婚活での年齢は重要?幸せになるためのヒント

20代後半に近付くと、身の回りで結婚する人が増えるますよね。
しかし、晩婚化が進む影響により最近では30代後半に近付いても結婚に焦りを感じない人もいるようです。

結婚はまだいいかな・・・と思っている人も、婚活が遅くなると出会いのチャンスを減らすことにも繋がります。
婚活では条件を天秤にかけられることもあるので、できるだけ早めに始めた方が良いです。

今回は、婚活における年齢の重要性や、選ばれるための条件についてご紹介します。

■婚活適齢期とは


結婚適齢期について考えたことはありますか?
結婚適齢期とはその名の通り、結婚するのに適切な年齢範囲のことです。
自分の将来を考えた時、子どもが何人欲しいなどの人生設計をすることで、結婚適齢期は変わってきます。

男性は年下を好み、女性は年上を好む傾向があるので、一般的に男性は20代後半〜40代、女性は20代前半〜30代が結婚適齢期と言われています。

しかし、現在は男女とも初婚年齢が高くなっています。
そこで、「婚活を始めるのにちょうどいい年齢はいくつなのか?」と疑問を抱く方もいらっしゃると思います。

結論から言うと、婚活を始めるタイミングは人それぞれです。
早い人だと20代から始めて、遅い人だと40代を過ぎて始める人もいらっしゃいます。

つまり、婚活に遅すぎる、早すぎるという基準(適齢期)はないということが言えます。

今や、女性も社会進出で責任のある仕事を多く任されている世の中です。
人それぞれの事情に合っている結婚や婚活のスタート時期が一番良いと言えるでしょう。

誰かと比べたり、焦って婚活しても良い結果は生まれません。
婚活を始めるなら、未来に前向きな気持ちを持っている時が一番良い時期です。

・婚活で有利な年齢

しかし、「婚活は若い方が有利」という現実も忘れてはいけません。
最近は男女問わず社会進出が進んでおり、結婚よりも仕事を優先する人が増えています。
バリバリ仕事がこなせることから、もし結婚できなくても自立した生活ができる、晩婚になっても大丈夫と結婚に焦りがない女性も増えているようです。

しかし、晩婚には気をつけた方がいいこともあります!

妊娠・出産について

婚活では、男女ともに結婚したら自分の子供が欲しいと考える人もいると思います。
しかし、晩婚となれば、高齢出産になるため、そもそも妊娠できるのか、無事に出産できるかという心配も出てきます。
20代と30代では妊娠のしやすさや体力にも違いがあるので、個人差はありますが子宝に恵まれないこともあります。
また晩婚の場合、退職後も支出が続く可能性があるので、働きながら子育てをすることを考えると、体力も経済力も必要です。
そうしたことも踏まえて、女性は35歳以上の高齢出産のリスクを考え、男性は老後の支出も考えて、早めに婚活することをおすすめします。

選択肢が狭くなる

アラフォーになると、同年代の異性との出会いが減ったり、意図せず年の差恋愛になる場合もあります。
年上や同年代を好む人もいますが、必ずしも理想の相手とは限らないでしょう。
歳が上がるとお相手の選択肢が狭まり、さらに結婚や恋愛に対する意識が欠ける心配があります。

また、独身時代が長いと、それぞれ自分のスタイルが出来上がっています。
夫婦間で妥協できない部分も多くなっていくので、些細なことでも喧嘩が始まり、離婚に至るケースも少なくありません。

焦りがなくても婚活は早い方がいい

晩婚は上記のように、気をつけた方がいいことがいくつかあります。
特に、将来子どもを産みたいと考えている人にとっては晩婚は大きなマイナス要素になる可能性があります。

また、婚活が遅くなると出会いのチャンスを減らすことにも繋がります。
早いうちから婚活を始めると、たとえまだ結婚願望がなくても人脈を広げる意味ではとても有効的です!
人脈が広がれば出会いも増えるので、本当に結婚したいと思った時に最適なお相手を選べるメリットがあります。
いろいろな人と接する機会を早いうちに設ければ、結婚相手を見る目も鍛えられるので相性の悪い相手を選ぶリスクも減らせるでしょう。

