お見合いの定義は?恋愛結婚にはない幸せの形

結婚したいけど、お見合いはちょっと・・・と思っているあなた。
結婚をする時、二人の出会いのきっかけが「お見合い」か「恋愛」か、というのはよく話題にされるものですね。

その背景に、戦前までメジャーだった「お見合い結婚」が、戦後の経済成長とともに時代遅れとされ、自分自身で相手を選ぶ「恋愛結婚」の方が、より自由な結婚の形と認識されてきた、という経緯があります。

ですが、出会い方で結婚の質は決まりません。
それでも、お見合いの場合は恋愛期間が短い分、どうしても不安を感じる方も多いと思います。

今回は、そんな気になるお見合いの定義についてと、お見合いのマナーなど、お見合い結婚を成功させるためのポイントをご紹介します。

■お見合いの定義

男女の出会いにはいくつかのパターンがあります。お見合い結婚はその中の一つに過ぎません。
お見合いは、結婚したいと望む男性と女性が、第三者の仲立ちで引き合わされ、お互いが気に入れば成婚するという形式の出会いです。

ここでは、お見合いの歴史から、現在のお見合いの仕組みや流れについてご紹介します。

・お見合いの歴史

一昔前は、仲人式のお見合い結婚と恋愛結婚しかありませんでした。
職場や趣味の場所で出会う方法と、第三者に仲を取り持ってもらう方法が典型的な結婚相手の探し方です。
奥ゆかしい女性が理想とされた高度成長期の1960年代には、恋愛結婚よりも仲人式のお見合い結婚の方が主流でした。

昔はお見合いをする際、仲人が縁談から結納、結婚式までを取り仕切っていました。
出会いの場に仲人が同席し、会話のきっかけを作るなどして二人の仲をサポートし、場合によっては、円満に結婚生活を過ごせるように、カウンセラーとしての役割を果たしていました。

その後、人と人との関係が希薄になり、世話役の仲人を見つけることが困難になったため、仲人式のお見合いは激減したそうです。

・今時のお見合い

今の時代のお見合いは、親や親戚、知人などの紹介を頼りに自分で仲人を探すところから始まります。
収入・職業・年齢など結婚相手の理想を聞いて候補を挙げる場合と、お任せにしてもらっておすすめの相手を紹介する場合があります。
一般的にはプロフィールと写真を交換した後、ホテルのラウンジや喫茶店でのお見合いをセッティングします。

仲人の方で連絡を取り持つので、出会いに際してプライベートな連絡先を交換してもらうことはありません。
初対面の時にも連絡先の交換をしないのがほとんどです。
ただし、仲人の方針として最初から連絡先を交換することをお願いするケースもあります。

お見合い相手を自分で探す必要がないので効率的に理想の相手を探すことができ、条件さえ整えば一日のうちに複数のお相手とお見合いをすることも可能です。

結婚相談所は仲人お見合いから発展

そして現在では、仲人式のお見合いがいわゆる結婚相談所として発展しています。

結婚相談所を通してお見合いをする場合、サービス内容が大きく分けて3つあります。
結婚相談所であれば、仲人の知り合いの範囲という限定がないので、より多くの人と出会うチャンスがあります。
サービスの内容は結婚相談所によってまちまちなので、自分がどんなサービスを提供したいかを考えることが大切です。
一般的に、ルールに基づいて効率的に出会いの場をセッティングする点は共通しているでしょう。

あらかじめ結婚相手の条件をプロフィールなどで伝えることができるので、利用者も共通の話題を見つけやすく、心を通い合わせるまでにそれほど時間がかかりません。
また、職場などの日常生活で出会う場合と異なり、男女ともに結婚を前提に会うので、結婚を前提とした話し合いもしやすいです。

それぞれのサービスの特徴は以下の通りです。

仲人相談型サービス

仲介相談型サービスは、登録者の中からあなたに合う方を紹介してくれるサービスです。
入会から結婚まで、カウンセラーやアドバイザーがしっかり寄り添い、一人ひとりに合わせた婚活プランニングを行ない、徹底的にサポートしてくれるのが最大の特徴です。
担当カウンセラーがあなたの希望や条件を聞き、全国3~5万人規模の会員の中から毎月、あなたと合うと思う方を紹介してくれます。

