お見合いはどうやってする?紹介方法と始め方

婚活パーティーや婚活アプリなど、これまでさまざまな婚活サービスを利用したけれど、なかなかいい人と出会えない・・・とお悩みの方も多いと思います。
そんな方には、結婚に対する意識が高い人と一対一で出会える結婚相談所のお見合いがおすすめです。

「お見合い」というと、古臭く堅苦しい、敷居が高いとイメージをする人が多いのではないでしょうか。

しかし、現在のお見合いは、カフェやホテルのラウンジで行なうカジュアルなものも増えてきており、当人同士で行うケースが多く、仲人がお見合いの席に付き添うことはほとんどありません。
また、結婚まで短期間で近づけることから、合理的な選択肢として注目されています。

今回は、お見合いとは何か、どんなサービスがあるのか、どうやって始めればいいのか等をご紹介していきます。

■お見合いとは何か

お見合いとは、結婚を希望する男性と女性が、第三者の仲介によって対面する慣習であり、世界各国にある習慣です。

・昔と今は違う!最近のお見合い事情

「お見合い」と聞いて、昨今の婚活ブームに乗って出てきたサービスと思われている方も多いでしょう。
実はその歴史は古く、鎌倉時代からあると言われています。

昔のお見合いのイメージを持たれている方は、今のお見合い事情を知ることで、「結婚」へ一気に近づけるチャンスに繋がるかもしれません!

昔のお見合いスタイル

昔は親や親族、知人よる紹介がほとんどで、お見合いの席では、着物や正装をして日本料亭で当人と両家、仲人が同席するのが一般的でした。

またお見合いの際、「釣書(つりがき、つりしょ)」の取り交わしが必須でした。
釣書とは、お見合いをする前に、お相手の情報を知るために必要なもので、結婚相談所でいうプロフィールが釣書代わりになります。

いきなり知らない相手とお見合いをするのは勇気がいるので、事前に相手に自分がどういう人物なのかを知ってもらうために、釣書には様々なことを記載します。

具体的には、氏名、生年月日、身長、体重、本籍地、現住所、学歴、職歴、職業、持っている資格、特技、趣味、自己PRなど様々なことを載せ、この釣書に写真を同封したものを取り交わします。
釣書には、原則手書きで執筆する、縦書きに記入する、便箋は文字がはっきりとわかるようなシンプルなものにする等のマナーもあります。

昔は連絡方法も電話や手紙の郵送、相手方に出向いていって直接ご相談するしかなかったので、たくさんの人が動いて初めてお見合いが成立していました。
そのため、一度お見合いするととても断りにくい雰囲気があります。なぜなら、紹介してくれた仲人のメンツを潰すことにも繋がるからです。

また、親戚や知人からの紹介ということは、同じ地域に住んでいることや身近な人の可能性も高く、断った後に偶然出会うなどの気まずさもあるでしょう。
それだけ覚悟を決めてするお見合いは、とても敷居が高いものとされてきました。

最近のお見合いスタイル

一方、最近のお見合いは、結婚相談所に登録し、システムを利用してお見合い相手を紹介してもらうのが一般的です。
結婚相談所のお見合いには釣書は必要ありません。

結婚相談所では、基本的に婚活のプロである結婚カウンセラーが仲介し、お見合いの段取りを組みます。
その時にお相手の情報を知る手段は、結婚相談所に登録しているプロフィールや写真などです。
いただいた情報をシステムに登録し、パスコンやスマホなどから24時間いつでもどこでもお相手の情報をチェックし、お見合いを申し込むことができます。

また登録時に「住民票」や「独身証明書」、「学歴証明書」、男性の場合「収入証明書」や「源泉徴収票」を提出するなど、厳正な審査を行なっているので、プロフィールの信憑性も高いのが特徴です。

履歴書のように基本的な情報が載っている点は昔と変わりありませんが、カウンセラーからのPR欄や、本人の資産、お酒やタバコ、宗教の有無など、より細かく情報が記載されています。
年齢や地域など、お相手に対する希望条件も記載することが可能なので、お互いの希望条件が合えば、すぐにお見合いすることができます。

お見合い後の意思表示も結婚相談所が仲介し、フィーリングが合わないお相手にお断りの意思を伝えてくれるので、相手に対して気まずさや罪悪感を感じることなく、気軽にお見合いすることができるでしょう。

お見合いの段取りから交際・成婚までの期間を、婚活のプロである専任カウンセラーが第三者からの視点で全面サポートしてくれるので、結婚相談所で婚活することで理想のお相手と結婚できる可能性がグッと高まります!

