婚活平均期間はどのくらい?結婚が早い人の特長

婚活していても、なかなか思うような出会いに恵まれず、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。
周りで結婚したり、出産したという話を聞くと、ふと周りはどのくらいで結婚してるのだろう?と疑問に思うこともあるでしょう。

また、短期間で結婚できる人ってどんな人?どうすれば早く結婚できるの?とお悩みの人も多いと思います。

今回は、婚活を始めてから結婚するまでの平均期間を、男女と年齢別に分けてご紹介します。
結婚が早い人の特長を知り、自身の婚活に役立てましょう。

■婚活期間の目安

自分の婚活がうまくいかないと、周りはどのくらいで結婚しているのか?気になるものですね。

婚活は年齢や活動方法によっても活動期間は異なります。
また、婚活では運やタイミングもあるので個人差も大きいものです。

では、男性と女性とではどのくらいの差があるのでしょうか?
婚活で異性と出会ってから結婚するまでの目安期間を抑えておきましょう。

・婚活で出会ってから結婚するまでの平均期間

一口に「婚活」と言っても、その活動方法はさまざまです。
選ぶ方法によっても、婚活で異性と出会ってから結婚するまでの期間は違ってきます。

早い人であれば婚活を始めてから3ヶ月で結婚ということもありますが、平均的な婚活期間は半年~1年程度です。
もちろん、それ以上婚活をしている人もいれば、4~5年婚活してやっと結婚できた人、10年経ってもまだ結婚相手に出会えないという人もいます。

婚活は短期集中が良いとよく言われますが、焦って結婚すればいいというものでもありません。
かと言って、ダラダラと婚活を続けるのもよくありません。

あまり長く婚活をしていても、モチベーションや集中力が続かなくなってしまいます。
そのため、婚活ではいつまでに結婚する!など明確な目標を立てて、活動することをおすすめします。

婚活を始めて1年以上経ったら、自分の活動方法や希望条件を見直し、婚活方法を変えてみたり、一度婚活をお休みして気持ちをリセットするなどしてみましょう。

・男性の婚活期間

男性の場合、出産のリミットがないので、いつから婚活を始めても、いつまで婚活を続けても、女性ほど焦りを感じないものです。
そのため、早い人では1年以内、長い人は3年以上の長期に渡って婚活している人もいます。

一般的には出会ってから半年ぐらいで交際し、そのまま順調にいって1年後ぐらいに結婚、というのが理想的な流れのようです。
でも実際に結婚できるのは、長ければ3~4年後になる可能性があるのです。

男性は結婚に対して、将来性や人間性よりも、若さや容姿の綺麗さなど、目に見える理想を追い求める傾向があります。
そのため、異性に対して求める理想を妥協しづらいのが現実です。
そのまま理想を追い求めるなら、見た目を磨き、相手に選ばれる自分にならなければいけません。

婚活を始めるタイミングが早ければ早いほど上質な出会いに恵まれ、より理想的な結婚相手を見つけることができるでしょう。

・女性の婚活期間

女性の場合、結婚を考える上で「妊娠・出産」を理由に挙げる人も多いです。
医学的な進歩から高齢出産に対する見方が変わってきているとは言え、リスクが増えるのは事実です。

そのため、女性は35歳以上の高齢出産のリスクを考えて逆算して、婚活を行なっています。
男性よりも現実的で決断力があり、早ければ3ヶ月から1年以内で結婚に至っている、という人が多いようです。

婚活では同年代から年上・年下など、年齢に限らず、さまざまな出会いがありますが、年齢が上がれば上がるほど、結婚に対して理想が高くなってしまったり、せっかく相手を見つけても結婚を踏みとどまってしまう傾向が見られます。

もし将来子供を考えているなら、早めの見極めと決断が必要です。

■年齢別に見る婚活平均期間

婚活の平均期間は、年齢が若ければ若いほど短いようです。
40代の人に比べ、20代の人の方が早く結婚できる傾向があります。

そのため、婚活するなら少しでも早いうちに始めた方が良いのです。
特に、女性は20代のうちに婚活を行うことで、とても有利になります。

将来子供を望むなら、20代のうちから婚活を始めて、理想のパートナーと出会うことで、その後も計画的に事を進めることができるでしょう。

・30代婚活の平均期間

30代の婚活期間は、婚活方法によっても違いが出てきます。
一般的にはまだ若い方に含まれるので、婚活パーティーや街コン、飲み会や知人の紹介など、より自然な出会いを求めている人が多いようです。

