交際を長続きさせる秘訣は?成功者に学ぶ恋愛術

恋人と付き合い始めたら、誰だって「この関係を長続きさせたい」と考えることでしょう。
しかし、交際し始めた時はラブラブのカップルでも、いつの間にかマンネリしてしまうもの。

「どうすれば、今の関係を維持できるだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
また、占いや心理学などの診断に自分たちの未来を託す方もいるでしょう。

今回は、交際が長続きするカップルの特徴から長続きさせるコツを学びましょう。

■長続きするカップルの特徴

世の中には、運命的な出会いで惹かれ合っても直ぐに別れるカップルもいれば、なんとなく付き合い始めても長続きするカップルもいたり、人の恋模様はなかなか予想しづらいものですよね。

どんな形でも、幸せな関係を維持させ、長続きしているカップルはたくさんいます。
そんなカップルには何か特別な秘訣があるのだろうか?誰しも興味があるのではないでしょうか。

ここでは、長続きするカップルの特徴から、マンネリなどの様々な困難に直面しても別れず関係を続けられる秘訣をご紹介します。
今現在、安定した関係を続けている方も、ちょっと先行きが不透明で実は不安を抱いている方も、恋人とのより良い関係を築くためにもぜひ参考にしてみてください。

・育った環境が似ている

カップルが長続きするかどうかの重要なポイントは、元々赤の他人同士の二人が安定した関係を築けるかどうかに尽きるといっても過言ではありません。
そして、その安定した関係には、二人の考え方や意見の違いにどう折り合いをつけて、お互いにどこまで相手を尊重し合えるかということが必要不可欠になってきます。

その点、カップル同士で育った環境が似ていると思考や行動パターンも似ていることが多いので、必然的に意見が衝突することも少なくなり、穏やかな関係を築くことができるでしょう。

自分と全く違う相手を新鮮に感じて惹かれることも、恋愛の始まりではよくあるものですが、もし妥協点を見いだせないほど考え方や価値観が違う相手だと、そのうち一緒にいることが辛くなってしまったり、そのまま別れに繋がることも珍しくありません。

そのため、長続きしているカップルは互いの生活環境や物事の考え方が似ているという特徴があるようです。

・趣味や嗜好に共通点が多い

育った環境や考え方、性格が違う二人でも、趣味や嗜好が似ていると、それを通じて互いの理解が深まり、カップルとしても良い関係が長続きする特徴もあります。
一緒に何かをして楽しいと感じられるのは、カップルの良好な関係を維持する上で大きな強みです。

ただし、カップルとして交際を続ける上で誰しも相手の影響は多かれ少なかれ受けるので、最初は全く好みが違う相手でも、付き合っているうちにだんだん考え方や趣味嗜好が似てくることも少なくありません。

そのため、逆を返して言えば、元々趣味や嗜好が異なる二人でも、長続きするために互いをよりよく理解し、努力を怠らなければ、良好な関係を築くことができるということです。

・お互いの考え方を尊重できる

お互いにどこまで相手の考え方を尊重できるかということも、良好な関係を長続きさせる上ではとても重要な要素になります。

いくらこれまでの生活環境や考え方が似ている二人でも、100%全てが同じという人間は存在しません。
そのため、相手の意見や考え方に耳を傾けられる姿勢が、良好な関係を維持するのには必要不可欠になってきます。

特に、カップルの付き合いが長くなるにつれ、お互いに遠慮がなくなり、相手にぞんざいな態度をとってしまうことも少なくありません。
これは相手に心を開き、素の自分を出せるようになった証拠でもありますが、気の許せる関係になることと、相手に不遜な扱いをするのとでは大きな違いがあります。
長続きさせるには、相手の存在や考え方を尊敬し、互いにそれを尊重し合えるかどうかがポイントとなるでしょう。

また、ありのままの相手を尊重できるかどうかという点で、お互いの違いを「違うもの」として受け入れられるかというところにも行きつきます。

これは、お互いの存在を尊重することにも繋がり、またその違いを受け入れ、相手に求めないという度量の広さも肝要です。
いくら好きな人でもわかり合えない部分があるのは当然です。
時には、しょうがないと割り切ることも必要です。
相手と合わないところや欠点も、その人の個性としてプラスに受け入れられることが長続きの秘訣に繋がるでしょう。