紹介するだけでなく、デートのセッティングや、交際中のアドバイスなどもしてくれるので、異性との交際経験の少ない方や初心者でも安心です。

また、ネットや専用アプリなどから登録会員データを見ることが可能なので、自分自身で相手を選んで申し込みしたり、相手からの申し込みを受けることもあります。
申し込む・申し込みを受ける・紹介を受けることを基本とした3つの方法で出会いを確保することができます。
いずれも、お見合いの際は担当者が仲介するので、面倒なやり取りや手間がかかることがなく、安心して会うことが可能です。

他のサービスと比べると活動費用が高いので、入会のハードルが高いとされていますが、その分本気で婚活に取り組んでいる人が集まっているので成婚率も高い傾向にあります。

データマッチング型サービス

データマッチング型サービスは、登録会員データをもとに会員同士をマッチングさせる方式で、自分のプロフィールと相手に対する希望条件を入力すると、それに合った相手を紹介してくれるサービスです。
効率よく、自分と相性の良い人を探しながら婚活をしたい人におすすめです。

お互いの希望する条件がマッチした相手を上位から順番に紹介することになっているため、短期間で理想のお相手に出会える確率が高いのが特徴です。
ただし、より細かな希望を持っている場合には、登録会員数が多いと言ってもマッチングする相手が存在しなければ、いくら時間をかけても希望のお相手に出会える確率は低くなってしまいます。
また、希望条件と完全にはマッチしていない相手を紹介される可能性もあります。

交際中のフォローや成婚までのアドバイスといったサポートはそれほどなく、あくまで会員同士が出会うまでのサポートがメインとなります。

インターネット型サービス

インターネット型サービスは、インターネットを使った婚活で、会員はネット上の会員データの中から自分で相手を探して連絡をとり、交際、成婚に繋げます。

他のサービスとの大きな違いは、婚活中の会員の活動をサポートする仲人やカウンセラーが一切介入しないことです。
あくまで会員データを使って出会う機会を提供するというのがインターネット型サービスの役割となります。
月単位の定額制で安価に活動できますが、アプローチできる人数には制限があります。

ユーザー登録は無料ででき、18歳以下や既婚者は登録できないことになっていますが、独身証明書や収入証明書、住民票、勤務先証明書や運転免許証などの公的書類の提出は義務付けられていません。

そのため、他のサービスと比較すると、相手探しを全てネットでできるという手軽さ、利用料金の安さから入会のハードルが低く、会員数も圧倒的に多い傾向にあります。

しかし、データマッチング型サービスやインターネット型サービスでは、出会って交際できたとしても、肝心な時期に担当の専門的なカウンセラーに不安や悩みなどの相談ができないので、安定した関係に入れずに短期間で交際が途絶えてしまうことが多いようです。
低額とはいえ費用の点や時間的な点から、満足度が得られずに中途解約するケースも少なくありません。

・お見合いの流れ

現在のお見合いは、結婚相談所へ入会して行なうものが一般的です。
ネットやアプリから24時間いつでも自由にお相手探しが可能です。
登録されているプロフィールから、お相手の希望条件やどんな人かなど事前に知ることができるため、効率よく婚活することができます。

ここでは、結婚相談所へ入会してからお見合い成立までの流れについてご紹介します。

入会手続き

お見合いをするためには、まず「結婚相談所での入会手続き」が必要になります。
無料相談(ファーストカウンセリング)にて、サービス内容や料金システム等の確認を行います。
その後、各運営会社のサービスに同意し、入会手続きへと移ります。併せて、必要書類とプロフィール、顔写真を準備・提出します。

希望条件にマッチした人を探す

必要書類が揃いましたら、システムへ登録します。
ご登録後にメールでIDが届き、システムにあなたのプロフィール情報がアップされます。
仕事が忙しい人も、パソコンやスマートフォンを使って、自宅や空いた時間にお相手を探しが可能です。

