お見合いの決め手は?相手を見極めるポイント

結婚を決める時、「好きだけど本当にいいのかな?」と悩んでしまうことがあると思います。
悩めば悩む程、どうしていいかわからなくなり、結局答えが出ないまま婚期が遅れてしまうケースが多いです。
では、お見合いでの結婚の決め手は何なのでしょうか?

今回は、お見合いでの結婚の決め手やお見合いでよくあるお悩みについてご紹介します。

■お見合い結婚の決め手

結婚相談所に入会し、何度もお見合いはしたけれど、どうしても相手を決められないという人も多いのではないでしょうか。
見極めるポイントを知ることができれば、きっと相手と向き合うことができます。
ここでは、お見合い結婚の決め手と相手を見極めるポイントについて紹介します。

・婚活男性の結婚の決め手は「安心感」

男性が結婚を決める時の決め手を検証していきます。

一緒にいて安心感がある

男性は、結婚を考える時に「安心感」を求めます。
結婚したら、家が一番落ち着く場所にしたいと思う男性は多いです。
毎日仕事に追われて、ストレスや疲れを感じているので、家庭ではゆっくり安心して過ごせる環境を求めている傾向があります。
仕事でどんなに疲れて帰りが遅くなっても、温かいお風呂や美味しいご飯が用意されていたり、奥さんが笑顔で迎えてくれるだけで、ホッと癒やされるものです。

男性が求める女性の安心感の一つは話を聞いてくれる女性になります。
仕事や人間関係など日々いろいろなことがありますよね。
それを奥さんに話すことで心の整理に繋がるということもあるようです。
そのため、どんな些細なことでも、自分の話をしっかりと聞いてくれる女性を求める人が多いのです。
自分の味方でいてくれたり、優しく話を聞いてくれると、会社で嫌なことや何か問題が起きても、前を向いて仕事に臨めるのです。

家庭的

男性は、家庭的な女性を求めます。
特に料理のできる女性に非常に魅力を感じるのです。
男性は少し単純なところがありますので、お弁当や手料理を作ってもらうと気持ちが女性に向いていくのです。

結婚してから料理ができるようになる女性もいます。
結局のところ男性は、女性の努力でキュンと心をもっていかれるのです。

結婚を決める時の判断材料として家庭的とは、結婚を決断させるのにふさわしいかどうかを見極めるポイントの一つとして重要項目に入れている男性は、非常に多い傾向があります。

無理をしないで自分を出せる

恋愛でも結婚生活でも無理していては長続きしません。
結婚してまで、無理をして自分を出せない生活を望む男性は存在しません。

同じ空間にいて安らげない人や、会話していても楽しいと思えない人とは長続きしませんよね。
毎日一緒に過ごす相手には、そばにいるだけでリラックスできたり、飾らない自分を見せられたりすることも大切です。

結婚生活において気を遣い過ぎるのは、ストレスが溜まり離婚の恐れがあるので、注意が必要になります。
そのため、毎日でもその存在を感じて安心できる居心地の良い人が求められるのでしょう。

・婚活女性の結婚の決め手は「安定性」

では、女性が結婚を決める時の決め手は何なのでしょうか?

生活が安定できる

女性は、「結婚=生活」という考える傾向があります。
結婚を決める時、本当に生活ができるのか考えるのです。

こんな話をすると、結局年収や貯金などお金でしか見てないのでは?と思う人もいると思いますが、結婚を決断をする女性ならごく自然なことです。

それは、男性の年収と自分の年収を計算して生活をしなくてはいけないからです。
男性はあまり細かいことを考えない傾向にある為に、そんな女性を批判する人もいます。

しかし、結婚生活を継続していく中でお金は必要不可欠です。
女性は現実的で、毎月の収入から家計をやりくりしたり、計画的に貯金するなど、経済観念がしっかりしている人が多いため、男性にも経済力を求める傾向があります。
収入が多ければ、結婚後に快適な生活が送れると考えるからです。

年収が高く、たくさん稼ぐという人だけではなく、勤続年数が長かったり、安定的に仕事している人も好まれます。
たとえ希望年収に達していなくても、これまで仕事を続けてきて、堅実に貯蓄をしている人もいるでしょう。
ある程度の貯蓄があることは、常識的な金銭感覚を持っていて、浪費癖がない、ギャンブルをしないなどの安心材料になるため、女性に人気のポイントになります。