・上下関係や気持ちの温度差がない

カップルによって、それぞれ出会い方や付き合うきっかけが異なります。
付き合うことになっても、告白された側は実はそこまで好きじゃないということもあります。
交際が始まっても相手と自分の気持ちに温度差がある場合、より強く相手を思っている方は常に心に不安を抱えていることになります。

このように、お互いの気持ちにズレがあったり、どちらかが遠慮して従うような上下関係が続いてしまうと、いくら好きな相手でも徐々に不満は生まれてくるものです。
お互いを高め合えるような関係でなければ、たとえ趣味や考え方が似ていても不満が出てきて、良好な関係を築くことが難しいでしょう。

・物事の優先順位や価値観が同じ

日々の生活の中で直面する様々な事柄に対して、優先順位の判断の仕方や、物事の価値観が似ていると長続きしやすいという特徴もあります。
食の好み、金銭感覚、笑いのツボ、行動スタイルなど、些細なことですが、一緒に過ごしていく上ではとても重要な要素です。

育った環境やこれまで付き合ってきた人間関係も全く違う男女が付き合うのですから、当然、価値観の違いはつきものです。
しかし、あまりに考え方や価値観に違いがあり過ぎると、最初は好きな気持ちが先行しているので許せていたことも、度重なれば大変なストレスを感じる原因になります。

・二人でいることが居心地よい

二人でいることが自然で、お互いに居心地が良いと感じられるカップルは、やはり一番の理想ではないでしょうか。
こうした居心地の良い関係からは不満やストレスも生まれにくく、長続きするカップルになる可能性も高いです。

反対に、自分をよく見せようと背伸びしたり、相手に合わせようと無理ばかりしているカップルは、そのうち疲れてしまったり、関係がぎくしゃくしてしまう原因に繋がります。
相手を尊重し、相手に合わせることはもちろん大切ですが、長く一緒にいるためには、自然体で無理をし過ぎないことも重要です。

・日頃から感謝の言葉を伝える

そして、やはり、長続きの一番の秘訣は「感謝」の気持ちを忘れないことです。

良い意味でも悪い意味でも、長年付き合ってくると相手に対して感謝の気持ちが薄れていきます。
相手との関係性を「空気のような関係」と例えることがありますが、相手がいることを当たり前に思い、空気のような存在になってはいけないのです。

よくあるのが「言わなくてもわかってくれるだろう」と相手に甘えてしまうこと。
今恋人と過ごしている時間は、決して当たり前ではありません
相手があなたのためにしてくれること一つ一つに感謝して、日頃から相手に「ありがとう」の一言を伝えていきましょう。

また、いくら大切に扱われていたり、恋人に対して不満がなかったとしても、時には言葉で「好き」や「愛してる」と伝えて欲しいと感じるものです。
言葉一つで二人の絆はさらに深まっていくので、恥ずかしがらずに、素直に気持ちを伝えましょう。

人は感謝されたり、きちんと愛されてるという実感や幸福感を覚えると、「相手のためにもっと頑張ろう」「相手を喜ばせたい」と自然と思えるものです。
ぜひ、実践してみましょう。

・お互いを思いやる気持ちを忘れない

カップルだけではなく、人付き合いで「相手を思いやる」ということは、とても大切なことです。

特に、長く一緒に過ごすなら日々の優しさや思いやりは欠かせません。
決して自分本位にならず、相手の気持ちを考えながら行動することが大切です。

・相手を心から信頼している

カップルには信頼関係が何より大切です。
これが揺らいでしまうと、関係を続けていくのは難しいかもしれません。

浮気を疑ったり、何かあると極端に心配になったり、好きな気持ちが強すぎると過剰に探りを入れてしまうものですが、これでは相手を落胆させてしまいます。

あなたがもし執拗に相手を疑う気持ちを抱いてしまうなら、それは自分に自信がない証拠です。
相手に信頼されたいなら、まず自分が相手を信じるようにしましょう。
そして、自信をつけるために、日頃から趣味の時間を増やしたり、自分磨きを怠らないようにしましょう。

また、嘘をつかないことも基本中の基本です。
小さな嘘でも信頼を傷つける場合があることを思いに留めましょう。

■恋愛を長続きさせたい!秘訣は適度な距離感

長続きするカップルは、程よい距離を保った付き合いをしています。
好きだからと言って束縛したり、全てを知ろうと詮索してしまっては、された方は重いと感じてしまいます。