お見合いを申し込む

写真やプロフィールからお相手を探します。
趣味や職業、年収、年齢など、詳しいプロフィールでお見合い相手を選ぶことができます。
気になるお相手を見つけたら、早めにお見合いを申し込みましょう。

  1. カウンセラーからの紹介
  2. ご自身のお申し込み
  3. お相手からのお申し込み

という3つの流れからお見合いが決まります。

日時と場所を決める

お見合いが成立したら、カウンセラーが日程の調整を行います。
双方より都合を聞き、無理のない時間と場所を設定します。

待ち合わせ場所はホテルのフロントやロビー、お見合いはホテルのティーラウンジやお洒落なカフェなど落ち着いてお話できる場所が多いです。

お見合いする

日時と場所が決まったら、晴れてお見合いスタートです。
待ち合わせ場所でお会いしてもらい、そのまま二人で近くの喫茶やラウンジなどへ移動し、お話します。

お見合いでは、相手のプロフィールを事前に確認することが大切です。
お住まい、職業、趣味、休日など会話のきっかけに繋がりそうな点を頭に入れておくと良いでしょう。
どれだけ時間がなくても最低限、これだけは怠らずに行なってください。

短い時間の中で自己紹介と、お互いの結婚観の確認やお相手への気持ちを伝える必要があるので、当日どうしていいかわからない・・・ということがないように、事前に話題を考えたり、話し方を練習するようにしましょう!

お見合い終了後

お見合い後は、建物の出口まで一緒に歩いてそこで別れるか、お見送りする場合は会場の最寄駅までにしましょう。
その際、「今日はありがとうございました。お気をつけてお帰りください。」とお礼を忘れないように。

その後、お見合いの感想を担当カウンセラーへご連絡します。
もう一度お会いしたい、交際したい、今回はご縁がなかったなど、正直な気持ちをお話ください。
お互いが再度お会いしたいと希望すれば、担当者を通して連絡先(電話番号)を交換し、交際スタートとなります。

最初の連絡(ファーストコール)はとても大事なので、男性には女性の連絡希望時間をお伝えします。
その時間に連絡をし、次回のデートの約束などに繋げていきます。

■お見合いで6つの基本マナー

お見合いで最も気を付けるべきポイントは、相手に与える印象です。
お見合いはたった1時間の間にお互いを知り合い、自分の結婚相手としてふさわしいかどうかを判断しなければなりません。
同時に、相手に判断される場でもあるため、第一印象が非常に重要になってきます。

お見合いでは「ありのままの自分」では、相手に受け入れてもらうのは難しいでしょう。
無理に振舞ったり、自分を偽る必要はありませんが、お見合いでは相手に好印象を持ってもらえないと次に繋がることはありません。
ですから、お見合いでは最低限のマナーを肝に銘じて臨む必要があります。

異性に好感を持つポイントは人によって様々ですが、お見合いでは最低限のマナーを守ることが求められます。
恋愛では見た目の好みや、一緒にいて楽しいという基準で判断される方が多いと思いますが、結婚相手となると、常識やモラルを備えていることも求められるためです。
せっかくの出会いのチャンスを無駄にしないためにも、日頃から行動を見直し、実践しましょう!

ここでは、初めてのお見合いで気を付けるべきポイントについてお伝えします。

1.服装に関するマナー

お見合いでは、「結婚」を前提にお相手を探しているので、初めて会う瞬間の服装や身だしなみなどの第一印象は最も重要です。
いくら外見が良くても、穴が開いたデニムのパンツや露出度の高い服装でお見合いに来ては、それだけで相手に与える印象が大きくダウンしてしまいます。
「結婚相手としてどうかな?」と、あなたは相手の異性から見られているのだということを忘れずに、服装選びにおいても「異性が結婚相手に求めるもの」を意識しましょう。

男性の場合は、スーツ(夏場はクールビズ、シャツにネクタイ程度で可)が基本です。
カジュアルなお見合いの場であっても襟付きのシャツやジャケットは着用し、スニーカーやサンダルは避け、革靴を履くのがマナーです。

女性の場合は、胸元や肩、足を極端に露出する服装は避け、ブラウスにフレアータイプのスカートやワンピースなど明るく清楚な格好が理想です。

お見合いでは、突き抜けたおしゃれや目立った装いは不要です。シンプルかつ清潔感のあるスタイルを目指しましょう!