このように昔と今では、お見合いの仕組みや仕方が変わってきているので、お相手探しや出会うための敷居の高さが違います。

・お見合いの所要時間

現在のお見合いは、ホテルのラウンジでお茶を飲みながら約1時間というのが一般的です。
意気投合すれば、その後のデートも可能ですが、初対面の席ではお互い緊張して疲れてしまったり、うまく話せなかったりするので、初めは自己紹介程度で済ませ、徐々に距離を詰めていくのが良いでしょう。

また、お見合いでは見た目の第一印象と自己紹介でその後の運命が変わると言っても過言ではありません。
ここで選んでもらえなければ、次に繋がることはありませんので、だらだらと話し続けるのは時間の無駄です。
短時間で自分の良さと相手への気持ちをアピールし、勝負を決めましょう!

■お見合いの紹介方法

最近のお見合いサービスの気軽さから、興味はあるけど、でも実際どうやって始めればいいのかわからないという方も多いと思います。

現在のお見合いは、「結婚相談所」を通して行うスタイルが一般的です。
サービスには大きく分けて3つの種類があります。

カウンセラーや仲人が会員同士を引き合わせ、会うまでの段取りをサポートする「仲介相談型サービス」。
やり取りに関してのアドバイザーはいるものの、会う段取りから先は会員が行う「データマッチング型サービス」。
全く仲介を行わない「インターネット型サービス」の3つです。

それぞれかかる費用や活動形態は異なりますが、全てのサービスに共通しているのは、出会えても交際・成婚に結び付つくかどうかの保証は全くありません

ここでは、各サービスの特徴をご紹介します。

・仲介相談型サービス

仲介相談型サービスは、登録者の中からあなたに合う方を紹介してくれるサービスです。
入会から結婚まで、カウンセラーやアドバイザーがしっかり寄り添い、一人ひとりに合わせた婚活プランニングを行ない、徹底的にサポートしてくれるのが最大の特徴です。
担当カウンセラーがあなたの希望や条件を聞き、全国3~5万人規模の会員の中から毎月、あなたと合うと思う方を紹介してくれます。

紹介するだけでなく、デートのセッティングや、交際中のアドバイスなどもしてくれるので、異性との交際経験の少ない方や初心者でも安心です。

また、ネットや専用アプリなどから登録会員データを見ることが可能なので、自分自身で相手を選んで申し込みしたり、相手からの申し込みを受けることもあります。
申し込む・申し込みを受ける・紹介を受けることを基本とした3つの方法で出会いを確保することができます。
いずれも、お見合いの際は担当者が仲介するので、面倒なやり取りや手間がかかることがなく、安心して会うことが可能です。

他のサービスと比べると活動費用が高いので、入会のハードルが高いとされていますが、その分本気で婚活に取り組んでいる人が集まっているので成婚率も高い傾向にあります。

・データマッチング型サービス

データマッチング型サービスは、登録会員データをもとに会員同士をマッチングさせる方式で、自分のプロフィールと相手に対する希望条件を入力すると、それに合った相手を紹介してくれるサービスです。
効率よく、自分と相性の良い人を探しながら婚活をしたい人におすすめです。

お互いの希望する条件がマッチした相手を上位から順番に紹介することになっているため、短期間で理想のお相手に出会える確率が高いのが特徴です。
ただし、より細かな希望を持っている場合には、登録会員数が多いと言ってもマッチングする相手が存在しなければ、いくら時間をかけても希望のお相手に出会える確率は低くなってしまいます。
また、希望条件と完全にはマッチしていない相手を紹介される可能性もあります。

