お見合いルールとは?基本を抑えて成功者の道へ

初めてのお見合いが決まり、期待と緊張が高まっている方も多いのではないでしょうか。

でも、お見合いってどんなことを話したらいいの?どんな服装で行けばいいのか?など、お見合いに対して疑問や不安を抱いている方も多いと思います。

お見合いを成功させるコツは、事前準備がどれだけできているかにかかってきます。
お見合いならではのルールやマナーがあるので、これからお見合いをされる方は事前に知っておきましょう。

今回は、お見合いの基本ルールとマナーについてご紹介します。

■お見合いの基本ルール

結婚相談所のお見合いでは、暗黙のルールとマナーがあります。
ルールとマナーを知らなかっただけで、お断りされてしまうことも・・・

そうならないためにも、事前にルールとマナーを学んで、少しでも交際へ繋がる確率を上げましょう!

・お見合いの流れ

現在のお見合いは、結婚相談所へ入会して行なうものが一般的です。
ネットやアプリから24時間いつでも自由にお相手探しが可能です。
登録されているプロフィールから、お相手の希望条件やどんな人かなど事前に知ることができるため、効率よく婚活することができます。

ここでは、結婚相談所へ入会してからお見合い成立までの流れについてご紹介します。

入会手続き

お見合いをするためには、まず「結婚相談所での入会手続き」が必要になります。
無料相談(ファーストカウンセリング)にて、サービス内容や料金システム等の確認を行います。
その後、各運営会社のサービスに同意し、入会手続きへと移ります。併せて、必要書類とプロフィール、顔写真を準備・提出します。

希望条件にマッチした人を探す

必要書類が揃いましたら、システムへ登録します。
ご登録後にメールでIDが届き、システムにあなたのプロフィール情報がアップされます。
仕事が忙しい人も、パソコンやスマートフォンを使って、自宅や空いた時間にお相手を探しが可能です。

お見合いを申し込む

写真やプロフィールからお相手を探します。
趣味や職業、年収、年齢など、詳しいプロフィールでお見合い相手を選ぶことができます。
気になるお相手を見つけたら、早めにお見合いを申し込みましょう。

  1. カウンセラーからの紹介
  2. ご自身のお申し込み
  3. お相手からのお申し込み

という3つの流れからお見合いが決まります。

日時と場所を決める

お見合いが成立したら、カウンセラーが日程の調整を行います。
双方より都合を聞き、無理のない時間と場所を設定します。

待ち合わせ場所はホテルのフロントやロビー、お見合いはホテルのティーラウンジやお洒落なカフェなど落ち着いてお話できる場所が多いです。

お見合いする

日時と場所が決まったら、晴れてお見合いスタートです。
待ち合わせ場所でお会いしてもらい、そのまま二人で近くの喫茶やラウンジなどへ移動し、お話します。

お見合いでは、相手のプロフィールを事前に確認することが大切です。
お住まい、職業、趣味、休日など会話のきっかけに繋がりそうな点を頭に入れておくと良いでしょう。
どれだけ時間がなくても最低限、これだけは怠らずに行なってください。

短い時間の中で自己紹介と、お互いの結婚観の確認やお相手への気持ちを伝える必要があるので、当日どうしていいかわからない・・・ということがないように、事前に話題を考えたり、話し方を練習するようにしましょう!

お見合い終了後

お見合い後は、建物の出口まで一緒に歩いてそこで別れるか、お見送りする場合は会場の最寄駅までにしましょう。
その際、「今日はありがとうございました。お気をつけてお帰りください。」とお礼を忘れないように。

その後、お見合いの感想を担当カウンセラーへご連絡します。
もう一度お会いしたい、交際したい、今回はご縁がなかったなど、正直な気持ちをお話ください。
お互いが再度お会いしたいと希望すれば、担当者を通して連絡先(電話番号)を交換し、交際スタートとなります。

最初の連絡(ファーストコール)はとても大事なので、男性には女性の連絡希望時間をお伝えします。
その時間に連絡をし、次回のデートの約束などに繋げていきます。

・お見合いの切り上げ方

お見合い時間は1~1時間半を目安に行ないます。
お見合いは短すぎても長すぎても上手くいきません。

初めてのお見合いでは緊張してうまく話せなかったり、場に馴染めず疲れてしまうので、短時間で済ませるのが良いでしょう。
ちょっと短いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、短くすることで、「もう少し話したい」「またお会いしたい」という気持ちになりやすいのです。

初めてお会いして、その場で全てを知る必要はありません。
一度お会いして「楽しかった」「また会いたい」という気持ちから、再度お会いして、交際へと進み、徐々にお互いについて知っていけば良いのです。

