婚活デート服装は色で差がつく!選ぶポイント

婚活で知り合った異性とのデートの日が近づくと悩むのが「服装選び」です!

特に、初めてのデートでは誰だって、「相手にいい印象を残したい」「次のデートに繋がるようにしたい」と思うもの。
そして、そんな初デートで素敵な時間が過ごせるように「何を着ようかな~?」と考える時間も、また楽しいものです。

今回は、あなたが「婚活で出会った異性」との「デート」「お見合い」「パーティー」「婚活アプリ・ネット婚活」での成功する服選びと、そのポイントについて解説していきます。

■婚活で好感を持たれる服装とは

suits

婚活は、見た目の第一印象が勝負です。
上手くいくのも失敗するのも、最初の印象で結果が左右すると言っても過言ではありません。
婚活パーティー、結婚相談所のお見合い写真、婚活サイト(アプリ)、どれをとっても最初に見た目で興味の対象から外れてしまってはそこから何も発展しません。

婚活では、お互い少なからず「結婚」を意識しているので、初めて会う瞬間の服装や身だしなみなどの第一印象は最も重要です。
「結婚相手としてどうかな?」と、あなたは相手の異性から見られているのだということを忘れずに、服装選びにおいても「異性が結婚相手に求めるもの」を意識しておきましょう。

また、男性と女性とでは、好まれるファッションも似合う格好も違ってきます。
特に、男性は基本的にメイクをしないので、女性ほど見た目に変化が出ることが少ないように感じるかと思います。
しかし、見た目の印象は顔だけではありませんので、服装や身だしなみなど、婚活の場では互いにしっかりチェックしているものです。

仕事帰りにパーティーやお見合いへ参加する場合も、スーツの着方や普段着でもちょっとしたオシャレなアイテムを投入するだけで、十分な効果が得られます。
さりげなくポケットチーフを入れてみたり、全身モノトーンカラーの場合はどこかに差し色を取り入れたり、顔周りや靴下にポイントを持っていくだけでもおしゃれ度がUPします。
ほんの些細なファッションの気遣いだけで、相手の気持ちをグッと引き寄せることができるものですよ。

・婚活男性はスーツかジャケット

男性の場合は、婚活パーティーやお見合いなどの席ではスーツやジャケットスタイルが文句なしの優秀スタイルです。
服装に自信がない、迷った時はスーツ、ジャケットスタイルで間違いないでしょう。
チノパンやホワイトジーンズにジャケットやシャツスタイルも好感度が高いのでおすすめです。

もちろん、それ以外の服装も大丈夫ですが、オシャレ度よりも清潔感のある身だしなみが大切です!
口臭、服のシワやほころび、毛玉、お顔周り(眉、鼻、頬等)の無駄毛、足元、靴の汚れ、寝癖は必ずチェックしましょう。

女性が好印象を受ける二大キーワードは、「清潔感」そして「爽やかさ」です。
シンプルかつ清潔感を保ち、爽やかさを感じられる色合いやコーディネートを選びましょう。

・婚活女性はパンツよりスカート

女性の場合は、パンツスタイルよりもスカート、ワンピーススタイルの方が華やかで優しい印象を与えます。
ふんわり色のメイク、パステルカラーや淡いピンクなどのペールカラー、ホワイト、パール系の小物は女性らしさをアップさせます。

反対に、全身シャネル、ディオールなどの高級ブランドや毛皮、胸元の大きく開いたセクシーな服装、濃過ぎる化粧、厚底ミュール、派手なネイル、つけ過ぎる香水、宝石を身にまとったスタイルは男性に好印象ではありません。

婚活の場では、「結婚」を意識した相手を探しているので、家庭的で女性らしい雰囲気が好まれます。
全体的にシンプルで女性らしく、清楚で品のある服装が好ましいです。女子アナのような雰囲気をお手本にすると良いでしょう。

・婚活パーティーでの30代女性の服装選び

30代女性は着る服に悩む年齢ですよね。それは30代が一番「若さ」にこだわる年齢だからです。
特に、20代から30代になったばかりの人は、まだ自分は若いと思い込みたい人も多いと思います。

ですが、20代で着ていたミニスカートやショートパンツ、肩が大きく開いたオフショルダー、リボンがたくさん付いた服、フリフリモコモコなどのキュートなファッションをしてしまうのはNGです。
年齢に合わせた装いができることも、立派な大人の魅力です!