交際中のフォローや成婚までのアドバイスといったサポートはそれほどなく、あくまで会員同士が出会うまでのサポートがメインとなります。

・インターネット型サービス

インターネット型サービスは、インターネットを使った婚活で、会員はネット上の会員データの中から自分で相手を探して連絡をとり、交際、成婚に繋げます。

他のサービスとの大きな違いは、婚活中の会員の活動をサポートする仲人やカウンセラーが一切介入しないことです。
あくまで会員データを使って出会う機会を提供するというのがインターネット型サービスの役割となります。
月単位の定額制で安価に活動できますが、アプローチできる人数には制限があります。

ユーザー登録は無料ででき、18歳以下や既婚者は登録できないことになっていますが、独身証明書や収入証明書、住民票、勤務先証明書や運転免許証などの公的書類の提出は義務付けられていません。

そのため、他のサービスと比較すると、相手探しを全てネットでできるという手軽さ、利用料金の安さから入会のハードルが低く、会員数も圧倒的に多い傾向にあります。

しかし、データマッチング型サービスやインターネット型サービスでは、出会って交際できたとしても、肝心な時期に担当の専門的なカウンセラーに不安や悩みなどの相談ができないので、安定した関係に入れずに短期間で交際が途絶えてしまうことが多いようです。
低額とはいえ費用の点や時間的な点から、満足度が得られずに中途解約するケースも少なくありません。

■お見合いの流れ

結婚相談所のお見合いと聞いて「敷居が高い」イメージを持つ方も多いでしょう。
しかし現在のお見合いは、ネットやアプリから自由にお相手を探してお見合いをするのが一般的です。
登録されているプロフィールから相手の希望条件や結婚に対する意気込みなども事前に知ることができるため、効率よく婚活することができます。

ここでは、結婚相談所へ入会した場合のお見合い成立までの流れについてご紹介します。

・結婚相談所に登録

結婚相談所でお見合いをするためには、まず「入会手続き」が必要になります。
登録を行わなければ、お見合いへ申し込むことも相手から選ばれることもありませんので、思い立った時に早めに行動へ移すことをおすすめします!
結婚相談所では、あらゆる年齢や職業の方々が登録し、婚活しています。
全員が結婚相手を探しているので、自分の条件に合ったパートナーを探しやすく、出会いのチャンスを広げることが可能です。

ファーストカウンセリング

まずはじめに、安心してご納得・ご理解いただけるよう無料相談(ファーストカウンセリング)を行ないます。
カウンセラーと直接お会いし、あなたの想いや結婚に対する考え、お悩み、活動方法、料金システム、サポートシステムなど、気になる点などをお話します。
その上で「いつまでに」「どのようなお相手」と結婚するのか、一緒に具体的な目標設定をしましょう。

入会手続き

無料相談後、各運営会社の活動方針、サポート内容、料金システム等に同意しましたら、入会手続きへと移ります。
その際、必要書類とプロフィール、顔写真を準備・提出します。
担当者があなたの魅力を最大限にお伝えするためのプロフィール作成、婚活写真に適した提携スタジオ紹介等、入会準備の不安や疑問にも丁寧に対応してくれます。

・条件にマッチした人を探す

必要書類が揃いましたら、システムへ登録します。
ご登録後にメールでIDが届き、システムにあなたのプロフィール情報がアップされます。
仕事が忙しい人も、パソコンやスマートフォンを使って、自宅や空いた時間にお相手を探しが可能です。

・お見合いを申し込む

写真やプロフィールからお相手を探します。
趣味や職業、年収、年齢など、詳しいプロフィールでお見合い相手を選ぶことができます。
気になるお相手を見つけたら、早めにお見合いを申し込みましょう。

また、あなたのプロフィールを見て「会いたい」と思った方から、カウンセラーを通して連絡が入ったり、あなたの希望条件に合わせて担当者がお相手を紹介してくれることもあるので、そういったご縁も大切にしながら、お見合いの準備を進めます。

・日時と場所を決める

お見合いを申し込み、双方が会いたいということになれば、次は実際にお見合いをすることになります。
お見合いの日程は、仲人やカウンセラーを通して決めます。

週末だけでなく、平日や仕事帰りの夜にも行われています。
一般的には、駅から近いホテルのティーホテルのラウンジやお洒落なカフェなど、落ち着いて話せる場所で行なわれることが多いです。