浮気しない

女性は、浮気しない男性を結婚相手に求めます。当然といえば当然のことです。
結婚する前に本当に相手の男性が必ず浮気をしない確証はありませんが、それでも浮気しないか考えてしまうのが女心だと言えます。
浮気の心配で不安になってしまうと、女性は結婚の決断ができなくなるので、男性の人は気を付けましょう。

自分のことを大事にしてくれる

女性は、何歳になっても、結婚しても、愛する人には大事にしてほしいと思うものです。
結婚の決め手では、「一生大事にしてくれるか?」を考えて決断をします。
女性が求める大事にされているという行為は、例えば「家事を手伝ってくれる」「愚痴を真剣に聞いてくれる」「記念日を忘れる事なくお祝いをしてくれる」という感じで、「大事にされている」と感じるのです。
男性なら当たり前の優しさをさり気なく女性に実行をしてあげると好印象アップ間違いなしです。

・30代40代の結婚の決め手は「価値観」

30~40代になると、勢いのあった20代の頃とは結婚観が少し違ってくるものです。
それでも結婚に踏み切った決め手には、一体どんなものでしょうか?

嫌なところがなかった

30~40代にもなると、見てわかるような魅力あふれる人はほとんど既婚者。
そうなると、結婚相手の選び方として好きから始まる恋愛が難しくなってしまいます。
しかし、好きな気持ちはお付き合いしていくうちに追いついてくるものです。

だからこそ、相手にどうしても受け入れられない嫌なところの見当たらないことが結婚相手の決め手となるようです。
嫌なところがなければ、時間の経過とともに好きが増えてくる、生活を共にしても問題はないということなのです。

大事にしてくれるから

30~40代になると、そもそも異性との出会いも少なくなっていきます。
出産や年齢的なことを考えると、あんまりのんびりしている時間もありませんが、結婚相手ともなると慎重になってしまったり、年齢を重ねれば重ねるほど、躊躇してしまうものです。

そんな迷いの中でもお相手の男性に大事にしてもらうことで「こんなに大事にしてもらえるなら幸せになれるかも」と気持ちが動く女性もいます。

マイペースでいられる

30~40代になると男女ともに、大きな変化のない結婚を望む傾向が出てくるもの。
ある程度歳を重ねると落ち着きも出てくるため、自分のペースが崩されるような結婚は選択しづらくなるのです。

特に、今まで一人暮らしで独身を謳歌していた人にとって、生活環境の極端な変化は気持ちが追いつかないものであるでしょう。
そのため、見知らぬ土地に嫁いだり、結婚相手のご両親と同居することになったりすることは避けたいと考える人もいます。

結婚しても現在の居住地から離れすぎない場所で生活でき、結婚してものんびり今のままマイペースでいられることが重要と考える人にとっては、大きな結婚の決め手となるようです。

話し合いができる

二人の間に問題が起きても話し合いで冷静に解決できる、そんな一面があることも結婚相手の選び方の決め手です。
若いうちは感情的になりがちで、喧嘩が絶えないということもあるかもしれません。
しかし、年齢を重ねるごとに様々なことを経験して丸くなっていくものです。

結婚生活の中では、話し合いが必要な場面がいくつも出てきます。
家事や生活費、お互いの両親の世話や子供が産まれたら教育方針、家の購入や引っ越し、転職など大きな決断を迫られる時など、幾度もの話し合いが必要になってきます。

そのため、話し合いで解決できることは結婚の決め手となるようです。

相手のご両親が素敵だった

少し結婚が遅めになってしまう人の中には、慎重になりすぎてしまうという側面があるものです。
好きな人と一緒になっても親御さんとの関係が上手くいかずに悩んでいる人はたくさんいます。
結婚によってどんなふうに自分の生活が変化していくのか、自分は嫁ぎ先に受け入れてもらえるのか、不安は尽きません。

しかし、お相手のご両親が温かく接してくれたり、理想の熟年夫婦の姿を見たりすることで、結婚しても大丈夫だと思えるようです。

価値観が同じ

好きという情熱だけで結婚は成り立たない、そんなシビアな視点を忘れないのも30~40代の特徴です。

一緒にいる上で、価値観が合うかどうかはとても大切です。
もちろん、価値観が全く同じという人はいませんが、あまりにも価値観が違いすぎると、喧嘩が耐えなかったり、意思疎通ができなくなってしまいます。

その中でも、将来の理想の家庭像が同じということは結婚相手の選び方における決め手として間違いないと言えるでしょう。
そのため、価値観が合うかどうかは非常に重要になってくるようです。