また、婚活では様々な出会いがあるため、意気投合すれば、複数の人と連絡交換をすることもあります。
結婚は交際とは異なり、人生を共にするパートナーなので相手選びにも慎重です。
そのため、一人に的を絞らず、自分に適した人が他にいないか天秤にかけることが多いのです。

これらのことからも、婚活では男女ともに若い方が圧倒的に有利です。
特に女性は、若ければ若いほど男性からアプローチを受けやすいので、それだけ出会いの数が多くなり、理想に近い相手を見つけやすくなるのです。

結婚までにはある程度の時間がかかる

婚活を始めても「結婚したい」と思える相手に出会うまでには時間がかかります。
交際期間や結婚までの準備期間なども考えると、さらに時間がかかるものです。
余裕を持って婚活をスタートすればじっくり相手を選ぶことができ、焦って失敗するリスクも少ないです。
もし将来子供が欲しい!などの明確なビジョンがあるなら、なるべく早いうちに積極的に活動をスタートさせることをおすすめします。

婚活で抱える年齢の問題

これは男女ともに言えることですが、結婚適齢期を過ぎても結婚していない人は「何か問題を抱えているのでは」と思われてしまう傾向があります。

特に何年も婚活している人の中には、「自己中心的」な考えを持っていたり、「ネガティブ思考」「周囲に対して批判的・攻撃的」「プライドが高すぎる」など、結婚相手として選ばれにくい考えを持った人も少なからずいます。
そういう人と出会い続けると、徐々に「未婚=何らかの問題を抱えているために結婚できない人」という考えになり、若い人を求めるようになるようです。

・婚活での平均年齢差

ここ数年、年の差婚カップルが増えています。
芸能界の年の差カップルが増えてきたことにより、「年が離れていても結婚できる」といったイメージが世間に浸透しているようです。

しかし、結婚する場合の年齢差について不安に思っている人も多いのではないでしょうか。
婚活するにあたり、相手の年齢はどれくらいまでなら大丈夫かどうかは気になるところです。

実際に、結婚相手の年齢の差はいくつまでならOKなのでしょうか?

某会社の調査によると、一般的に「5歳までならOK」という人が最も多数の割合を占めているようです。
男性は子供を考えた時、「女性は出産適齢期があるため、年齢の上限ができてしまう」と年齢差を気にする声が目立ちました。

その点、女性の年上男性への理解はかなり広いようです。
これには、男性側に出産適齢期がないので、特に子供が欲しい女性も相手の年齢にこだわらないことが挙げられます。
「年上の方が、人生経験も豊富で頼りがいもある」と、年上男性に包容力を求める女性陣も少なくありません。

こういった理由から、お互いの理想を叶えられるベストな年齢差として、平均5歳差という結果となりました。

しかし実際には、実年齢よりも若く見える人たちも多く、年齢差はあまり気にしないという声もあうようです。
年齢ばかり意識せずに、まずは人として向き合いましょう。
一個人として尊重し、割り切ったり認めたりすることも大切です。

■婚活パーティーで選ばれる年齢の基準


イケメン、美女、性格、年齢、年収など、婚活では相手に求める条件が少なからずあると思います。
しかし、これらの希望条件を全て満たす相手と出会える確立は極々わずかでしょう。

中でも、婚活での「年齢」は重要な要素となっていて、特にアラサー以降の世代にとって、婚活における状況は年々厳しくなっていると言えます。
そんなハンディを乗り越えて、「選ばれる」人になるために、婚活における年齢の重要性について知っておきましょう。

・婚活の対象年齢は理想に近づけるため

婚活サービスに年齢制限はなく、18歳以上の独身者であれば誰でも利用できます。

しかし、婚活サービスの中には、効率的な出会いを提供するために利用者の年齢を制限しているところも少なくありません。
その一例が婚活パーティーです。

現在、婚活パーティーに参加される方は年々増えており、20代~50代と幅広い年齢の方が参加されています。
婚活パーティーにはそれぞれ参加条件に「対象年齢」を設定しています。
そのため、その条件を満たす年齢のパーティーにしか参加できないようになっています。