たとえ、恋人であってもプライベートな時間を持つようにするのが良好な関係を保つコツです。
あれこれ見えない不安を掻き立て、一人で妄想するその時間は友人と遊んだり、趣味の時間として使うのも良いでしょう。
そうすることで、会った時に話題が増えたり、自分自身の魅力も増して、より良い関係性を築くことができるようになります。

ここでは、長続きするカップルたちの会う頻度や連絡頻度などについてご紹介します。

・長続きするカップルの会う頻度

長続きするカップルの会う頻度は、年齢によっても大きく変わってきます。

例えば、中学生や高校生など、同じ学校に通っている場合は毎日会うことになるでしょう。
大学生になると、学部が違ったりすると、クラスや授業が違ったりするので、同じ学生でも会う頻度は少し下がりますよね。

そして、社会人になると仕事やプライベートが忙しく、デートは週末のみという方も多いと思います。
また、全く休みが合わない場合は、さらに感覚が空いてしまうこともあります。
これらを平均すると、週に1~2回程度会うカップルが多いのではないでしょうか。

付き合い始めの頃は、何よりも恋人と過ごす時間が楽しく、どんなに時間が短くても、遅かろうとも会える時に会いたい!と思っていたカップルでも、月日が経つにつれて、その関係性もだんだん落ち着いていきます。
でも、だからと言って、決して二人の関係が冷めたわけではありません。

100%恋人のことで頭いっぱいな人よりも、しっかりと自分をステップアップさせている人の方が自立していて魅力的に見えるものです。
そのため、会えない時は一人の時間を満喫させましょう。
一人の時間を満喫できるようになると、より充実した日々を過ごすことができるでしょう。

好きな音楽を聞いたり、趣味に没頭するも良し。スキルアップの時間に充てるも良し。
一人の時間を充実させると、次に恋人に会った時に話題のネタも広がります。
お互いが自立している関係だと、常に刺激し合える存在になり、長続きさせることにも繋がるでしょう。

・恋愛が長続きするラインテクニック

恋人同士のコミュニケーションの多くの割合を占めているLINE(ライン)。
最近では、婚活などの出会いの場でもこのLINEでやり取りする人が多いようです。

ここでは、長続きするカップルの気になる連絡頻度や内容についてご紹介します。

連絡頻度はお互いが疲れず楽しめる程度

付き合っていると、ラインやメールなどを利用することが多いでしょう。
朝のおはよう、夜のおやすみなど、挨拶程度のメッセージは毎日しているカップルも多いようです。

ここでのベストな連絡頻度は、お互い疲れずに楽しめる程度の連絡頻度です。
そのため、LINEやメール・電話などの連絡頻度は、二人が楽しめる程度におさえるのがベストです。

お互いに連絡を取るのが苦じゃないようなら続けたら良いですし、あまり得意ではないという場合は用件のみにおさえるなど、相手のペースに合わせて送るのが良いでしょう。

雑談はあまりせず用件のみ

LINEといえば、何と言ってもスタンプの人気が高いです。
短い中でも、ノリのいい返しやメッセージが送れるので、お互い気軽に楽しめるようです。

長く付き合っていると、だんだん話すこともなくなり、必要最低限の連絡しかしないというカップルも多いようです。
そこで、スタンプを使って、短文でやり取りをすることも多いのでしょう。

連絡がすぐに来ないと「浮気してるのかな?」「嫌いになったのかな?」と不安になっているうちは、残念ながらまだ相手を信頼できてていない証拠です。
長続きするカップルは、連絡が来なくても「疲れてるんだろう」「忙しいからそっとしとこう」と相手のことをすぐに思いやろうとします。
LINEやメールは、お互い離れている状態でやり取りを行なうので、今何をしているかなど相手を身近に感じられる一方で、相手の時間を拘束するものでもあります。

そのため、連絡が来なくても「相手を信頼できるかどうか」が、長続きする最大のポイントとなるようです。

また、デートの約束やどうしても伝えたいことなどの用件だけ伝えて、後は直接会った時に話したいことを取っておくことで、会話のネタも尽きない上、新鮮な気持ちが保てて会話が弾みやすいのでしょう。

このように、長続きするカップルはLINEやメールなど、連絡の取り方にも特徴が表れています。
お互いに信頼感があったり、相手を思いやる様子が見えますよね。

連絡を取る時に大切なことは「相手と同じくらいの長さで同じテンション」で送るのがベストです。
お付き合いを重ねていくうちに、相手のペースも徐々に掴めてくるはずです。
いつまでも仲良くいるためにも、日々のやり取りから気をつけていきましょう!