ただし、婚活パーティーや街コンなどのイベントでは、合コンの要素が強いために遊び半分だったり、純粋に結婚相手を探している人以外の人も含まれてしまい、なかなか良い出会いに恵まれないということもあります。

また、「まだいい人がいるのでは?」という考えが頭をよぎってしまい、出会いを無駄にしてしまうことが多々あります。
良い条件の人と出会っているはずなのに、そこで踏み切ることができないために時間がかかってしまっているパターンです。

そのため、早い人でも1年から2年以内。反対に長引いてしまう人は、4年以上かかることも。
結婚相談所に登録して異性と出会ってから成婚までの平均期間は、半年から1年と言われています。

もう30代だから…30歳までには…と、30代は男性にとっても女性にとっても人生の大きなターニングポイントです。

結婚、出産、転職と様々なことを30歳を区切りに考えるでしょう。
実は30歳は人生で最も生活が多様化する時期です。

友人や同僚の世間話を耳にするたびに、独身の自分と比較してしまうこともあるでしょう。
ですが、30代ならまだまだ周囲に追いつき、自分の夢を叶えることができます。

30代からの婚活では、仕事が忙しい場合が多いですし、女性は出産を考えるとのんびりしている時間もありません。
焦る気持ちもあると思いますが、まずは自分にとっての最適な婚活方法を選ぶことで婚活期間を短くすることは十分可能です。

・40代婚活の平均期間

40代の婚活期間は、結婚に対する意識の差で違いが出てきます。
そのため、婚活期間は2極分化する傾向があり、1年以内で結婚するケースが約半数であるのに対して、3分の1の人は3年以上かかることもあるそうです。

一般的に結婚・出産の適齢期を過ぎているため、「急いで結婚しなければいけない」という理由がない限り、「良いご縁があれば」と思っている人も多いです。
結婚に対して「特に子供が欲しいわけでもない」「今のままでも十分生活していける」などの気持ちが先にきてしまうと、出会いの場において、なかなか良い出会いには発展しません。

また、結婚していたけど離婚してしまった人が再婚活を始めた場合も、子供がいたりすると集中して婚活に専念できないため、これまた「良いご縁があれば」と考えている人が多いです。

長く婚活をしている人の中には、「理想の条件」が高すぎたり、反対に「優しい人なら誰でも良い」「普通の人で良い」といった曖昧な希望により結婚できないということも挙げられます。
これは「誰でも良い」のではなく「何が良いのかわかっていない」のが現実です。
自分では結婚相手に高い理想を求めていないように思っていても、これらの条件の中のどこかに高いハードルを設けていることが多いものです。
こういった状況から、婚活が長引いてしまっている人が多いようです。

一方、40代で婚活している人の中には、1年以内に結婚しているという人もいます。
良い人と出会えたら、すぐに結婚したいと考えている人が多いようです。

前述したとおり、婚活は若ければ若いほど有利です。これは、男性も女性も同じです。
40代で婚活をする場合、よっぽどのスキルでもない限りはなかなか相手からも選ばれにくいというのが現状です。
それがどんなにイケメンで美人で性格が良くても、同じスキルがあるなら、若い方に目を向けられてしまうからです。

そのため、40代は後がありません。50歳になったら状況は更に厳しくなります。
婚活手段の選び方一つで、その後の人生のあり方まで左右されてしまいます。
婚活選びは慎重に、しっかりと検討した上で行いましょう。

・アラフォー婚活は短期間が勝負!

日本結婚相談所連盟(婚活会員データ参照)が発表している男女会員の年齢比率見てみると、35歳~39歳が一番多いですが、次に多いのが40歳~44歳となっています。
これは、35歳~39歳でようやく結婚に焦り始める、40歳~44歳は成婚退会しにくい、35歳~39歳のうちに結婚できず40代を迎えることが多いということです。

40歳を過ぎてから真剣に婚活を始めてみても、自分の感覚と婚活の厳しさのギャップの大きさに苦戦します。
アラフォーで結婚したいのなら、「結婚していない自分」ではなく「結婚できない自分」を受け入れて行動することが必要です。