2.行動に関するマナー

お見合いでは、待ち合わせの時間に遅れないようにするのは大前提ですが、待ち合わせのお見合い会場には20~30分前に到着していることがベストです。
特に夏場の暑い時期だと、女性は化粧直しをしたり、汗をふき取るなどのエチケットを済ますことが必要です。

また移動中、事故や渋滞など想定より時間を要することもあります。
会場に向かう途中でトラブルが発生する可能性もあるので、時間には十分に余裕を持って行動しましょう。

初対面では、時間に正確かどうかも第一印象を決める重要なポイントになります。
万が一、待ち合わせの時間に遅れる事態になったら、仲人になるべく早めに連絡を入れてお詫びをすることを忘れてはいけません。

またお見合い中は、相手によく見てもらおうと、お見合い相手に対する言動には十分に注意を払うと思いますが、忘れがちなのがお見合い会場の店員さんやスタッフの方に対する態度です。
相手は「一体どんな人なんだろう」と、お見合い相手のことをよく観察しています。
そのため、お見合い中以外でもお店に入る時や注文をする時、また、エレベーターでの作法なども相手の印象を大きく左右するポイントになるのです。

日頃から心がけていれば全く問題ありませんが、お見合いのマナーとしても、相手だけでなく、店員さんに対する言動も丁寧に誠実さを持って接することを心がけましょう!

3.会話に関するマナー

お見合いでは、何を話していいかわからないと悩む方も多いと思います。
初対面の相手とどれだけ楽しく会話できるかどうかで、次に繋がるかが決まります。
基本は相手を楽しませることを意識するようにしましょう。

短時間で仲を深めるためには事前の準備が大切です。

まず、会話の基本はキャッチボールです。
一方的にしゃべり続けたり、相手から話してくれるのを待つという姿勢ではいけません。
人見知りで会話があまり得意でないという方も、コミュニケーションを取ろうとする努力は必要です。

笑顔で挨拶する

お見合いでは、初対面で緊張してうまく話せないということがよくあります。

うまく話せるかどうかよりも、一生懸命話そうとする姿勢が大切です。
その際、笑顔を意識して話すことができると、相手にも安心感を与えて、話しやすい雰囲気を作ることができるでしょう。

相手のプロフィールを熟知する

お相手のプロフィールをしっかり熟知し、職業や趣味など会話のきっかけに繋がる話題を事前に収集しておきます。

たとえ興味のない話題でも、共感することから相手の印象が違ってきます。
無理なく楽しい会話ができるように、想定できる話題や情報はしっかり準備しましょう。

アイコンタクトや相槌をする

会話の内容を意識しすぎて、笑顔やリアクションが不自然になってしまい、空回りしてしまうことはよくあることです。

お相手が話している時は、「なるほど」「わかります」「すごいですね」など相槌やアイコンタクトをして、しっかりリアクションしましょう。
そうすることで、自然と会話も弾みやすくなります。

そして、相手に「話をちゃんと聞いてくれている人だ」と感じさせることが大切です。
相手は自分の話を聞いて理解してくれる人だというプラスの印象を受けます。
会話中は相手の目を見て、どんな状況でも気を抜かず、興味を持った対応を心がけましょう。

次に繋がる楽しい話題づくり

お見合いを成功に導くためには 「もう一度会いたい」と相手に思わせることが必要です。
そのためには、相手に興味を持ち、次の約束に繋がるような会話をすることが大切です。

趣味や休日の過ごし方、よく行く場所など、相手の興味のあることや好きなことを聞くことで、そこから話を展開していき、次の約束を提案すると良いでしょう。

相手の良いところを見つける

お見合いでどうしてもやってはいけないこと、やってしまうことは減点方式で相手を見てしまうことです。
理想ばかりを追い求めて、少しでもダメなら次へ切り替える、これではなかなかうまくいきません。