■長続きしないカップルの特徴

世の中のカップルは、必然的に長く続くカップルとすぐ別れてしまうカップルの2種類に分類されます。
お互い好意があって付き合ったのですから、なんとしてでも長続きするカップルになりたいですよね。

うまくいかない時には、必ず何か原因があります。
なぜ恋人はできても、恋愛が長続きしないのか?まずはその原因を探ることが大切です。

恋多きことは決して悪いことではありませんが、一人の人を大切にし、長く深く付き合っていけるのが一番の理想です。
いくら好きな人であっても、人と付き合っていくのは少なからず疲れを伴うものです。
力を抜けるところはしっかり抜いて、無理のない恋愛を心がけましょう。

ここでは、そんなうまくいかない原因を抱えたカップルの特徴や共通点を解説します。
恋愛が長続きしない方は、自分に当てはまるものがないか確認してみましょう。

・恋愛が長続きしない女性の特徴

恋愛が長続きしない女性には、他の女性にはない特徴があるのでしょうか?検証してみましょう。

理想が高い

まず、うまくいかない原因の一つに理想が高いことが挙げられます。

誰しも自分のタイプや理想というものがあります。
しかし恋愛が長続きしない人は、理想を全て相手にぶつけ、夢を見過ぎてしまう傾向があります。

付き合い始めて相手の内面がどんどん見えてくると、自分の理想とのギャップに落胆したり、自分の理想に近づいてもらおうと相手に多くを求め過ぎてしまいます。
その結果、自分も相手も疲れてしまい別れてしまうというケースが多いのです。

恋愛や結婚でも相手に対して理想を持つことは大切ですが、あまりに高すぎる理想は、相手を遠ざけてしまう原因になってしまいます。
見た目や価値観など、全てが理想通りの相手と巡り合える確率は非常に少ないです。
恋愛が長続きしないという人は、自分の理想に優先順位をつけてみること始めてみましょう。

自分の全てを見せたがる

好きな人には隠し事はしたくないし、自分の全てを知って欲しいという女性もいますが、過去の恋愛から自分のこれまでしてきた経験など、何でも話してしまうのも長続きしない原因になります。

わざわざ嘘をつく必要はありませんが、すぐに自分の全てを見せてしまうと、相手に飽きられる可能性も大きくなります。
また、話の内容によっては相手の気持ちを引かせてしまう場合もあります。

本当に相手に伝えたい大切な話は、付き合って関係をしっかり作っていく中で徐々に出すようにしていきましょう。

依存心が強い

常に恋人がいないと不安で落ち着かないことを「恋愛依存症」といいます。
この場合、相手が自分に好意を寄せてくれているのであれば誰でもいいと考えてしまい、安易に恋人関係を作ってしまいます。

しかし、そこに自分から相手に対する恋愛の気持ちがないことが多く、些細なことで相手に嫌気が差してしまったりします。
恋愛依存症の場合、とにかく誰でもいいという思いから、こういった浅い関係を繰り返してしまうことになります。

また、何でも相手に頼りすぎてしまうことも、相手に知らず知らずのうちに負担をかけてしまう原因になってしまいます。
何かしらのトラブルがあったり、悩みがあると昼夜問わずに連絡したり、恋人にばかり相談したりする癖のある人は注意した方が良いでしょう。

相手に尽くしすぎてしまう

好きな人のためには何でもしてあげたいと思う気持ちは、決して間違ったことではありません。
しかし、やり過ぎてしまうと、相手に重荷を感じさせてしまうこともあります。
あなたが良かれと思ってしている世話焼きも、徐々に相手が面倒と感じ、気持ちが離れてしまう場合もあります。

また、恋人ができた途端に友達と疎遠になっているようであれば、それも要注意です。
恋人に嫌われたくないという気持ちや、ずっと一緒にいたいという気持ちはわかりますが、友達を大事にしない人は信頼されません。