■結婚相手を見極めるポイント

結婚相手としてふさわしいかどうか、デートを重ねて相手をよく知ることは大切ですが、何の進展もなくダラダラとお付き合いをしてしまうと時間を無駄にするだけでなく、相手に対し失礼にあたる場合もあります。
特にお見合いでは「交際3ヶ月ルール」や短期間で成婚することを目標に掲げている人も多いので、なるべく短い期間で相手を見極めて互いに効率の良い婚活を進めていきましょう。

結婚相手を見極める時は、見た目で判断するのではなく、相手をよく知った上で決めると良いでしょう。
例えば、自分の好みではないからといってすぐにお断りをしてしまうと出会いを減らすことになってしまいます。
出会ってすぐに相手のことを知ることはできません。
何度も会っていくうちに相手の性格や考え方などがわかり、意気投合してそこから交際や結婚へ至るケースもあるので、しっかり向き合い、相手を見極めましょう。

・今出会っている人と真剣に向き合う

出会いの数が多いほど、素敵な人に出会える可能性が高くなります。
しかし、見極めるポイントやタイミングを間違えると、せっかく出会えた素敵な相手を遠ざけて結婚を逃がしてしまう場合もあります。

お見合いで大切なことは、一人ひとりと向き合い、目の前の相手を真剣に考えてみることです。
まずは、相手の良いところを見つけて将来の結婚生活を重ねてみてください。
そうすることで、「もっと一緒にいたい」「もっと相手を知りたい」など、自分の中の新たな気持ちに気がつくこともあります。

・条件やスペックにこだわりすぎない

婚活している人の中には、顔や年齢、職業、年収など、少なからず希望条件を持っている人も多いと思います。
理想の条件を持つことは大切ですが、1つのことにこだわりすぎてしまうと、せっかくの出会いを遠ざけてしまう場合もあります。

しかし、結婚相手への条件はあくまでも目安です。
まずは、自分のこだわりは置いておき、いろんな人との出会いを楽しんでみましょう。
視野を広げてみることで、出会いを純粋に楽しむことができるようになります。

・最初から好きかどうかは重要ではない

お見合いをしたけど、どうしても交際まで進む気になれないという場合は、お互いをよく知る前から恋愛感情や「好き」という気持ちを求めている可能性も考えられます。
そもそも、お見合いは一般的な恋愛とは出会い方や始まり方が違います。
恋愛は、お互いに好きという気持ちがあって交際へ発展しますが、お見合いは「気になる」という気持ちがあれば、交際へ進むことは普通のことなのです。
結婚相談所のお見合いは、結婚をしたい者同士が互いにパートナーを見つけるために行っています。
ですから、「最初から好き」という気持ちはそれほど重要ではないのです。
大切なのは、相手に興味を持って接することです。

■お見合いでよくあるお悩み

お見合いでせっかく出会っても、なかなか思うような出会いに恵まれなかったり、悩みは尽きないものです。
ここでは、お見合いでよくあるお悩みについて解決方法をご紹介します。

・結婚相談所へ登録するか迷った時の決断

結婚したいけど、結婚相談所はちょっと・・・と抵抗を感じる人も少なくありません。
しかしながら、婚活は開始時期の違いが後の活動の進展具合に大きく影響します。
結婚相談所では男女問わず、できるだけ早い時期に登録した方が有利なことは言うまでもありません。

普段の生活では出会いはないものの、いざ結婚相談所に登録するのはなんだか気が引けるという方はとても多いものです。
相談所に登録するかどうかを散々迷った挙句、登録をやめておくことを選択した場合、そのまま出会いのない生活を送ることになり、何年か経ってからようやく重い腰を上げる人が多くいます。
しかしながら、迷っている時間が長ければ長いほど、あなたの婚活市場での価値は下がっていくことになります。
活動を始めてからようやくその意味を実感するようになることでしょう。

結婚相談所に登録し活動を始めてみると、自分がどのような状況に置かれているのかを感覚的に把握できるようになります。
思っていた以上にまだまだチャンスがありそうなのか、思っていた以上に現実は厳しいと感じるのかは人それぞれでしょう。

いずれにせよ、日常の生活の延長での出会いに期待できない場合、結婚という同じ目標を持った人が集まる結婚相談所の中での自分の立ち位置を知ることは、結婚に向けた第一歩です。
いつまでも迷っているだけの自分と、一歩を踏み出した自分とでは、結婚に対する意識が大きく変わってくることは間違いないはずです。

それでも不安な人は、入会時にかかる費用が少ない相談所を選ぶと良いでしょう。
もし、登録後に失敗したと思ったら、きっぱりと見切りをつけて他の相談所に登録し直せば良いのです。
初期費用の安い相談所であれば、後悔することもなく違う相談所で活動を再開できるでしょう。

