて、相手との関係が続かないようなら、おそらく結婚してからお互い苦しくなるでしょう。
人生のパートナー候補に、見栄や意地は必要ありません。

ただし、ぎこちなくても良いというのは、話すのが苦手だからしゃべらなくても良いということではありません。
スムーズに話せなくても、今日のお見合いのためにわざわざ時間を割いてくれたこと、そのために少なからず準備があったということに対して感謝し、そのことに応える誠意を表すことが大切です。

■まとめ

お見合いでは、待ち合わせの時点で勝負が決まるとも言われています。
あたふたしながら焦ってお見合いを迎えるよりも、事前の準備をしっかりして気持ちに余裕を持って迎えられるように心がけましょう。

関連記事

  1. “非モテ”メールになってはいませんか?

  2. お見合いコーヒー

    お見合い前の婚活カウンセリング

  3. 笑顔女性

    お見合いは笑顔で突破せよ!好印象を残す方法

  4. cafe

    お見合いの質問のコツとNG質問!婚活質問集

  5. 婚活成功のカギは

  6. キャサリン妃のワンピース

    恋活婚活ファッションはキャサリン妃をお手本に!

  7. メールの返信ひとつで受け取る側の気持ちは変わる

  8. 「どうして私なんかと」は言わないでおこう

  9. お見合いで好印象な話題と会話の流れをつかむ方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

恋活婚活☆成功者続出のブランセル人気セミナー

<ブランセルが応援する大人の恋活婚活力向上☆婚活の魔法セミナー>交際が長く続かない、コミュニケーションが下手、異性にモテたい、幸せな出会いを引き寄せたい、婚活に疲れてしまった、早く幸せになりたい…このようなお悩みを抱えていませんか?ぜひ、ブランセルの人気セミナーへお気軽にご参加ください!詳細はコチラ