また、ずっと一緒にいると、自分のことを相手に知られる機会も多くなり、仲が深まるのも早いものですが、同時に倦怠期に入るのも早くなってしまいます。
相手を思う気持ちは大切ですが、程よい距離感も大切にしましょう。

打ち込めるものがない

学校や仕事の他に特にやることや趣味がない、気が付くと恋人のことばかり考えているという人は要注意です。
恋愛を長続きさせるためには「尊敬し合えるかどうか」も大切です。

しっかり自立して、好きなことや何かに一生懸命打ち込む姿は好感が持てます。
そして、その姿は尊敬にも繋がります。
夢中になるものがあると、一人の時間も充実させることができ、人間的な魅力も増します

NOと言えない性格

本当は嫌なことでも、恋人の前ではついつい嫌われたくないと良い顔をしたり、無理してはいませんか?
相手の要求に対して受け身でばかりいると、物足りなさを感じさせたり、都合のいいように思われてしまう可能性があります。
デートや食事など、いつも相手任せという人は、たまに自分の行きたい場所や食べたいものをしっかり伝えるようにしましょう。

付き合いが長くなると、些細な衝突や喧嘩も避けられません。
でも、それを乗り越えてこそ、本当の絆が深まっていくものです。
恐れずに、時には自分の要求や意見をしっかり伝えるのも、恋愛を長続きさせるには必要なことです。

連絡を何度も取る

LINEやメール、電話など、付き合い始めは何度でもしたくなるものですね。
しかし、お互いのペースを無視して、連絡を何度も取ってしまうと、それが当たり前になってしまい、気が付くとお互いの負担になってしまう可能性があります。

また、電話やLINEではお互いの表情が見えず、ちょっとした誤解のもとになることもあるでしょう。
楽しいことがあった時や大事なことこそ、会った時に伝えるように心がけましょう。

・恋愛が長続きしない男性の特徴

続いて、恋愛が長続きしない男性の特徴を見てみましょう。
はたして恋愛が長続きしない男性には、ほかの男性や女性とは異なる特徴があるのでしょうか?

めんどくさがりで飽きっぽい

何をするのにもめんどくさがりで、新しい物を買っても数回使ったらもう飽きたなど、物事に対して飽きっぽい人は、人に対してもめんどくささを感じたり、飽きっぽくなってしまいます。
こういった人は、最初の燃え上がりがとても大きいのでその分鎮火も早く、火が消えかけたら、その後に再燃させることが難しいのです。
これでは長い年月、同じ人を思い続けることは難しくなってしまいます。

自己中心的で主張が強い

恋愛とは、自分以外の人と行動を共にするので、思い通りにいかないこともたくさんあります。

しかし、こんな時にも自分の行動パターンを貫き通したり、相手に合わせることができない融通のきかない人は恋愛が長続きしません。
全てを相手に合わせれば良いというものではありませんが、自分の生活の中に相手がいることを意識して、一緒に歩むという気持ちを忘れないように行動しましょう。

浮気性で遊び好き

「交際が長続きしない」と感じている人の中には、いつも人気ある人、モテる人を選んでいる人もいるようです。
特に、外見重視で相手選びをしている人は、必然的にモテる人を選んでいることが多いでしょう。

また、元カレや元カノなど、別れてからも交友関係が続いていたり、異性の友達が多い場合も目移りされてしまう危険性があります。

当然ですが、どちらか一方が浮気性であれば交際は長続きしません。
あなたが少しでも「許せない」と思うのであれば、いずれ別れることになります。

いつも浮気されて別れに至ってしまう人は、まず交際前に浮気癖があるかどうかチェックすることが必要です。
浮気に悩まされる人の多くは、いつも浮気性の相手ばかりを選んでしまう傾向にあるので、付き合う前に友達などから情報収集をして、相手の本性を見抜くことが大切です。

また、ギャンブル好きな人も、時間さえあればお金を使い込む傾向があるので、恋人として一緒に過ごすには注意も必要です。

■付き合いたてから長続きさせる7つのコツ

せっかく大好きな相手と付き合えたのなら、誰だって長く付き合いたいと思うもの。
では、交際を長続きさせるためには何をするべきなのでしょうか?