30代婚活女性のファッションでは、服装の「色合い」も重要なポイントとなります。
つい、黒やベージュなど落ち着いた色を選びがちですが、婚活の場ではムード作りのために、あえて照明を落としているところが多いです。
暗い場所で暗いトーンの服を着ていると、その人自身も暗く見えてしまいます。
そのため、「白」や「ピンク」「黄色」など、淡い色をトップスにもってくると顔回りが華やかになり、薄暗い中にいても、一際目を引くでしょう。

また、仕事着や体型を気にしてパンツスタイルが多いという方も、婚活の場ではスカートを履くことをおすすめします。
スカートを履くとそれだけで女性らしさが出て、同時に親しみやすさを感じて、話しかけやすい雰囲気になります。
男性は「ゆるふわ」のような柔らかい印象のアイテムを好みます。スカートの場合も、タイトなものよりフレアータイプでふわっと揺れるデザインが良いでしょう。
品があり清楚に見えるのは、ひざが隠れるくらいの丈の長さです。

たまに、男性受けを狙いすぎて、可愛い服を選んでしまう人もいますが、30代で可愛すぎるファッションはかえって違和感が出てしまいます。
上品でシンプルな中にも、女性らしさを忘れない30代らしいファッションを目指しましょう。

■婚活デートでの服装選びは

婚活の場で異性と出会い、二人きりでデートへ行くことになったら次に意識するのは「デートでの服装選び」。
初デートで勝敗を分けるのが、またしても服装や身だしなみといった見た目の印象です!

婚活パーティーやお見合いではオシャレしてバッチリ決めていったのに、ここで「オフだし、普段着でいいかな」と思ってしまう人がいます。
最初に会った印象と大きく違ってしまうと、どれだけ会話が楽しくて、良い人だとわかっていても、ギャップを感じ、マイナスの印象を与えてしまいます。
こんなはずじゃなかった・・・と思われないように、デートでのコーディネートも気を抜かずに挑みましょう!

・婚活男性の初デート服装選びのポイント

男性の服装選びは、女性よりもアイテムが限られていますよね。
ですが、婚活には突き抜けたオシャレさは不要です。
女性から好かれるファッションのポイントは「シンプルかつ清潔であること」これだけです!

初デートの場合は、基本的にカジュアルすぎず、シンプルですっきり見えるようにするのが定番です。
帽子やスカーフなど、重ね着をすればオシャレに見えるというものではありません。

上は、シャツやジャケットスタイルが良いでしょう。
アニメのキャラクターもののプリントTシャツや、デザインに凝りすぎた服は着こなすのが難しく、あまりウケが良くないです。
下は、サイズ感が合っているものが好ましいです。
ダボダボしていたり、腰で履いていると、それだけでだらしなく見えてしまいます。

また、「お洒落は足元から」という言葉があるように、デートでのサンダルやクロックスなどラフになりすぎてしまう靴は履かないようにします。
夏の暑い時期でもスニーカーを履いていた方が良いでしょう。秋冬ではシンプルな革靴がおすすめです。

アクセサリーを身につけるなら、1~2つくらいにしておきます。
男性がアクセサリーをじゃらじゃらつけるのは野暮ったく見えるので、何か身につけるなら時計が良いでしょう。