相手に敬意を表し、どんな相手に対しても誠実な態度で接しましょう。
そして、欠点ではなく、なるべく相手の良いところを見るようにしましょう。

そうすることで、視野が広がり、お見合い自体が楽しくなり、素敵な出会いに繋がるはずです。

4.支払いに関するマナー

当日の支払いは原則男性側が行います。
仲介者がいる場合は、仲介者の分も含めて全て男性がお支払いをします。

その際「本日は私が持ちます」とわざわざ宣言するのはやめましょう。
わざわざそう言われてしまうと、女性も気を使って恐縮してしまいます。
そろそろお開きかな?といったタイミングで、お手洗いに行くふりをしてさりげなく一緒に会計を済ませておくとスムーズです。

また、女性側は当然ですが、支払っていただいたら必ずお礼を言いましょう。
男性が目の前で会計を済ませるようなシーンでは、自分も財布を出して、「おいくらお支払いいたしましょうか?」と確認する心配りは大切です。
女性だから奢ってもらって当然、という態度は、男性にとっては大きな悪印象を与えてしまいます。
「ごちそうさまです」と一言お礼を添えることで、相手に与える印象が良くなります。

また注文の際は、なるべく双方、相手が召し上がる価格帯と量をできるだけ合わせるように心がけましょう。

5.礼儀に関するマナー

お見合い相手に関わらず、誰かに何かしてもらった時は感謝の気持ちを言葉にして伝えるのが筋です。
お礼をしっかり伝えた場合とそうでない場合とでは、相手に与える印象も大きく変わってきます。

結婚相談所のお見合いでは、お見合い後に相手と仮交際へ進むことが決まったら、お互いの連絡先を交換することになります。
相手の男性からファーストコール(お礼の電話)が来たら、まずお会いできたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

お礼のメールをするまでに時間を空けすぎてしまうと、「あまり乗り気じゃないのかな?」「このまま仮交際を続けて良いのかな?」などと、相手を不安にさせてしまいます。
ですから、お見合い後やデートの後などは、早めにお礼のメールをすることが大切です。
そうすることで、相手に感謝の気持ちが伝わり、互いに良い雰囲気でお付き合いをすることができるでしょう。

また、お礼のメールをする際は、内容や言葉遣いにも気をつけましょう。
「今日は○○さんとお会いできて嬉しかったです」「また、ゆっくりお話させていただきたいです」「今度、ご飯でもどうでしょうか?」などと、感謝の気持ちを言葉にしながら、「また会いたい」という気持ちを織り交ぜてあげると効果的です。
その方が、相手にも会いたい気持ちが伝わり、次のデートへ繋がる可能性が高いです。
悩み過ぎて長文になりすぎないよう注意しましょう!

相手からお礼メールやラインが来た場合は、なるべく時間を空けずに返信をし、こちらもお礼を伝えましょう。
例えば、デートのお礼などは、会った時の互いの印象を忘れないためにも早めに連絡することをおすすめします。

また、返事が遅くなってしまった場合は、「すみません、今帰宅しました」「今日もお疲れさまです。メールに気が付くのが遅くなり、すみません」など、申し訳ない気持ちを一言伝えるだけで、相手に嫌な思いをさせずに良い印象を残すことができます。

6.連絡先交換に関するマナー

お見合い時の当人同士での連絡先交換(名刺交換を含む)は禁止です。
プライバシー保護やトラブル等を防止するためです。

お見合い終了後、仲人にお見合いやお相手の感想、率直な気持ちを伝えて、お互いにもう一度お会いしたいと交際を希望された場合は交際となり、仲人を通して連絡先(携帯番号)が通知されます。
初回(ファーストコール)の連絡時間は仲人が時間を調整します。
そこで、初めてお相手と直接コンタクトが取れるようになります。

■恋愛結婚にはない幸せの形

ここまでお見合いについての歴史や、現在のお見合いスタイルなどをご紹介してきました。
ここからは、そんなお見合いで気になる実態についてご紹介します。

・お見合いから恋愛に発展するの?