40代の場合、1年経つごとに婚活の場における勝率が低下するため、1年以内で終了するメリットは計り知れません。
特に、節目の年齢を目前にしている44歳と49歳は、より重要な意味を成します。
39歳と40歳、44歳と45歳の時では年齢以外は同じプロフィールやメールの内容であるにも関わらず、異性からの反応率は2分の1に激減するのだそうです。

このことからも、やはり44歳は40代前半に属するアラフォー。一方の45歳は、四捨五入すると50代のアラフィフといった数字が発信するメッセージや受け取り側の印象が大きく違うということがわかります。
アラフォー世代は、婚活における現状の厳しさを受け止め、根気強く婚活することが大切です。

■短期間で結婚できる人の5つの特徴

婚活を始めたら「できるだけ早く結婚したい!」というのは誰もが思うことでしょう。

では、どのような人が短い婚活期間で結婚できるのでしょうか?
短期間で結婚できる人の特徴は以下の5つです。

・素直で行動力がある

短期間で結婚できる人は、素直で行動力のある人が多いです。
素直な人は、他人の粗探しをしたり、愚痴を言ったり、他人の幸福を一緒に喜び、友人が落ち込んでいれば一緒に寄り添ってあげることができます。
損得で行動したり、人によって態度を変えるようなこともしません。

婚活している人の中には、周りに知られたくない、恥ずかしいと感じている人も少なくありません。
歳を重ねるごとに自分が思うままに感情表現をすることが難しくなり、素直に感情を出すことを恥ずかしいと思う人が増えていきます。

ですが、婚活の場では婚活を始めた背景は違っても、「結婚したい」気持ちはみんな同じです。

よく「なんとなく」「友達の付き添いで」「良い人がいれば結婚しても」などと言う人がいるのですが、これは相手にとってマイナスな印象です。
「この人はそこまで結婚したいわけではない」と捉えられてしまい、結婚相手として候補から外されてしまいます。

変に着飾ったり、かっこつけたり見栄を張るのではなく、自分の現状をしっかり受け止め、ポジティブに行動できる人は婚活の場でも好かれます。

また、婚活では積極的に行動することがとても大切です。
婚活パーティーなどの出会いの場に足を運ぶことはもちろん、ジムやスポーツを始めてみるたり、今まで参加したことがなかった職場の飲み会や友達の誘いなど、普段しないことにチャレンジすることも良いでしょう。

出会いはいつどこで起きるかわからないので、まずは新たなことにチャレンジする気持ちや積極的に行動することで早く結婚に近づけます。

・条件よりも気が合うことを重視している

短期間で結婚できる人は、条件よりも気が合うことを重視している人です。
相手に対する条件をいろいろと挙げている人に限って高望みをしてしまい、婚活期間が長くなりがち。
自分の希望する条件に照らし合わせて相手を判断するため、少しでも希望と合わないところがあると「ナシ」と切り捨ててしまいます。

また条件だけで判断している人は、条件に合う相手が現れても「もっといい人がいるかも」と欲を出してしまい、婚期を逃すことも。

一方で、条件よりも自分と気が合うことを重視して相手を探している人の場合、話していて「気が合うな」「居心地がいいな」と感じれば「この人!」となるので、結婚も早いです。

・相手の意見を尊重できる柔軟性がある

短期間で結婚できる人は、相手の意見を尊重できる柔軟さがあるのも特徴です。
プライドが高く頑固な人や自己主張が激しい人は、相手と考えが違うとすぐに衝突してしまいます。

そんな人と一緒にいても「楽しい」と思えないため、なかなか結婚ができません。

相手の価値観を受け入れることができる寛容さや柔軟さを持っている人は、話をしていて居心地が良いため、結婚後の生活もイメージしやすく、早く結婚に結びつきます。

・明確な目標を立てている

短期間で結婚できる人は、「いつまでに結婚する」と明確な目標を立てていることが多いです。
ただ漠然と結婚したいという思いだけで婚活を始めても、なかなか結婚することはできません。
しっかりと計画を立てておけば、目標を達成するために今すべきことが見えてきて、行動しやすくなります。

目標を立てるにはまず、自分が何歳までに結婚したいか?という目標を考えます。
「〇歳までには結婚したいな~」という漠然とした目標を具体的にします。

例えば「一年以内に結婚する!」と目標を立てた場合、そこから逆算して結婚相手を見つけるまでにどのくらいかけて、残りの期間で交際期間を割り出すことができるので、あとはそれに沿って行動するのみです。