・婚活男性のデート服装の色使い

男性のデートファッションは色を使いすぎないことがポイントの1つです。

基本的には全身で3色以内にしておくと、まとまって見えるようになります。
上下で2色に分けたり、インナー、アウター(ジャケットなど)、ズボンで3色にしておくと良いといわれています。
靴下や小物を加えても4色までには抑えておきたいところです。
あまりにもたくさんの色を使いすぎるとごちゃごちゃした印象になってしまいます。

色使いとしては、紺(ネイビー)や白、黒、グレーなどのシックな色合いでまとめると大人っぽくなります。
カーキ(オリーブグリーン)やベージュも比較的に取り入れやすい色です。

たまに、自分の好きな色や目立とうとして派手な原色カラーの服装を着てこられる人もいますが、あまり派手だと威圧的で近づきにくい印象を与えてしまいます。
赤や黄色など派手な色を使う時は見える面積を少なめにしておくと、差し色として使うと効果的になります。
ただし、全身を1色で(特に黒)まとめると見た目が重くなったり、暗く見えたり、のっぺりした印象になってしまうので要注意です。

・婚活女性のデート服装選びのポイント

男性以上に、ファッションやメイクなどを楽しみ、美容にこだわっている女性も多いと思います。
しかし、婚活やデートで好まれる格好は、自分の好みとはまた違います。

男性が結婚相手に求めるものはズバリ「女性らしさ」
これは、どうしても男性は結婚相手の女性には「家庭的な部分」を求めるためです。
女性らしさを表すのに効果的なのは「色」を上手に活用することです。
男性は普段仕事場で、黒や紺などのシックな色を見ているので、パステルカラーなどの女性らしい柔らかい色はとても新鮮に感じます。
そして、そんな女性らしい柔らかい色は「守ってあげたい」と感じる色でもあります。

また、デートではTPOに合わせることが大切です。
デートでは、何時に待ち合わせをして、どんなプランを立てているのか、そのデートの場所によって服装もふさわしいものにしておきましょう。
TPOを考えて服装を選べる女性は、「結婚した時にもきっと正しい判断ができる女性だ」と思ってもらえます。
例えば、少し高級なレストランへ行く予定なら、そのお店の雰囲気に合ったドレスコードにするなど、デート内容に合わせて洋服選びができると喜ばれます。

女性らしさを感じさせるファッションも大切ですが、もし当日のデートプランでたくさん歩いたり動くことが予想できそうなら、動きやすさを重視したパンツスタイルや靴が良いでしょう。
その分、ふんわりしたトップスやヒールのあるパンプスを合わせるなど「女性らしさ」を取り入れてバランスをとる工夫ができるとさらに良いです。

・婚活女性のデート服装の色使い

女性のデートファッションでは「色の使い方」が最大のポイントになります。
男性ファッションでは色を使いすぎないことがポイントとなっていましたが、女性の場合は「色」で女性らしさや華やかさ、優しく家庭的な雰囲気を演出することができます。
これはファッションだけではなく、メイクやネイル、バッグやシューズ、小物なども同様です。

まず、婚活の成功率をアップさせるため、欠かせないカラーがピンクです。
ピンクは女性らしさを象徴するカラーであり、甘え上手の優しい印象を与えてくれます。
さらにピンクには、女性ホルモンのバランスを整え、顔の肌ツヤなど、女性本来の美しさを向上させる効果もあるといわれています。
そのため、目につく場所にさりげなく身に着けているだけで、心と身体を若返らせる効果を期待できるかもしれません。
また、ピンクは日本人女性の肌なじみがしやすいカラーでもあります。ファッションやメイクに自然と取り入れやすいのもうれしいところですね。
ピンクはちょっと苦手という人も、今は「大人ピンク」「ヌーディーピンク」といった少しくすんだピンクやベージュのような色味のものもあるので、ご自身に合った色合いを探して、トライしてみてはいかがでしょうか。