お見合い結婚は出会い方が「お見合い」というだけで、後は普通に恋愛して結婚します。
現在のお見合いも、釣書やお見合い写真を交わす正式なものばかりでなく、親や職場の上司が勧める相手にちょっと会ってみる、といった気軽なものも増えています。
恋愛結婚の場合も、サークルやクラブでの出会いがあれば、職場や仕事先での出会い、友人・知人からの紹介など、実に様々です。

つまり、どこまでが恋愛結婚で、どこからがお見合い結婚になるかという境界線は、婚活する当事者の考え方によっても変化してきます。
お見合い結婚も恋愛結婚も「出会い方が違うだけ」で、そこから愛を育てていくという点は同じではないでしょうか。

結婚とは、全くの他人同士である男女が夫婦となり、一つの家庭を築いていく行為です。
人生における最大の決断であり、人生の新たなるスタート地点ともなります。
ですから、ほとんどの人は、結婚生活が夫婦円満で「幸せになること」を望みますよね。

もし、お互いの結婚に対する最終目標が一緒なのであれば、ここで重視すべきことは、どのように出会ったのかという「出会い方」ではなく、どのような人と出会い、そして、その出会った人とこれからどう歩んでいくのかという「目的意識」の部分です。

そこで、恋愛かお見合いかどうかに縛られる必要はありません。
自分自身が幸せになれる出会いを求めて活動されることをおすすめします。

お見合い結婚は幸せになりやすい?

恋愛結婚に比べると、お見合いのイメージはイマイチと感じる人も多いようですが、お見合い結婚は幸せになりやすいとの話もあります。

お見合いとはそもそも「結婚」を前提に考えられた出会いの仕組みです。
相手の経歴など結婚の条件を見てから納得してから会うことを決めて、そこからお見合いとなります。
それだけに、結婚に向かっていく過程で無駄がありません。

「結婚」という目的がはっきりしているので、最初から結婚の二文字を前提に話し合うことができます。
これが恋愛なら、交際が始まったばかりの段階で相手に結婚の話題を出されることは少々負担になってしまう可能性があります。
急かされているように感じたり、がっついていると思われて引いてしまうこともあるでしょう。

お見合いなら、何らためらうことはありません。
逆に、ずるずると結論を長引かせることの方が相手の時間を奪うこととなり失礼です。
恋愛でありがちな男女間の駆け引きも必要ありません。

そのため、結果が出るのが早いのも特徴です。
一般的にお見合いから3ヶ月以内で結婚するかどうかを決めることが多いです。

恋愛や婚活パーティーなどに参加する人の結婚観はまちまちです。
数年付き合ってから相手に結婚するつもりがないと分かったら悲劇です。

恋愛では友人の紹介などで出会うことが多いでしょう。
それに対して、お見合いでは自分の生活圏内では出会えなかった好条件の相手を紹介してもらうことも可能です。
結婚後の不満の大半は経済的な問題に由来します。
お見合いでは最初に条件を重視するため、安定した経済力をもつ相手を選ぶことになります。
結果として生活もゆとりがもてるでしょう。

このように、少し意外に思われるかもしれませんが、お見合い結婚でも結婚後の夫婦仲は良好です。
燃え上がるような恋愛こそないかもしれませんが、お見合いは結婚後からが本格的な関係のスタートです。
恋愛結婚では結婚がピークなのに対して、お見合い結婚ではゆっくりと愛を育てていくのです。

お見合い結婚で後悔しないために

理想のパートナーを見つけ、結婚まで早く辿り着けて、離婚しにくいとも言われるお見合い結婚ですが、もちろん良いことばかりではありません。
では、具体的にお見合い結婚で後悔することや失敗しがちなことはどんなことがあるのでしょうか?