それでも、話が盛り上がりすぎて、時間を忘れて話し込んでしまうこともあるでしょう。
その時は、お見合い開始時間に合わせて携帯電話のアラームをバイブで1時間後に設定しておきましょう。

お相手に悟られることなく、自然と会話の終わりにチラッと時計を見て「もうこんな時間ですね!今日はありがとうございました。」と言うと、たいていは「そうですね」とお見合い終了の流れになります。
女性ならお手洗いに行き、席に戻ったら「ちょうどお時間でしたね。今日はありがとうございました」と言ってみるのも良いかと思います。

時間を気にし過ぎて、チラチラと時計を見ると「もう帰りたいのかな?」と相手に不快に思われてしまうので、あくまでもさりげなく切り上げるようにしましょう。

■お見合いでの6つの基本マナー

お見合いで最も気を付けるべきポイントは、相手に与える印象です。
お見合いはたった1時間の間にお互いを知り合い、自分の結婚相手としてふさわしいかどうかを判断しなければなりません。
同時に、相手に判断される場でもあるため、第一印象が非常に重要になってきます。

お見合いでは「ありのままの自分」では、相手に受け入れてもらうのは難しいでしょう。
無理に振舞ったり、自分を偽る必要はありませんが、お見合いでは相手に好印象を持ってもらえないと次に繋がることはありません。
ですから、お見合いでは最低限のマナーを肝に銘じて臨む必要があります。

異性に好感を持つポイントは人によって様々ですが、お見合いでは最低限のマナーを守ることが求められます。
恋愛では見た目の好みや、一緒にいて楽しいという基準で判断される方が多いと思いますが、結婚相手となると、常識やモラルを備えていることも求められるためです。
せっかくの出会いのチャンスを無駄にしないためにも、日頃から行動を見直し、実践しましょう!

ここでは、初めてのお見合いで気を付けるべきポイントについてお伝えします。

1.お見合いの服装マナー

お見合いでは、「結婚」を前提にお相手を探しているので、初めて会う瞬間の服装や身だしなみなどの第一印象は最も重要です。
いくら外見が良くても、穴が開いたデニムのパンツや露出度の高い服装でお見合いに来ては、それだけで相手に与える印象が大きくダウンしてしまいます。
「結婚相手としてどうかな?」と、あなたは相手の異性から見られているのだということを忘れずに、服装選びにおいても「異性が結婚相手に求めるもの」を意識しましょう。

男性の場合は、スーツ(夏場はクールビズ、シャツにネクタイ程度で可)が基本です。
カジュアルなお見合いの場であっても襟付きのシャツやジャケットは着用し、スニーカーやサンダルは避け、革靴を履くのがマナーです。

女性の場合は、胸元や肩、足を極端に露出する服装は避け、ブラウスにフレアータイプのスカートやワンピースなど明るく清楚な格好が理想です。

お見合いでは、突き抜けたおしゃれや目立った装いは不要です。シンプルかつ清潔感のあるスタイルを目指しましょう!

2.お見合いの行動マナー

お見合いでは、待ち合わせの時間に遅れないようにするのは大前提ですが、待ち合わせのお見合い会場には20~30分前に到着していることがベストです。
特に夏場の暑い時期だと、女性は化粧直しをしたり、汗をふき取るなどのエチケットを済ますことが必要です。

また移動中、事故や渋滞など想定より時間を要することもあります。
会場に向かう途中でトラブルが発生する可能性もあるので、時間には十分に余裕を持って行動しましょう。

初対面では、時間に正確かどうかも第一印象を決める重要なポイントになります。
万が一、待ち合わせの時間に遅れる事態になったら、仲人になるべく早めに連絡を入れてお詫びをすることを忘れてはいけません。

またお見合い中は、相手によく見てもらおうと、お見合い相手に対する言動には十分に注意を払うと思いますが、忘れがちなのがお見合い会場の店員さんやスタッフの方に対する態度です。
相手は「一体どんな人なんだろう」と、お見合い相手のことをよく観察しています。
そのため、お見合い中以外でもお店に入る時や注文をする時、また、エレベーターでの作法なども相手の印象を大きく左右するポイントになるのです。

日頃から心がけていれば全く問題ありませんが、お見合いのマナーとしても、相手だけでなく、店員さんに対する言動も丁寧に誠実さを持って接することを心がけましょう!