デート中のお食事、一般的な婚活パーティーやお見合いの席では着席することが多く、下半身よりも上半身が視界に入ることが多くなります。
そんな時は「ホワイト」系の明るいカラーを着ていくことをおすすめします。清楚で真面目、そして明るい印象を与えることができるでしょう。
また、ホワイトは花嫁を自然と連想させるカラーでもあるので、男性も「この人と結婚したら」と想像しやすいのだとか。薄いパステルカラーでも同様の効果があるようです。
さらにホワイト系には「レフ板効果」も期待できます。レフ板とは雑誌グラビアなどの写真撮影をする際、光を反射させてモデルの顔に当てるための板のことです。
光が反射することで顔の影を消してくれるので、ホワイト系のトップスを身に着けることで、ある程度、肌を明るく見せてシミやクマ、たるみを目立ちにくくしてくれます。

また、年齢を重ねた女性の場合、大人の落ち着いた女性を演出しようと「ブラック」を好んでいる人も多いと思います。
ブラックは後退色であるため、身体を引き締めてスリムに見せる効果があります。しかし、残念ながら婚活には向いていません。
相手に暗くお堅い印象を与えるだけでなく、強さや威圧的なムードを高めてしまう効果があるからです。
光を反射しないカラーであるため、顔のクマやシミが目立つようになり、全体的に老けて疲れた印象を与えてしましいます。
ですから、年齢が上がれば上がるほど、明るい服を着ると良いとされています。
もし、どうしても黒を身に着けたい時は、バッグや小物、足元など顔から離れた部分に使うと軽減できます。

自分の好きな色と似合う色が違うように、婚活でも自分が着たい服と好まれる服は違います。
服の色は、あなたの印象を決める大切な要素です。
身に着けるファッションのカラーには、こうしたさまざまな効果が期待できるのです。
シーンに合わせたファッションを心掛けて、婚活デートを成功に近づけていきましょう!

男女ともに最も重要なのは清潔感

そして、男女ともに最も重要なポイントは「清潔感」です。
これは特に、独身男性にはなかなかできないところでもあります。

なぜ、既婚者の男性に女性は惹かれるのか?というと、実はこういうところなのです。
大抵の既婚者男性は奥様に洋服やスーツをきれいに整えてもらっています。だから、清潔に見えて女性に好印象を与えるのです。
いくら高級なシャツやスーツを着ていても、シワや汚れがついて清潔感を感じなければ、その時点で印象は悪くなってしまいます。

また女性の場合も、結婚して一緒に暮らす相手となると「清潔感」を感じられることはとても重要なポイントになります。
普段、自分ではあまり意識しないと思いますが、「洋服の匂い」「髪の毛の匂い」など、男性にとってはこれも女性らしさを感じる大切なポイントなのです。
部屋干しの嫌な臭いが残っていたり、長い間クローゼットにしまわれていたような匂いはないでしょうか?
服や髪の香りは、自分自身は当たり前になっていて気づかないのですが、初めて会う人は敏感に感じ取りますよね。
匂いの印象は、実際の思い出より鮮明に残るとも聞いたことがあります。
つけすぎの香水や匂いがキツいものは嫌がられますが、最近はおしゃれ着用の洗剤でいい香りのものがたくさんあるので、効果的でおすすめです。

また、実際に清潔であることと、「清潔に見えること」は違います。
例えば、きちんと洗濯していて綺麗なお洋服でも、ヨレヨレだったりシワシワだったら「清潔感」は感じられないですよね。
きちんと洗ってあるハンカチでも、アイロン無しでしわくちゃのままだったら汚れているように見えます。
このように「清潔である」ということと、「清潔に見える」ということは全然違います!

特に初デートでは、「清潔感」=「見た目」の第一印象がとても重要です。
デートに着るお洋服は、ヨレヨレではないか?シワになっていないか?お出かけ前にしっかりチェックし、日頃から「清潔感」を意識しましょう。

■婚活の場で出会った異性とのデートの服装選び

婚活パーティーやお見合いの席で見事カップリングや交際に成功し、気になる異性との初デート。
まだ相手の好みも知らないし、一体どんな服装をしていけばいいの?と悩む人も多いと思います。

ここでは、普通のカップルのデートとは異なり、「婚活の場で知り合った二人のデート」ということを忘れないようにしましょう。

特に初デートは、まだお互いに知り合って間もないので、結婚相手として相応しいかどうかを見極める大事なイベントでもあります。
せっかく、仲を深めたのですから、そのまま良い関係性を築いていきたいですよね。
二人の距離を縮めるためにも、初デートを成功させるためにもおさえておくべきポイントは、二人きりのデートだからといって気を抜かないことです!