  • 条件だけで見てしまうことが多く、本来の相手の人柄を見誤る可能性がある
  • 結婚後に相手の社会的立場や経済的条件が変わった時に愛が冷める可能性がある
  • 結婚相談所を通じたお見合いでは性的な婚前交渉が禁止のため 、体の相性が合わない可能性がある
  • 親主導のお見合いだと、結婚後も何か決めるたびに相手の家族が口出しをしてくる可能性がある

など、些細なことでも、きちんと結婚前に話し合いをしなかったり、深く考えずに結婚してしまうと、後々こんなはずじゃなかった・・・と後悔してしまうことがあります。

また、結婚後によくあるトラブルとして、

  • 子供について
  • 両親の介護について

この2つが挙げられます。

例えば、結婚前にお互い子供はいらないと思っていたが、結婚して生活を送っていくうちに一方が子供について前向きに考えるようになったり、自分や相手の両親が病気になってしまったりした場合。
結婚する前や結婚当初には考えていなかったことが次々に起こり、気持ちの整理ができず、こんなはずじゃなかったと逃げ出したくなる人もいるようです。

もちろん、これらは突然の出来事でどちらかが悪いわけではありませんが、夫婦(家族)の問題なので、真剣に向き合っていかなければなりません。
お見合い結婚の場合は特に、最初にプロフィールなどの情報を基に知り合い、デートを重ね、お互いの価値観は十分に話し合えていると思っている人たちが多いのです。
そのため、一度「条件」が崩れてしまうと、交際期間が短い二人の間に残るものは「条件外の人」となってしまい、そのまま破綻してしまう可能性があります。

しかし、一度結婚したらなかなか離婚もすぐにはできません。
それも子供が産まれると尚更後戻りはできなくなるので、結婚してから気が付くのでは遅すぎます。
そうならないためにも、結婚する前には、こういったリスクは回避できるように、十分話し合う必要があります。

■まとめ

恋愛結婚、お見合い結婚、どちらにも特徴があり一概にどちらが良いということはなく、自分にとって向き不向きもあるかもしれません。

お見合いは、お相手の人柄と自分との相性を重視するために、とても効率的な方法です。
ネット婚活やパーティーとは違い、多くの人と出会ったり、片っ端からアプローチすることはできませんが、1回1回の出会いに力を注ぐことができ、相手の異性も高い意識を持っているので、より結婚の可能性が高まるというメリットもあります。

さらに結婚相談所の会員として入会すると、お一人おひとりの異なる価値観に合わせて、担当アドバイザーがマンツーマンであなたをサポートしてくれます。
そのため、初めてで不安・・・一人ではどうしていいかわからない・・・という方も安心して始められます。

ブランセルでは、皆様の婚活でのお悩みにお答えし、ご希望に合った幸せの形をご提案いたします。
お見合いに関してはもちろん、結婚に関するあらゆる疑問やお悩みにしっかりとお答えさせていただくことで、皆様の不安を取り除き、安心して出会いをお探しいただくことが可能です。
「一度、話だけでも聞いてみたい」という方、まずはお気軽にお問い合わせください。
ブランセルで自分に合った方法で幸せの形を手に入れましょう!

関連記事

  1. ジバンシーリップ

    秋冬だけど、婚活は明るめなカラーで攻める!

  2. お見合いカバン

    男性のお見合いカバンで失敗しない方法と選び方

  3. 趣味といえるものがあるか、ないか

  4. お見合いの進め方は?短期集中が成功への近道

  5. お見合いプロフィールは自己PRが勝利の決め手

  6. ひらめきと感

    「なんとなく」「ピンとこない」は出会いで損をしている

  7. お見合いの決め手は?相手を見極めるポイント

  8. お見合いファッションのコーディネートもサポート!

  9. お見合いルールとは?基本を抑えて成功者の道へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

恋活婚活☆成功者続出のブランセル人気セミナー

<ブランセルが応援する大人の恋活婚活力向上☆婚活の魔法セミナー>交際が長く続かない、コミュニケーションが下手、異性にモテたい、幸せな出会いを引き寄せたい、婚活に疲れてしまった、早く幸せになりたい…このようなお悩みを抱えていませんか?ぜひ、ブランセルの人気セミナーへお気軽にご参加ください!詳細はコチラ