最近ではパーティーのコンセプトとして、年齢や年収、職業、地域などを制限したものがあります。
最も多く開催されているのは、20代30代を中心としたパーティーですが、中には40代以上やシニア世代向けのものもあり、年齢で絞ったパーティーが多いです。
年齢制限が10歳~20歳と幅広いパーティーでは、普段の生活では出会うことができない世代の異性と交流できるチャンスがあります。
反対に、年齢制限が絞られているところでは、自分が結婚したいと考えている理想の年齢、年の差のお相手とピンポイントに出会うことができるでしょう。

・婚活で釣り合う年齢は±5歳

婚活パーティーに参加する方の大半は、同世代か年齢差プラスマイナス5歳くらいまでのお相手を希望しています。
自己紹介タイムやフリータイムでも、ある程度歳が近くて同世代の方が会話が合い、カップルになりやすいと考える人は多いです。
その理由は、5歳くらいの年齢差であれば、世代的にもジェネレーションギャップというものは少なく、結婚観も近いためにカップル成立しやすい傾向にあるからです。
これが10歳以上の差であれば、これまでの恋愛経験や異性の好みなどもずいぶんと変わってきます。
話が合わないどころか恋愛観・結婚観も変わってくるので、婚活パーティーで初対面の男女から恋人や結婚に進むということは考えにくいのでしょう。
また、将来子供がほしいと考える人の中には、妊娠・出産の問題や体力の差、収入面なども考えて、適度な年齢差を望む人が多いようです。

・婚活で年齢制限ギリギリでもOK?

婚活パーティーは年齢制限が設けれている場合がほとんどです。
自分の年齢が参加資格年齢のどの辺りになるパーティーに参加するのが良いのでしょうか?

年齢制限から1歳でも年齢がオーバーしていたら、あるいは1歳でも及ばなかったら、原則そのパーティーには参加できません。
しかし、運営会社によっては参加可能になる場合もあります。

また「◯歳位まで」といったあいまいな表現を目にすることがあると思います。
この「◯歳位」のパーティーでは、±3歳くらいまでなら参加OKといったケースもあります。
こうした年齢制限は同世代同士で会話を楽しむため、理想の年齢差のお相手を見つけるために設定されています。

あくまで年齢は一つの目安ですが、参加できたからと言って、パーティーで有利な立場になれるかというとまた別です。
参加条件の年齢制限ギリギリで参加するということは、そのパーティーでは最年長になってしまう可能性があるからです。
前述したように、婚活に年齢制限はありませんが、婚活では若い方が圧倒的に有利なのです。

そのため、効率的に婚活を進めていくのであれば、お相手の年齢にこだわるよりも自分が有利になれるタイプのパーティーを選びましょう。
年齢制限を上手く利用し、自分に合ったパーティーに参加することで、自分自身が有利になることは十分に可能です。

■婚活での年収と年齢の関係性

婚活では、男性は年収が高い方が人気で、女性は若い方がモテます。
実際に、婚活しているほとんどの人は、結婚相手として男性には「経済力」や「安定性」を求め、女性には「年齢の若さ」や「見た目の美しさ」を求める傾向があります。

ではなぜ、これほどまでに婚活では結婚相手として、男性の価値が「年収」で、女性の価値が「年齢」なのでしょうか?
その理由を知ることで、婚活を成功させるヒントに繋がります。

・婚活市場における男性の年収

若い頃はイケメンでオシャレでスポーツ万能な男性がモテますが、年齢が上がるとともに、モテる男は「一流企業に勤めている」「年収が高い」などモテる条件は変化してきます。

年収が高ければ「裕福な生活」「安心した生活」が送れるからです。
共働き世帯が増えたといえどもまだまだ男性の収入がメインの家庭は多いのが現状です。

女性としては年収が高い男性と結婚できれば、お金の心配が減り裕福な暮らしができます。
また、将来専業主婦になりたいと思っている女性も多いので、男性の経済的な安定は心の安定にも繋がり、需要が高まっていると言えます。

結婚生活を継続していく中でお金は必要不可欠です。
女性は現実的で、毎月の収入から家計をやりくりしたり、計画的に貯金するなど、経済観念がしっかりしている人が多いため、男性にも経済力を求める傾向があります。
収入が多ければ、結婚後に快適な生活が送れると考えるからです。