そんなの当たり前でしょ?と思う人もいると思いますが、パーティーやお見合いの会場では、周りも含めて参加者全員がオシャレをしてくるものと認識をしている人が多く、一歩外へ出たら、いつもの自分に戻ってしまう人がいます。
これは、特にオシャレに疎い男性にありがちです。

婚活パーティーでもお見合いでもその後のデートでも同じように、男性は「シンプルかつ清潔感」女性は「上品で女性らしさ」のある服装を心がけるようにしましょう。
反対に、二人きりのデートだからといって、高価な服を選んだりオシャレをしすぎるのは、かえって逆効果になってしまう可能性があります。
なるべく、出会った時とのギャップをなくすことをおすすめします。

他にも、デートでは歩き方や姿勢、仕草についても異性は意外と見ています。
過度に気にしてアピールする必要はありませんが、ほんの少し意識するだけでも印象は違ってくるでしょう。

・婚活パーティー後のデート服装

婚活パーティーの場合、内容や会場によってはスーツやフォーマルな格好など、ドレスコードが決まっている場合があります。
後日会う時間帯が昼なのか、夜なのか、どんな場所やお店に行くのかにもよりますが、必ずしも同じような格好で会うことが難しい場合もあるでしょう。

そんな時は、少しカジュアルダウンして、男性はスーツからジャケット、女性はドレスからワンピースにするなど、普段着でオシャレをプラスします。
デートが決まったら終わりではなく、また次のデートに繋がるようにしっかりオシャレしていきましょう!

・お見合い後の初デート服装

お見合いの場合、婚活パーティーなどのイベントと少し異なる点は、お互い好印象を持っているのは間違いないのですが、一度断ってしまうと二度と再会することができないことから「悪い人ではないし、とりあえずもう一度会ってみようかな」と考える人もいます。
それをシステム上「交際」という言葉を使いますが、この時点でお付き合いが成立してるわけではありあせん。
気になる相手ともう一度会って気持ちを確かめるために、お茶をしたり、食事に出かけたりすることがお見合い後の初デートには多いです。

お見合いでは約一時間という短い時間で相手の印象を感じ取り、次にまた会うかを判断します。
そのため、お見合いでは服装や身だしなみなどの見た目の第一印象がとても重要です。
その印象をもって初デートを迎えた時、「デートなのにそんな服装?」「こんな場所?」と思われてしまったら、すぐに交際終了です。

問題は、服装のセンスではありません
相手はあなたと会うために服装に悩み、オシャレをして、会えるのを楽しみにやってきたのです。
そこに、ダメージの入ったジーパンや使い古したヨレヨレのシャツといった普段着姿の異性が現れたらどう思うでしょう?
せっかくオシャレしてきたのに・・・とがっかりしてしまいます。
そうならないためにも、お見合い後の1~2回目のデートでは特に気を抜かず、身なりに気を使って臨みましょう!