・お見合い相手にときめかない

お見合いしてお会いしてときめなかい・・・と悩む人は多いです。
しかし、そう感じる人の多くが見た目やステータスだけで人を判断していることが多いです。
たとえイケメンや美女で高収入でも、性格が悪ければ結婚相手として成立しません。

ときめく相手を見つけたいなら、まずは相手に興味を持つことです。
あなたが知らないこと、持っていないもの、自分と共通点がない相手とも仲良くすると、ときめきを感じることができます。
見た目やステータスで判断すると、薄っぺらい関係で終わってしまいます。
「この人はどんな良いところがあるのかな?」と興味を持つことで、見えてくるものがたくさんあるのです。

そして、ときめく出会いには魅力が欠かせません。
ときめく出会いを手に入れるためには、自分が相手にときめきを求めるように、あなた自身がときめく人でなければなりません。
条件ばかり並べていても、釣り合いがとれないと無理が生じます。
恋人ができて交際を続けても、魅力がなくなると、ときめきが薄れ、別れたいと思うようになってきます。
恋人から尊敬されて魅力があれば、ずっと一緒にいたいと思えます。
お互いに価値観の違いや自分が知らない世界を認めてこそ、ときめきのある関係でいられるのです。

・お見合いするか悩む

あまりタイプじゃない人からの申し込みで会うべきか悩む人も多いと思います。
自分の理想とは少し違うけれど、条件等は申し分ない相手からの申し込みにOKするかどうか迷うことは誰しも必ずあることだと思います。

自分の思い描いているお相手像とは違うからとお見合いするのを断り続けていくと、いつまでも理想のお相手探しを続けることになり、やがて疲れてしまい活動をやめてしまうケースが多くなります。

自分の思い描いているお相手像とは違うタイプでも、もしかしたら会ってみると相手の良いところが見つかるかもしれません。
限られた時間を有効的に使うためには、どんな出会いも積極的に楽しむことが大切です。
そうすることで、今までの自分の価値観とは違う視点に気がついたり、出会いの可能性も広がるでしょう。

・お見合いの終わり方がわからない

お見合いで盛り上がりすぎやり、また思うように会話が続かず、終わり方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

お見合いは短すぎても長すぎても上手くいきません。
そのため、お見合い時間は1~1時間半を目安に行ないます。

初めてのお見合いでは緊張してうまく話せなかったり、場に馴染めず疲れてしまうので、短時間で済ませるのが良いでしょう。
ちょっと短いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、短くすることで、「もう少し話したい」「またお会いしたい」という気持ちになりやすいのです。

それでも、話が盛り上がりすぎて、時間を忘れて話し込んでしまうこともあるでしょう。
その時は、お見合い開始時間に合わせて携帯電話のアラームをバイブで1時間後に設定しておきましょう。

お相手に悟られることなく、自然と会話の終わりにチラッと時計を見て「もうこんな時間ですね!今日はありがとうございました。」と言うと、たいていは「そうですね」とお見合い終了の流れになります。
女性ならお手洗いに行き、席に戻ったら「ちょうどお時間でしたね。今日はありがとうございました」と言ってみるのも良いかと思います。

時間を気にし過ぎて、チラチラと時計を見ると「もう帰りたいのかな?」と相手に不快に思われてしまうので、あくまでもさりげなく切り上げるようにしましょう。

・婚活での告白の決め手

結婚を考える前に、お見合いで交際するか悩んだ時は、「早く結婚したい」という気持ちと、「焦らず相手を見極めたい」という矛盾する感情が見えてきます。
しかし大前提として、婚活で焦りは禁物です。
周囲から「早く結婚したら?」と圧力があっても、焦って結婚した結果を背負うのはあなた自身だからです。

結婚はできたものの、夫婦生活がうまくいかなければもっと取返しのつかない事態に陥ってしまいます。
焦る気持ちはひとまず抑えて、冷静な審美眼を養いましょう。

婚活中は悩みが増えて視野が狭まりがちなので、いろいろな視点から現状を見つめ直すことも大切です。

直感を信じる

ある研究によると、人間の直感は90%的中するものだと言われています。
これは人間に対して興味や恋心を抱く時も同じです。
「この人好き」「なんかいいなぁ」そう感じられる相手がいたら、その直感を信じてみてください。