基本、お見合いを申込んだ側が相手の希望に合わせてお見合いをセッティングします。

・お見合いする

日時と場所が決まったら、お見合い当日が楽しい時間となるよう、事前にカウンセラーが当日の服装や会話のコツ等をアドバイスしてくれます。
当日は清潔感のある服装や髪型を意識し、さらに好感度をアップさせていきましょう。

基本的に、お見合いでのお茶代は男性の負担となります。
お見合いの時間については、長すぎると相手を疲れさせてしまう場合もあるため、1時間~1時間半程度が望ましいです。

そして、実際にお会いした後、もう一度会いたい、交際したい、ご縁がなかったという気持ちを伺い、全てカウンセラーを通して「お返事代行」してくれます。
悩んだ時も、一緒に考えてくれるので正直に気持ちを伝えましょう。

また、初めてのお見合いで不安な方には、立会いも可能です。

■初心者向けお見合い4つの注意点

初めてのお見合いでは緊張から、普段はとらない行動をとってしまったり、失礼なことを言ってしまったり、うまくいかないことは多々あります。

そんなお見合いでの注意点はいくつかありますが、遅刻厳禁、服装や身だしなみ、目と目を見て笑顔で話す、会話の内容や言葉遣いに気を付ける等は最低限のマナーとして心得ておきましょう。

ここでは、初心者の方に気をつけるべきポイントを4つに絞ってご紹介します。

1.お見合いで一目で惚れる

一目惚れというのは、出会った瞬間から相手の中身を知る前に、見た目や雰囲気で好意を持ってしまうこと。
誰かを好きになるタイミングや形は人それぞれ異なりますが、現実的に考えて一目惚れで結婚するカップルは少ないと言われています。

「恋は盲目」と言うように、仲の良い関係の時はお互いに良く見えるものです。
ですが、結婚生活はそんなに甘いことばかりではありません。
結婚相手を決める時は、相手の中身をよく知った上で判断しましょう。
その方が、お互いの性格や考え方、価値観などがわかるので、結婚生活もうまくいく可能性が高いです。

なかなかお見合いが決まらない、お見合いしても次に繋がらないという方は、自分の理想もあると思いますが、お相手から食事やデートのお誘いを受けた際は、そこまで気が向かない場合であっても1回は会ってみることをおすすめします。

もしかすると、会って話をしていくうちに相手の内面的な要素に惹かれ気持ちが良い方向へ変わることもあります!
相手は好意を持ってくれているのですから、あなたの気持ち次第は交際へ繋げていくことも十分可能です。

2.お見合いでは失礼な言動をとらない

極当たり前のことですが、お見合いのタブーで絶対してはいけないことは、相手に失礼な態度を取ることです。

特にありがちなのは、会ってみて相手の人が気に入らないと、その場で顔や態度に出てしまうことです。
たとえ後で断るにしても、大人として最低限のマナーとして、相手を傷付けるようなことはしてはいけません。
どんなお相手に対しても誠実な態度で接しましょう。

また、過去の恋愛や相手のプライバシー踏み込む内容、セクハラ発言などは絶対にしてはいけません。
ネガティブな話ではなく、できるだけ明るい話題にするように心掛けましょう。

そして、自分が喋るよりも、タイミングよく相槌を打ちながら相手に気持ち良く話をしてもらいましょう。
しっかり話を聞いてくれる人には、安心感を抱き、好感が持てますよね。
いつでも相手を楽しませることを意識するようにしましょう。

3.お見合いで会ってすぐに帰る

お見合いの待ち合せ場所で会い、席に着いたやいなやコーヒーを一気に飲み干し、一言二言の話だけしてすぐに帰ろうとする人がいます。
写真の印象と違っていたことが理由で、こうした非常識な行動をとる人もいるようですが、これでは当然お見合いになりません。