・婚活アプリやネット婚活で初めて会う時のデート服装

婚活アプリやネット婚活の場合、顔の見えない婚活方法ということもあり、初めて会う時はお互いにさまざまな期待と不安でいっぱいになりますね。

まず、婚活アプリやネット婚活での第一印象は、アプリやネット上の顔写真で決まります。
その印象から実際に会ってみたいと思い、メッセージのやり取りが始まり、初デートに繋がるかどうかが決まります。
ここでよくあるのが、写真やプロフィールなどは事前に確認しているものの、自分で撮った写真やプリクラなど、写真設定の制限がないものもあるため、実際に会ってみたらイメージと違ったということです。

そのため、初めて会う時の服装は、なるべく写真とのギャップを感じさせないものが良いでしょう。
相手はあなたの写真やプロフィールを見て、あなたに興味を持ち、会ってみたいと思っているので、あまりにもギャップのある格好をしていくと、待ち合わせができないという可能性もあります。

また、婚活アプリやネット婚活では、スマホやパソコン一つで出会いに発展するというその気軽さが人気なので、必ずしもかしこまった装いである必要はありません。
写真設定も結婚相談所やお見合い写真のような指定がほとんどないので、普段の写真の印象から、気取らないスタイルが好印象を与えるということもあるようです。
普段より少しオシャレを意識することでより良い印象を与えることができるでしょう!

■まとめ

ここまで、「婚活で出会った異性」との「デート」「お見合い」「パーティー」「婚活アプリ・ネット婚活」での成功する服装選びや、そのポイントを解説してきました。

「婚活に服装なんてそんなに関係ない」「実際そこまで見てないでしょ?」と思う方もいると思います。
確かに「はじめまして」と挨拶をする時に、頭の上から足の先まで、ましてや服装や身だしなみに気遣いができているかなど、瞬時に細かく見て判断することはないと思います。

しかし、「はじめまして」という挨拶をする時に、表情と同じくらい大切なのが全体の雰囲気です。

顔や見た目の好みはあるにせよ、きちんと挨拶ができる、笑顔が多く感じが良い、紳士的で優しいなど、初対面で感じる雰囲気は必ずあるはずです。
また、それをきっかけに興味を持つこともあると思います。

その中でも、その人自身の良さを最大限に引き出し、良い雰囲気を演出してくれるのが実は「服装と身だしなみ」なのです。
なぜなら、人はまず視覚でその人の情報をとらえるからです。顔が好みではなくても、「オシャレだな」「ちゃんとしているな」と感じることは大きなポイントに繋がります。

そんな全体の雰囲気を瞬時にキャッチして、自分に合うかどうかを無意識に判断しているのです。

ですから、婚活での服装選び、身だしなみは大変重要な役割を果たしているのです。
何もハイブランドや流行りを追うことはまったくないですが、「10年前に買った服を今も着ている」「同じような服しかない」という方は、婚活を一つのきっかけに今の自分に似合うリーズナブルでオシャレなアイテムを探してみてください。

どんな風に見られたいかによって、参考にできるファッションも変わってくるので、自分ではよくわからない・・・という人は、アパレルショップの店員さんに全身コーディネートしてもらうと良いでしょう。
まずは、おしゃれなハンカチを1枚持つことから始めてみましょう!

ブランセルでは、婚活アドバイザーが皆様のためになるファッションコーディネート、メイクアップレッスンなども行なっております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. ジバンシーリップ

    秋冬だけど、婚活は明るめなカラーで攻める!

  2. メールの返信ひとつで受け取る側の気持ちは変わる

  3. 最後の挨拶まで気をゆるめない

  4. 婚活は初デートが重要!事前準備が成功のカギ

  5. 交際からプロポーズまでに必要なステップとは

  6. “非モテ”メールになってはいませんか?

  7. デートで自分が本命かわかる?男性心理を探る方法

  8. 婚活では付き合い始めが肝心!恋人との絆の深め方

  9. ふらふらフラミンゴ女子漫画

    ふらふらフラミンゴ女子と付き合うには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

恋活婚活☆成功者続出のブランセル人気セミナー

<ブランセルが応援する大人の恋活婚活力向上☆婚活の魔法セミナー>交際が長く続かない、コミュニケーションが下手、異性にモテたい、幸せな出会いを引き寄せたい、婚活に疲れてしまった、早く幸せになりたい…このようなお悩みを抱えていませんか?ぜひ、ブランセルの人気セミナーへお気軽にご参加ください!詳細はコチラ