1.干渉したり束縛しすぎない

長続きするカップルは、適度な距離感を保って相手と接しています。
つまり、うまく交際を続けるコツは、お互いに干渉し過ぎないこと。

社会人ともなれば、お互いの生活スタイルの違いも多少なりと出てくるものです。
会えない日が続いたり、なかなか連絡が取れないと不安を感じるものですが、お互いにあまり干渉しないことが長続きできる最大の秘訣です。

何をするのにも一緒や、根掘り葉掘り聞いたり、相手のペースを乱してしまうと、一緒にいるのが重く感じる原因になります。
また、相手のことを束縛しすぎるのも、息が詰まってそこから逃げ出したくなるものです。
お互いを縛らず、一人の時間を作り合うことで、お互いを思い合う余裕が生まれます。
一人の時間を過ごして充実させるのも相手との関係を安定させるための秘訣です。

2.相手に求めすぎない

一度彼氏・彼女という立場になると、ついあれこれ相手に求めてしまうものです。
最初のうちはそれでも良いかもしれませんが、それが長く続くとどちらかが疲れてしまったり、良好な関係は続きません。

特に恋愛経験が少ないと、ひとたび誰かと恋愛をすると、その人しか目に入らない!という状況になりがち。
相手の全てを知って、自分の生活の全てを知って欲しいと思い、相手に対しての欲求も増えていくものです。
相手に求めるのではなく、程よい距離を保ち、お互いに自分の時間を持ち、心地良い距離感があった方が長続きするでしょう。

3.相手を思いやる

付き合う中で一番大切なのは、いつまでも相手に感謝し思いやりの気持ちを忘れないことです。
相手がいて当たり前ではないことや、あなたのためにしてくれることが当たり前ではないということをしっかりと心に留めておくことが大切です。

また、人は人からしてもらったことは忘れやすく、してあげたことを覚えているものです。
なので、相手にしてもらったことは忘れないようにし、常に感謝の気持ちを相手に示しましょう。

いつも感謝の気持ちを忘れないあなたに、相手も感謝の気持ちを持ち続けてくれるでしょう。
お互いに感謝や思いやりの気持ちを持ち続けている二人であれば、お付き合いも長続きできるものです。

4.相手を理解する

付き合い始めだからこそ、相手のことをちゃんと理解してあげる努力が必要です。
多くのカップルがうまくいかなくなる原因は「価値観のズレ」から生じるすれ違いがほとんどです。

恋人と長く付き合っていくには、自分の気持ちばかりを押しつけることをしていては、良好な関係は築けません。
お互いに思いやりの気持ちを忘れず、相手に対して理解を深めることが長続きのポイントとなってきます。

そのためには、意見や価値観は違って当たり前だということを心得ておくことが大切です。

あなたと相手は好き同士の恋人であっても、性別も違えば、育った家庭環境も違い、意見や価値観は違っていて当然なのです。
意見も価値観も違うニ人が一緒にいれば、当然ぶつかることもあります。
しかし、お互いの主張を押し付け合ってばかりいては、喧嘩が絶えません。

意見や価値観の違うニ人が一緒にいるためには、お互いじっくり話し合いをすることが大切です。

お互い何が好きで何が嫌いか、ここまでは許せるけどここからは許せないなど、お互いの意見に折り合いをつけることが大切です。
どちらかが一方的に我慢することのないよう、お互いに納得できるまでしっかり話し合いましょう。

お互いが「違って当たり前」くらいに思っておけば、意見の食い違いが出たとしても驚くことや落胆することもありません。

世の中には正しい価値観なんてものは存在しなければ、人それぞれ物事に対して抱く気持ちも違います。
価値観というのは、出会ってすぐには見えないものですし、「好き」な気持ちで簡単に見えなくなってしまうものです。
だからこそ、付き合い始めの時期にお互いの価値観を理解しておくことが大切になってくるのです。

「相手の価値観に共感できるかどうか」「相手の価値観を受け入れられるかどうか」は長く付き合っていく上で最も重要であることをしっかりと頭に入れておきましょう。

5.言いたいことは我慢しない

この先もずっと一緒にいることを前提としてお付き合いしているのであれば、あなたにとって嫌なことや意見の食い違いは我慢するべきではありません。

なぜかというと、我慢をすることは何の解決にもならず、相手に対して苛立ちを溜めるに過ぎないからです。
また長く一緒にいると、お互いに嫌なところやダメなところ、弱いところも見えてしまいます。

