デート代は男性の全額負担が当たり前?

皆様は、デートする時のお金の支払いはどうされていますか?

「男性が全額負担するのが当然派?」

「女性も少しは出す派?」

「きっちり割り勘派?」

これは付き合う前と付き合った後では考え方がまた違ってくると思いますが、付き合う前のデートの場合はどのようにするのが一番好ましいのでしょうか?

現代のデート代事情は非常にシビアな問題として、お客様の間でもお悩みの方が多くいらっしゃいます。

相手の年齢が自分より年上・年下、それが20代なのか30代なのかによって考え方が変わったり、どっちから誘ったかによってもその配分が変わってくるのだとか。

また、金額や支払う内容によっても考え方の違いがあるようです。

 

デートする上での心得

「デート代を男性が全額負担するのが当たり前」だと認識している人は、男女ともに少なくないと思います。

特に男性は、お気に入りの異性に対しては次に繋げたいので頑張る!という方も。

ですが、ずっとその調子で交際を続けていくと、この先もずっと支払いは男性負担が当たり前になってしまいます。

中には、その感覚が身についてしまっている女性は「全額負担しない=ケチ」と捉えます。

このことからもわかるように、付き合う前のデートで相手と仲良くなりたいのであれば、間違いなく男性が全額負担したほうがいいです。特に初デートの場合は!!

その際、女性がトイレに行ってる間に会計を済ましておくと、スマートでカッコイイですね。

男性が女性に対して全額負担することにより、少なからず、女性も男性に対して何か返さなければ!という感情が湧きます。

そうすることによって、次のデートにも発展しやすくなるんですよね。

もちろん、二人の関係を築くのはお金が全てではありません。

女性も男性が全額負担して当たり前と思ってはいけませんし、少しでもそのような態度を男性に見せてしまうと、男性は一瞬で冷めてしまいます。

男性側からすると、女性も支払おうと思っている気持ちがあるのを前提に見栄を張っているのです。

大切なのは、感謝する気持ちあるかどうか だと思います。

 

交際後の支払いについては、やはり、男女間での収入の差によって大きく影響するのではないかと思います。

最近は、男性より女性が稼いでいるということも珍しくありませんからね。

そこは、せっかくお付き合いしたわけですから、二人でしっかり話し合って決めましょう!

でも、自分の見栄のためだけに無理することはおすすめしません。お互いに長続きしないからです。

相手のために努力することは素晴らしいですが、最初だけ頑張るのではいけません。

先々のことも考えて、くれぐれも無理のないお付き合いをしていってくださいね。

logo

関連記事

  1. 難しく考えず、何事も柔軟思考で。

  2. 【Happy通信 第34号】授かり婚から無事に出産を終えて

  3. IBJのエリアページ上部に「ブランセル」が掲載されました!

  4. 今週末のイベント開催情報!【6/11~12】

  5. 今年は東京・横浜で開催決定!!

  6. ブランセルマリッジってどんなもの?

  7. パーティーでは、おひとり参加が吉。

  8. 一年に一度の巡りあい

  9. 【新年のご挨拶】本年も宜しくお願い致します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

恋活婚活☆成婚者続出のブランセル人気セミナー

【結婚したいを叶える人気セミナー】ブランセルから成婚者多数!!交際を長続きさせる、また会いたいと思われるコツ、好きにさせる会話術。なるほど!のノウハウで愛され、婚活が成功へ繋がる。ぜひ、お気軽にご参加ください!詳細はコチラ