婚活は長期間になってしまえばしまうほど、結婚できる可能性が低くなると言われています。
もっといい人がいるかもしれないと理想が高くなってしまったり、また単純に年齢が上がることで需要が少なくなってしまうということが理由です。

いろいろな人と出会って結婚相手にふさわしい人を見つけるまでの期間を具体的に設定しているので、「この人いいな」と思えばそれ以上目移りすることもありません。
短期決戦で相手に本気で向き合えるので、結婚も早くできます。

・婚活を前向きに楽しめる

短期間で結婚できる人には、婚活を前向きに楽しんでいるという特徴もあります。

婚活の場=いろいろな人と出会える、自分磨きの場などと前向きに捉えて楽しんでいるため、周囲から見てもイキイキとして見えます。
前向きな思考は表情や言動にも現れるため、キラキラしていて魅力的です。

何事も「~しなくてはならない」と考えてしまうと面倒になってしまうので、婚活での努力も嫌々やるのと、「結婚できる」と思って前向きに楽しんでやるのとでは、結果も大きく違ってくるでしょう。
早く結婚したいのであれば、物事をポジティブに考えられるように意識することも大切です。

■婚活で重要な5つのタイミング

婚活では結婚するために、あらゆる場面でタイミングが重要になってきます。
よく「結婚はタイミング」と言うように、交際期間に関係なく二人の「結婚したい」と思うタイミングが合わなければ、なかなか結婚へは至りません。
だからこそ、早く結婚したいと思っている人はあらゆるタイミングを逃さないことが大切です。

結婚のタイミングを逃さないように、婚活における重要なタイミングを知っておきましょう!

・婚活を始めるタイミング

男女で結婚したいと思うタイミングや婚活を始めるタイミングやきっかけは異なります。
一般的には、周りが結婚したことをきっかけに「家庭を持ちたい」「子供が欲しい」と感じ、婚活を始める人が多いようです。

婚活を始めても「結婚したい」と思える相手に出会うまでには時間がかかります。
交際期間や結婚までの準備期間なども考えると、さらに時間がかかります。
余裕を持って婚活をスタートすればじっくり相手を選ぶことができ、焦って失敗するリスクも少ないです。
もし将来子供が欲しい!などの明確なビジョンがあるなら、1日でも早く活動のスタートを切りましょう!

・デートに誘うタイミング

婚活を始めて、気になる異性と連絡先を交換したら次はデートの約束をします。
デートに誘うタイミングは早すぎても、遅すぎてもNGです。でも、早い分には問題ありません

もしデートの誘いが早いと感じる場合は、相手から「まだもう少しメールやり取りをして、お互いを知ってからでも良いですか?」などと返事をしてくるでしょう。

デートに誘うことで、相手に対して「この人は真剣に向き合おうとしている」姿勢を感じることができます。
婚活での出会いは、結婚したい人たちが集まっているので、「こんなに早くデートに誘ってきて遊び人」と思われることは少ないでしょう。
より真剣に考えてくれていると感じられ、好印象を抱きます。

一方、デートの誘いが遅い場合、「この人はそこまで本気ではないのかな」と思われてしまう可能性があります。
婚活ではなるべく無駄な時間を過したくないので、次の異性を探し始めてしまいます。

そのため、デートに誘うタイミングは知り合った日から1週間以内が良いでしょう。

相手の迷惑にならない程度に数日間メールでやり取りをし、デートに誘うのが無難です。

女性はよっぽどのことがない限り、自分からデートに誘ってくることはないので、ここでは男性の積極性が最大限に問われます。
気がついた時にはもう手遅れ・・・なんてことにならないように、まずはデートに誘って、相手に好意があることを伝えましょう!

・告白のタイミング

「告白は3回目のデートがベスト」と言われています。

お互いのスケジュールや住んでいる地域によっては、なかなか会うのが難しいこともあるでしょう。
そういった場合は、会えるうちに告白もしくは何らかの意思表示をしてしまうという人もいるようです。

相手と家が近かったり、仕事の休みなどいつでも都合が合うのであれば会うのに苦労しません。
そのため、告白するまでに時間をかける可能性があります。

このように、人によって告白するベストなタイミングは違ってきますが、あえて目安を挙げるとすれば3回目から5回目のデートが良いでしょう。

婚活では結婚を意識しているので、何の興味もない相手と何度も会ったり、時間を使うようなことはしません。
3回も二人きりで会うということは、それだけお互いに同じ時間を共有したいと感じているということなので、恋人として結婚を意識していると捉えて良いと言えます。

反対にこのタイミングを逃して、次の進展を望むのは難しい可能性があります。
3~5回目のデートというのはあくまでも目安ですが、「ここまでに何かしらのアクションを起こさないといけない」デッドラインであることも意識しておきましょう!