付き合い始めの頃は、相手によく思われようと頑張りますが、付き合いが長くなるにつれて、だんだん気が緩んでくるものです。
また、無理したり頑張りすぎても、お互い疲れてしまい、関係もダメになりやすいです。

そのため、お付き合いを長続きさせるためには、ダメなところも含めて見せることができ、素の自分でいることはとても大切なことです。
「好き」な気持ちが先行してしまうと、良く思われたいがために言いたいことが言えなくなってしまうものですが、ずっと一緒にいたいからこそ、自分の意見をきちんと言える関係性を築くことはとても大切です。
大好きな恋人とのお付き合いを長続きさせるためにも、言いたいことは我慢せず伝えていきましょう。

6.信頼関係を築く

恋人とのお付き合いを長続きさせる秘訣は、信頼関係をきちんと築くことです。
些細なことでもすぐに嘘をつくような人は信頼できないですし、一緒にいていつもハラハラさせられるような人では長く一緒にいることは難しいです。
そのため、心から信頼して安心できるかどうかということはお付き合いを長続きさせるためには重要なポイントです。

しかし、信頼関係は簡単にできるものではありません。
深い信頼関係を築くためには、相手を理解しようという気持ちが大切です。
相手のことを知ろう、理解しようとたくさん話をすることで二人の絆は深まり、信頼関係を築いていくことに繋がります。

信頼関係がしっかり築けていれば、不安になることもなく、良い関係を維持していくことができます。
そのためにも、恋人との関係を長続きさせるためにはたくさん話をして信頼関係を築いていきましょう。

7.自分磨きを怠らない

片思い中は相手を振り向かせようと一生懸命自分磨きをするものですが、両思いになった瞬間、油断して自分磨きをパタッと止めてしまう人は多いです。
しかし、長続きするカップルは、いつでも自分磨きを怠りません。

いつまでも相手にとって一番の魅力的な人間でいたいからこそ、日々の努力を惜しまないのです。
自分を磨いて、恋人から「手放したくない」と思われる「いい男・いい女」を目指しましょう。

■まとめ

どんなカップルでも、何のトラブルや衝突もなく、なんとなく長続きしているカップルはいません。
長続きするカップルはお互いを理解して、良い関係になるように努力してきて確かな今があるのです。

もし、交際が長続きしないと悩んでいるなら、うまくいかない原因を相手のせいばかりにするのではなく、自分にも落ち度がなかったか、今一度しっかり振り返ってみましょう。

カップルがぶつかったり、うまくいかず別れてしまう原因は、少なからずお互いにあるはずです。
自分が変われば、相手を受け入れることができるかもしれません。

どれだけお互いのことを好きかという愛情の大きさも大切ですが、全くの他人同士である男女が長く良好な関係を築くには、「どれだけ相手を思いやることができる」が重要になってくるのではないでしょうか。
人は自分を映す鏡なので、相手を思いやる気持ちも忘れずに接していけば、相手も同じように大切にしてくれるはずです。
そして、何よりも一緒にいられることに感謝し、日々を大切に過ごしていってくださいね。

ブランセルでは、一年以内の結婚を目指し、皆様の求める出会いの形を実現します!

関連記事

  1. 交際カップル

    真剣交際から成婚する人と破局する人の婚活の違いと特徴

  2. デートマナーは基本を抑えよ!成功を掴むコツ

  3. デート成功の鍵は段取と事前準備

  4. デート

    お見合い後の初デートまでの手順と成功のコツ

  5. 婚活成功のカギは

  6. 婚活は初デートが重要!次に繋がる場所選び

  7. 婚活では付き合い始めが肝心!恋人との絆の深め方

  8. デートの待ち合わせ場所はどこ?印象アップ方法

  9. デートの次の約束はデート中にせよ!成功の秘訣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

恋活婚活☆成功者続出のブランセル人気セミナー

<ブランセルが応援する大人の恋活婚活力向上☆婚活の魔法セミナー>交際が長く続かない、コミュニケーションが下手、異性にモテたい、幸せな出会いを引き寄せたい、婚活に疲れてしまった、早く幸せになりたい…このようなお悩みを抱えていませんか?ぜひ、ブランセルの人気セミナーへお気軽にご参加ください!詳細はコチラ