相手の立場も考えず、身勝手で人を思いやる気持ちがないようでは、大人として失格だと思います。

どんな事情があろうと、自分で選んで決めたお見合いなのですから、しっかり最後まで向き合いましょう。

4.お見合いでの予測不能な突然の事態

お見合いでは、写真でしかお会いしたことのない方と初めて会うので、トラブルや突然の事態も想定して行動することが大切です。

どのような問題が発生しても柔軟に対応できるよう、余裕持って行動するようにしましょう。

お見合い場所がわからない

行き慣れた場所であれば大丈夫ですが、初めて行く場所で当日になってわからない・・・遅刻しそう・・・と慌てても、お見合いでは直接お相手と連絡を取る手段はありません。

そのため、お見合い会場のアクセスや近隣情報は事前に確認しておくことをおすすめします。
特に女性はお化粧直しなどもあるので、トイレの場所も合わせて確認しておきましょう。

また、女性はハイヒールなどかかとの高い靴を履いていることもあるので、待ち合わせ場所から移動がある場合は、エレベーターやエスカレーターを使うなど、ラウンジまでのちょっとした移動にも配慮できると好印象です。

お見合い会場のラウンジが満席

ラウンジの予約が可能な場合は、専任の担当カウンセラーが手配を済ませておきますが、必ずしも予約可能なラウンジばかりではありません。
予約されてない会場の場合、男性側には早めに行きお席の確保をお願いしていますが、中には、何かのイベントなどと重なり、会場へ着いたら満席だった!ということもあります。

その際、自己判断でホテル外への移動は避け、まずはコンシェルジュへ相談するのがベストです!
近隣で静かで落ち着いて話せる場所があれば、そこへ移動しましょう。

この時、移動場所までの距離と時間、天候や服装にも配慮と注意が必要です。
お見合いであることをスタッフへ一言告げることで配慮していただけます。

観光客や結婚式列席者の席位置でのお見合いは、周りが気になってしまい、気まずい雰囲気になってしまいます。
落ち着いて話ができるよう、席位置にはこだわりましょう。

待ち合わせができない

お見合いでは、顔写真を頼りにお相手と待ち合わせすることになるため、なかなか待ち合わせができないという場合もあります。

そういった事態を避けるために、目印となるようハンカチを持たせたり、服装の特徴を伝えるなど事前のやり取りは徹底していますが、当日の混雑状況などによっては、指定された場所の前にちょうど立てなかったりして、お相手を探せないということがあるようです。

また、プロフィール写真の撮影時より太ってしまい、イメージと全然違ったということもあります。
そうならないためにも、まずは日頃から自分磨きを行なうことは忘れずにしましょう。

お見合いは、待ち合わせ前の準備から決まるとも言われています。
特に男性側がその場をしっかりとリードすることが求められるので、どんな事態にもスムーズに対応できるよう、日頃から備えておきましょう。

■まとめ

現在のお見合いは、結婚相談所が本人達の理想の結婚に対する価値観を重視し、納得のいく結婚の過程を築くことが可能です。
もちろん過程だけではなく、結婚後も幸せな結婚生活を送るために、理想のお相手探しから日々のカウンセリングなど、一人ひとりの価値観に合わせてしっかりサポートしてくれます。

ブランセルでは、日本結婚相談所連盟IBJとの加盟連携により、日本最大級の会員数を誇る約60,000名の中からあなたの理想に合ったお相手をご自身のスマホやパソコンからいつでも検索することができます。
また、婚活のプロである専任カウンセラーに相談することで、理想の結婚に近づけるチャンスに繋がることでしょう。

今のお見合いシステムを知って、結婚相談所のお見合いに興味を持った方や理想のお相手と出会いたい方は、ぜひブランセルの「無料相談」へお越しください。

関連記事

  1. ポップアップトークレッスン3

    ポップアップトークレッスン3日常会話編:久々に会った人から食…

  2. 婚活成功のカギは

  3. お見合いの決め手は?相手を見極めるポイント

  4. 趣味といえるものがあるか、ないか

  5. お見合いホテルロビー

    お見合いについてよくある質問 Q&A

  6. “非モテ”メールになってはいませんか?

  7. 婚活さんの服色

    婚活・デート時に黒服は避けよう

  8. ティーカップ

    お見合い時は電話番号やメールの開示をせずに会える

  9. お見合いルールとは?基本を抑えて成功者の道へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。