3.お見合いの会話マナー

お見合いでは、何を話していいかわからないと悩む方も多いと思います。
初対面の相手とどれだけ楽しく会話できるかどうかで、次に繋がるかが決まります。
基本は相手を楽しませることを意識するようにしましょう。

短時間で仲を深めるためには事前の準備が大切です。

まず、会話の基本はキャッチボールです。
一方的にしゃべり続けたり、相手から話してくれるのを待つという姿勢ではいけません。
人見知りで会話があまり得意でないという方も、コミュニケーションを取ろうとする努力は必要です。

笑顔で挨拶する

お見合いでは、初対面で緊張してうまく話せないということがよくあります。

うまく話せるかどうかよりも、一生懸命話そうとする姿勢が大切です。
その際、笑顔を意識して話すことができると、相手にも安心感を与えて、話しやすい雰囲気を作ることができるでしょう。

相手のプロフィールを熟知する

お相手のプロフィールをしっかり熟知し、職業や趣味など会話のきっかけに繋がる話題を事前に収集しておきます。

たとえ興味のない話題でも、共感することから相手の印象が違ってきます。
無理なく楽しい会話ができるように、想定できる話題や情報はしっかり準備しましょう。

アイコンタクトや相槌をする

会話の内容を意識しすぎて、笑顔やリアクションが不自然になってしまい、空回りしてしまうことはよくあることです。

お相手が話している時は、「なるほど」「わかります」「すごいですね」など相槌やアイコンタクトをして、しっかりリアクションしましょう。
そうすることで、自然と会話も弾みやすくなります。

そして、相手に「話をちゃんと聞いてくれている人だ」と感じさせることが大切です。
相手は自分の話を聞いて理解してくれる人だというプラスの印象を受けます。
会話中は相手の目を見て、どんな状況でも気を抜かず、興味を持った対応を心がけましょう。

次に繋がる楽しい話題づくり

お見合いを成功に導くためには 「もう一度会いたい」と相手に思わせることが必要です。
そのためには、相手に興味を持ち、次の約束に繋がるような会話をすることが大切です。

趣味や休日の過ごし方、よく行く場所など、相手の興味のあることや好きなことを聞くことで、そこから話を展開していき、次の約束を提案すると良いでしょう。

相手の良いところを見つける

お見合いでどうしてもやってはいけないこと、やってしまうことは減点方式で相手を見てしまうことです。
理想ばかりを追い求めて、少しでもダメなら次へ切り替える、これではなかなかうまくいきません。

相手に敬意を表し、どんな相手に対しても誠実な態度で接しましょう。
そして、欠点ではなく、なるべく相手の良いところを見るようにしましょう。

そうすることで、視野が広がり、お見合い自体が楽しくなり、素敵な出会いに繋がるはずです。

4.お見合いの支払いマナー

当日の支払いは原則男性側が行います。
仲介者がいる場合は、仲介者の分も含めて全て男性がお支払いをします。

その際「本日は私が持ちます」とわざわざ宣言するのはやめましょう。
わざわざそう言われてしまうと、女性も気を使って恐縮してしまいます。
そろそろお開きかな?といったタイミングで、お手洗いに行くふりをしてさりげなく一緒に会計を済ませておくとスムーズです。

また、女性側は当然ですが、支払っていただいたら必ずお礼を言いましょう。
男性が目の前で会計を済ませるようなシーンでは、自分も財布を出して、「おいくらお支払いいたしましょうか?」と確認する心配りは大切です。
女性だから奢ってもらって当然、という態度は、男性にとっては大きな悪印象を与えてしまいます。
「ごちそうさまです」と一言お礼を添えることで、相手に与える印象が良くなります。

また注文の際は、なるべく双方、相手が召し上がる価格帯と量をできるだけ合わせるように心がけましょう。

5.お見合いのお礼マナー

お見合い相手に関わらず、誰かに何かしてもらった時は感謝の気持ちを言葉にして伝えるのが筋です。
お礼をしっかり伝えた場合とそうでない場合とでは、相手に与える印象も大きく変わってきます。

結婚相談所のお見合いでは、お見合い後に相手と仮交際へ進むことが決まったら、お互いの連絡先を交換することになります。
相手の男性からファーストコール(お礼の電話)が来たら、まずお会いできたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

お礼のメールをするまでに時間を空けすぎてしまうと、「あまり乗り気じゃないのかな?」「このまま仮交際を続けて良いのかな?」などと、相手を不安にさせてしまいます。
ですから、お見合い後やデートの後などは、早めにお礼のメールをすることが大切です。
そうすることで、相手に感謝の気持ちが伝わり、互いに良い雰囲気でお付き合いをすることができるでしょう。

また、お礼のメールをする際は、内容や言葉遣いにも気をつけましょう。
「今日は○○さんとお会いできて嬉しかったです」「また、ゆっくりお話させていただきたいです」「今度、ご飯でもどうでしょうか?」などと、感謝の気持ちを言葉にしながら、「また会いたい」という気持ちを織り交ぜてあげると効果的です。
その方が、相手にも会いたい気持ちが伝わり、次のデートへ繋がる可能性が高いです。
悩み過ぎて長文になりすぎないよう注意しましょう!