・結婚のタイミング

交際が順にいけば、いよいよ結婚を考えると思います。
付き合ってからプロポーズされて結婚するまでの期間は、カップルによって違うもの。
一般的には早ければ半年から2年以内には結婚している人が多いそうです。

男性と女性では、結婚に対する考え方や結婚したいと思うタイミングも違います。
お互いに結婚したいという気持ちが固まっているのであれば、いつでも良いと思います。

男性はプロポーズの準備、女性は出産のことなども考えて、ふたりにとって最善の選択ができることが一番です。
彼女の誕生日やクリスマス、記念日などにプロポーズすると喜ばれるでしょう。

・見切りをつけるタイミング

婚活ではなるべく無駄な時間を過ごさないためにも、早めに見切りをつけることも必要です。

まず、知り合って連絡先の交換をしたけど、「返信がない」または「返信が遅い」という場合、よっぽどしつこかったり、一方通行な内容でもない限り、相手はあなたのことを何とも思っていないか、好きではない可能性が非常に高いです。
好きであれば、どんなに忙しくて、たとえメールが苦手という人でも、忘れずに返すものです。

中には、元々メールをあまり見ない、仕事柄携帯を持ち出せないなど、返信が遅れてくる場合もあります。
ただ、これも一つの言い訳で、本当に好きな相手であれば、そうした状況は先に説明するなど、気持ちが離れないよう繋ぎとめておくもの。
そのため、メールして返信がない、または1つの返信に3日以上かかる場合、見込みはかなり低いと考えておきましょう。

また、付き合ってから何年も経つけど、結婚の話が出ないという場合は、そもそも結婚願望があまりない可能性があります。
こういう人は、結婚に対してあまりメリットを感じていないので、よほどのことがない限り、結婚を踏み切らない上、仮に結婚できたとしても苦労することが多いでしょう。
好きな気持ちがあるうちは「もしかしたら変わってくれるかも」と期待するものですが、「自由でいたい」「縛られたくない」などの考えはそう簡単には変わりません。

そもそも、男性と女性とではお互いに結婚願望はあっても、実際にしたいと思うタイミングや意識の高さが全然違います。
そのため、ダラダラと結婚する気がない人とお付き合いを続けても、どんどん歳を重ねていくだけです。
二人の関係に変化を起こしたければ、とことん話し合うことが大切です。

それでも進展がなければ、別れて次に進むことも一つの決断です。
相手が自分に興味・関心を持っているかどうかという視点で、冷静に自分に置き換えて考えてみましょう。

■まとめ

今回は、婚活を始めてから結婚するまでの平均期間と結婚が早い人の特長をご紹介しました。

婚活時期は人それぞれですが、スタートが早ければ早いほど、婚活の期間も短くなるようです。
また、何歳までに結婚したいかという目標をしっかり持って婚活に取り組むことで早く結婚に近づけそうです。

善は急げの言葉通り、早く婚活を始めてみませんか?

ブランセルでは、初めての婚活でも安心のサービスがたくさんあります。
自分の理想の結婚相手と、あなたに合った婚活方法で出会うことができます。
はじめに無料カウンセリングにて、あなたの結婚観についてお聞かせください。

関連記事

  1. wa

    何からするべき?初心者が知りたい婚活のすべて

  2. ハイクラスな結婚

    ハイクラスな結婚を願う人と平均年収のこと

  3. いくつになっても見た目は大事?相手を選ぶ基準

  4. 結婚とセックスの悩み

    結婚後のセックスの悩みはどうしたらいいの?

  5. ライフプラン

    婚活あるある「まだ、結婚はいいかな…」

  6. 地震震災

    地震、震災と生涯独身への不安と結婚

  7. 若いうちから始める婚活

  8. 結婚相談所のメリット・デメリット

  9. 婚活市場価値って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。