好きのラインは低くていいのです。ドキドキときめくことだけが好きの意識ではありません。
まずは、恋愛しよう!というスイッチを入れることから始めていきましょう。

交際期間は気にしなくていい

お付き合いしてから結婚するまでにどのくらいの期間を過ごしたのか気にする人も多いと思います。
しかし、交際期間よりも重視したいことがあります。
それは、自分の未来を思い描いた時に、現在気になっている相手といる自分がイメージできるかどうかです。
もし、一緒にいることをイメージできなければ、あなたが相手に対して不信感や不安を抱いていることが考えられます。

最初から100%好きでなくていい

婚活中に出会う男性のことを「100%好きにならなくてはいけない」と思い込んでいませんか?
これから先共同生活することを考えると、ただ楽しく付き合えればいいというわけにはいきません。
また、失敗したくないという思いから、相手のことを100%好きになって受け入れていかなければ、と自分自身へプレッシャーをかけてしまっているかもしれません。
たしかに相手を見極めることは大切ですが、完璧さを求めてはいけません。
この場合は、「好きかどうか」ではなく、「嫌いでないかどうか」を基準に考えてみることで精神的にゆとりが持てます。

妥協できる点は妥協して、でもそれ以上に好きなポイントを見つけられるかどうかは、結婚後に共同生活を送っていく上でも大切な考え方です。

一緒にいて楽かどうか

結婚も見据えた将来のパートナーには一緒にいて楽かどうか、居心地の良さを求める人も多いでしょう。
何か問題が発生した時、一緒に乗り越えていけそうな相手かどうか、決め手に悩む場合は、「もしこういう状況に陥ったら?」とイメージしてみることも有効です。

金銭感覚が合うかどうか

価値観や性格は交際中にも知ることはできますが、借金については知る機会がないと思います。
また、こうした質問は面と向かって聞きづらいですよね。

しかし、結婚を前提とするなら、お互いの借金は明らかにしておきたいものです。
反対に、お金の話題を極端に避ける相手は怪しいです。
共同生活を送る上で重要な経済感覚のすり合わせができる相手かどうか、ぜひチェックしましょう。

・お見合いで結婚に踏み切れない

お見合いで相手に出会っても結婚に踏み切れないと感じている人も少なくありません。

お見合い相手と交際から結婚に至る決め手は人それぞれです。
一般的には、第一印象が良かったり、会話の中で「この人と一緒にいると楽しそうだ」「もっとお話してみたい」「仲良くなりたい」などと感じて、交際を決める方が多いでしょう。

お見合いで交際を決めたからといって、必ず結婚しなければならないということではありません。
まずは、異性の友達としてお付き合いしていくことを考えましょう。
恋愛は何度もデートを重ねていくうちに発展していくものですし、最初は恋愛対象として考えていなくても、気が付くと好きになっていたという可能性もあります。

結婚をするかどうかということは交際中にじっくり考えれば良いのです。
お見合いの席では必要以上に結婚後のことを心配することはありません。

結婚したいという気持ちが少しでもあるのであれば、デートしてみて一緒にいて居心地が良いか、価値観は合っているかを結婚の決め手にすると良いでしょう。

■まとめ

お見合いは、誰でもいいから結婚したい人がする最終的な手段ではありません。
冷静に結婚相手を選ぶことができる婚活の一つです。
お見合いには、男性同様、女性も自分の好みや、年収、職業など基本的なプロフィールを提示することで、今まで自分の周囲にいなかった別業種や他地域の人たちとの出会いを見つけることができます。

お見合いや結婚の決め手は人により様々です。
一人ひとりときちんと向き合っていけば、きっと素敵な出会いがあるはずです。
まずは、どんな出会いも楽しんで、結婚できるかどうかを相手のことをよく知り、見極めていきましょう。

お見合いであなたの素敵なパートナーを、ブランセルで見つけませんか?
今年に入って早速、お見合いして短期間で幸せになっている方が増えています。
気になる方は、初回無料カウンセリングへお越しくださいませ。

関連記事

  1. お見合いホテルロビー

    お見合いについてよくある質問 Q&A

  2. “非モテ”メールになってはいませんか?

  3. いくつになっても見た目は大事?相手を選ぶ基準

  4. ポップアップトークレッスン3

    ポップアップトークレッスン3日常会話編:久々に会った人から食…

  5. 婚活さんの服色

    婚活・デート時に黒服は避けよう

  6. お見合いカバン

    男性のお見合いカバンで失敗しない方法と選び方

  7. お見合いは笑顔で突破せよ!好印象を残す方法

  8. キャサリン妃のワンピース

    恋活婚活ファッションはキャサリン妃をお手本に!

  9. お見合いの定義は?恋愛結婚にはない幸せの形

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。