相手からお礼メールやラインが来た場合は、なるべく時間を空けずに返信をし、こちらもお礼を伝えましょう。
例えば、デートのお礼などは、会った時の互いの印象を忘れないためにも早めに連絡することをおすすめします。

また、返事が遅くなってしまった場合は、「すみません、今帰宅しました」「今日もお疲れさまです。メールに気が付くのが遅くなり、すみません」など、申し訳ない気持ちを一言伝えるだけで、相手に嫌な思いをさせずに良い印象を残すことができます。

6.お見合いの連絡先交換マナー

お見合い時の当人同士での連絡先交換(名刺交換を含む)は禁止です。
プライバシー保護やトラブル等を防止するためです。

お見合い終了後、仲人にお見合いやお相手の感想、率直な気持ちを伝えて、お互いにもう一度お会いしたいと交際を希望された場合は交際となり、仲人を通して連絡先(携帯番号)が通知されます。
初回(ファーストコール)の連絡時間は仲人が時間を調整します。
そこで、初めてお相手と直接コンタクトが取れるようになります。

■お見合い成功の心得

お見合いは、特別なテクニックや知識が必要なわけではありません。

「相手から見て自分はどのように映るのか」「自分はパートナーとしてふさわしいか」客観的に判断することが大切です。
大人としての基本的なマナーと振る舞いがあり、いくつかのポイントさえ抑えておけば大丈夫です。

お見合いを成功させるために、ここだけは抑えておきたい!というポイントを男女別にご紹介します。

・お見合いでは第一印象を大切に!

服装や身だしなみといった見た目の第一印象を磨くことは大前提ですが、お見合いで同じくらい大切なことは笑顔と挨拶です。

挨拶はコミュニケーションの基本です。
初めての顔合わせでは、まずはじめに、必ず「笑顔」で気持ち良くご挨拶しましょう。
緊張しているからといって、会釈だけなど無愛想な態度をとると、イメージが悪くなってしまいます。
多少ぎこちなくても構いませんので、きちんと目を見て挨拶するように心がけましょう。

また挨拶する時は、「はじめまして」だけでなく「今日はありがとうございます」までつけるとさらに好印象を与えます!
貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちを伝えましょう。

・男性は紳士的かつスマートさを意識する

婚活ではいかなる場合でも、男性の積極性やリードが求められます。
お見合いでも、男性から「また会いたいと言ってもらいたい」「デートに誘ってほしい」と思っている女性も多いと思います。

お見合いやデートでの支払い、会場への案内、移動時のエレベーターの乗り降り、メニューを注文する時など、さっとエスコートしてくれたり、さりげない気遣いが見られるとそれだけで好印象を与えます。

待ち合わせは目立つ場所に立つ

初めてお会いする時は、なかなかお相手を見つけられないということもあります。
また、「違ったらどうしよう」など緊張して勇気が出ず、声をかけられない人もいます。

そんな時、お互いに待っているだけでは時間だけがどんどん過ぎていってしまいます。
何もせずウロウロしていて、待ち合わせで目立たない場所にひっそりと立って待っている男性は消極的に感じます。

先に待ち合わせ場所に到着をして、わかりやすい場所、目立つ場所に立って男性側から「すみません、〇〇さんですか?」と声を掛けた方が印象も良く、その後もスムーズにお見合いを始められるでしょう。

移動時も会話を心がける

待ち合わせ場所で会った瞬間からお見合いは始まります。
その際、待ち合わせ場所から歩いて移動する数分間も、相手はどのような対応をするのか気にして見ているものです。

会ったばかりで、無言で歩くのは相手に失礼です。
相手からすると「不愛想な人だな」と思われる可能性もあります。

お見合い会場までの移動は、まだ相手のことを全く知らない状態なので、天気の話をするのが無難です。
晴れていれば「今日は良い天気ですね」、雨が降っていたら「今日はお足元が悪い中ありがとうございます」などとお礼を言って相手の好感度を上げることができます。