そのため、年収が高く、たくさん稼ぐという人だけではなく、勤続年数が長かったり、安定的に仕事している人も好まれます。
たとえ希望年収に達していなくても、これまで仕事を続けてきて、堅実に貯蓄をしている人もいるでしょう。
ある程度の貯蓄があることは、常識的な金銭感覚を持っていて、浪費癖がない、ギャンブルをしないなどの安心材料になるため、女性に人気のポイントになります。

・婚活市場における女性の年齢

男性はいくつになっても若い女性を好みます。
40代になっても「結婚するなら20代」といって結婚相手を探している男性はたくさんいます。

婚活では、男女ともに結婚相手の年齢は気はするものです。
それは、結婚と同時に将来子供が欲しいと考えている人が多いからです。

男性の多くは、本能的に女性に対して出産能力を求めるので、若い女性を好む傾向があります。
単純に年下の女性の方が好みという意見もあれば、妊娠・出産を考えてより若い女性が良いという意見もあります。
30代であれば20代の女性、40代であれば30代の女性、50代であれば35歳くらいまでの女性を希望条件として挙げる人が多いようです。

また、女性に比べて男性は容姿を重要視する傾向にあります。
特に結婚相談所やネット・アプリ婚活では、プロフィールの顔写真などの視覚的情報で相手を選ぶ決め手となると言っても過言ではありません。
婚活の場では、女性らしい見た目は男性の視線を集めるため、自然と結婚相手として意識します。

・結婚相手として人間性を測る指標

男性が女性に「年齢」を求めるのは「この女性は何か問題を抱えているため結婚できてないのではないか」という不安を避けるためです。
女性が男性に「年収」を求めるのは「裕福な結婚生活を送りたい」というだけではなく「この男性は努力ができず、いい加減で周りと上手くやれない人間ではないか」というリスク避けるためでもあります。

これらの項目は、結婚相手探しとしては重要なことですが、数値化できないため、代わりに「年齢」や「年収」といったわかりやすい数値に置き換えて結婚相手探しの重要なポイントとしているのです。

しかし、これらの条件はあくまでも一つの目安です。
婚活では、あなたが相手を選ぶように「相手もあなたのことを選んでいる」ということを忘れないようにすることが何より大切です。

■まとめ

婚活市場価値とは、結婚相手としての価値を示すものです。
婚活市場での価値が高ければ高いほど、結婚相手としての需要があるため、相手が見つかりやすく結婚がしやすいということになります。

婚活市場価値の具体的な要素は、男性と女性で多少異なります。

男性の場合、職業、年収、貯金、性格、容姿、学歴・・・
女性の場合、年齢、容姿、性格、家事能力の有無・・・など。

結婚相手に求める条件は人それぞれ異なりますが、一般的に異性が求めるものを持っていればいるほど、婚活市場価値は高くなります。

婚活は、若いうちから始めることで上質な出会いに恵まれやすく、その後の進展に繋がりやすかったりします。
中には、「まだやりたいことがたくさんある」「まだ必要がない」という方もいらっしゃると思います。
ですが、若いうちに婚活した方が結婚に繋がりやすいというのは事実なのです。

「若さ」というのは、万人に与えられた一つの貴重な価値だと思います。
年齢に限った話ではなく、結婚は運とタイミングもあるので、どれだけ一生懸命頑張っても、いい出会いがなければ何も始まりません。
ですが、そのスタート地点にすら立てていないと、いざ結婚したい!という時にさらに遅れをとってしまうことになります。
そうならないためにも、できるだけ早いうちから婚活を始めましょう!

ブランセルでは、あなたの結婚したい!を応援いたします。

関連記事

  1. 結婚生活にもドキドキ感は必要ですか?

  2. 結婚は顔じゃない!相手選びで大切なこと

  3. 婚活平均期間はどのくらい?結婚が早い人の特長

  4. 恋人

    お見合い結婚で幸せになれるのか?その真実は?

  5. 結婚とセックスの悩み

    結婚後のセックスの悩みはどうしたらいいの?

  6. はどうしたらいいの

    結婚出来た人がやった成功法とお勧め方法

  7. 婚活市場価値って何?

  8. 婚活はスピードが命!

  9. いくつになっても見た目は大事?相手を選ぶ基準

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。