話し下手でも構いません。話をしようとする努力が相手に伝われば、あなたの誠実さは伝わります。

飲み物のオーダーは女性の分も一緒に

お見合い会場で席に案内をされたら、まずはメニューからお互いの飲み物を注文することになります。

ここで気を付けたいのが、店員さんから貰ったメニューをパタンと閉じたまま「どうぞ」と、女性に渡してしまうこと。
自分の分だけ決めてしまわずに、メニューを女性に見やすいように広げてあげると紳士的です。
そして、一緒にメニューを見て「何を飲みますか?」と声を掛けてあげると、一緒に選んでいるということから会話も自然と生まれるので、徐々に緊張も和らいでいくでしょう。

また、なかなか決まらない場合は「私はコーヒーにしますが、何にしますか?」と、自分が決めたものを伝えてあげることで女性は注文しやすくなります。

最後に「決まりましたか?」と、女性に一声かけて確認してから店員さんに男性が注文してあげると紳士な姿でさらに好印象です。
その時、店員さんにも感じの良い対応を心がけましょう。

支払いはスマートに済ませる

お見合いでの飲食代の支払いは、原則男性が支払うことになっています。
お見合いが終わって、席を立つタイミングやトイレに行った時に、スッと伝票を持ってお会計まで済ませましょう。

女性に気を遣わせないスマートな振る舞いは、好印象間違いなしです。

・女性は謙虚な姿勢と礼儀正しさを忘れずに

お見合いでは基本的に男性がエスコートしてくれますが、待っているだけではなく臨機応変に対応することも大切です。

初めて会った時は、男性の方からお見合いを申し込んでいても、時間を割いてくれたことに対して「今日はありがとうございます」とお礼を述べるのがマナーです。
相手が先にお礼を述べたら、「こちらこそ、ありがとうございます」と笑顔で伝えましょう。

最初にお礼や笑顔を意識することで、第一印象が良くなり、話しやすくなります。

感謝の気持ちをきちんと伝える

女性は、お見合いの席やデートの際など、男性にご馳走になったり、送り迎えをしてもらうことがあるでしょう。
そんな時、奢ってもらって当然、送り迎えするのは当たり前というような態度では男性は不愉快です。

また、お見合いやデートでの待ち合わせでは、たとえ約束の時間通りだったとしても、「お待たせしました」という気持ちを態度と言葉で表しましょう。
先に到着して女性が来るのを迎え待ってくれていた男性に対して、謙虚な気持ちで接してください。

どんな場面でも、大人の女性らしく、特に初対面ほど謙虚な姿勢や礼儀正しい態度、言葉遣いを意識しましょう。

誠実で上品な振る舞い

お見合いが終わり、最後の挨拶の時、「また会いたい」と思ったのならば、女性からも積極的に好意を伝えましょう。
もし、その時点でもう絶対に会わないと思っていても、きちんと今日の日のお礼を伝えることは大人としての最低限のマナーです。

人を大切にできない人は、人から大切にはされません。
最後まで大人の女性としてのマナーを持って、誠実な対応で振る舞ってください。

■まとめ

一昔前は、お見合いというと「家同士が決めた結婚」「堅苦しい」「敷居が高い」など、縁遠いものとされてきました。
しかし最近は、結婚相談所などのサービスによって行われるパーティー形式のお見合いやカジュアルなものも増えてきており、男女の出会いの場として気軽に利用されています。

お見合いはあくまでも男女が知り合うきっかけの一つです。
恋愛とは違って結婚が前提なので、お互いに気に入った相手であれば結婚できる可能性はグッと高まります。
そのため、結婚まで最短距離で近づける理想的な婚活システムといえます。

お見合いではつい自分を良く見せようと身構えてしまいがちですが、それによって空振りしてしまうことも多々あります。
短時間でお相手の全てを知り尽くすことはできません。
会うたびに新たな一面を知ってもらえるよう、日頃から自分磨きを忘れず、心がけましょう。
そのためにも、基本的なルールとマナーを抑えて「また会いたい!」と思ってもらえるようにしたいですね。

ブランセルでは、メイク・トーク・コーディネートなど、お見合いに役立つ魅力アップレッスンやカウンセリングも随時行なっております。
自分を磨いて自信を付けたら、お見合いで素敵なパートナーを見つけて、幸せな結婚生活を手に入れましょう!

関連記事

  1. お見合いファッションのコーディネートもサポート!

  2. 「どうして私なんかと」は言わないでおこう

  3. cafe

    お見合いの質問のコツとNG質問!婚活質問集

  4. お見合いの定義は?恋愛結婚にはない幸せの形

  5. お見合いホテルロビー

    お見合いについてよくある質問 Q&A

  6. お見合いはどうやってする?紹介方法と始め方

  7. 結婚相談所のメリット・デメリット

  8. 婚活さんの服色

    婚活・デート時に黒服は避けよう

  9. お見合いカバン

    男性のお見合いカバンで失敗しない方法と選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。