アラサー婚活は厳しい?30歳過ぎの現実

アラサー婚活の現実をご存知ですか?
アラサー世代の婚活は、年々厳しい状況になっています。

しかし、そんな中でも見事に理想の結婚生活をゲットされてる方もいらっしゃいます。
厳しいアラサー婚活の現実では、どのように戦っていけば良いのでしょうか?

今回は、そんなアラサー婚活の現実と婚活で成功させるための方法をご紹介します。

■アラサー婚活の厳しい現実

「20代は仕事や遊びが忙しかった」という人も、30代に入って生活が一旦落ち着き、ふと将来のことを考えたりします。
自分と同じように仕事に熱中し、独身生活を楽しんでいた友人が結婚してしまったことをきっかけに焦りや不安を感じる人も少なくありません。
また先に結婚していった友人たちに子どもが生まれ、育児に励む姿を見て「私も子どもが欲しい」「家庭を持ちたい」と考えて婚活に踏み出す人も多いです。

しかし、一般的に「30代の婚活は厳しい」と言われています。
実際に20代と比べると、出会いやお見合いの申し込み数が少なくなるのが現実です。
その理由は単純で、多くの男性が若い女性を希望し、多くの女性が経済的に安定している年上男性を望んでいるからです。

でも、このまま受け身の姿勢ではどんどん出会いがなくなってしまいます。
結婚したいなら、20代の頃とは婚活に対する姿勢を少し変える必要があるでしょう。
ここでは、婚活の現実が厳しさの原因を探って、どうしたら結婚できるのか?解決策をご紹介します。

大切なことは「アラサーならではの強み」を理解して行動することです。
失敗を恐れずに勇気を持って婚活に臨むことが、行き詰まった婚活の解決策となるでしょう。

・30代で始める婚活はなぜ厳しい?

30代は男性にとっても女性にとっても人生の大きなターニングポイントです。

結婚、出産、転職と様々なことを30歳を区切りに考えるでしょう。
実は30歳は人生で最も生活が多様化する時期です。

友人や同僚の世間話を耳にするたびに、独身の自分と比較してしまうこともあるでしょう。
仕事が忙しい・・・時間がない・・・など、言い訳は簡単にできます。しかも、その方が「楽」なのも事実です。

ですが、30代ならまだまだ周囲に追いつき、自分の夢を叶えることができます。
30代からの婚活では、仕事が忙しい場合が多いですし、女性は出産を考えるとのんびりしている時間もありません。
焦る気持ちもあると思いますが、まずは自分にとっての最適な婚活方法を選ぶことで婚活期間を短くすることは十分可能です。
即断即決ができるだけの経験と価値観を身につけることが30代婚活の武器になります。

ここではまず、30代の婚活の厳しさについて確認し、自身の婚活を見直す参考にしてみましょう。

婚活相手に高望みしすぎる

結婚相手にある程度の条件を求めるのはごく普通のことです。
しかし、なかなかうまくいかない・・・という人の中には「理想が高い」ことが挙げられます。
このタイプの人は、たとえ素敵な人が現れても、自分の求める理想の条件に少しでも届かなければ「いい人がいない」とバッサリと切り捨ててしまいます。

これでは、自分の価値を高く見すぎる身勝手な言動が目立ってしまいます。
婚活では、あなたが相手を選ぶように「相手もあなたのことを選んでいる」ということを忘れないようにすることが大切です。
身の程をわきまえない言動は、婚活の場において良い結果を生みだすことはありません。

相手に多くを望む場合は、自分自身にもそれ相応の努力が求められます。
将来のことも考えて、最低限必要な自分の中で妥協できないポイントはしっかりと抑え、自分を磨いていくことが大切になってきます。

相手に求める条件が多ければ多いほど、出会える異性の数が減るということを忘れないようにしましょう。

婚活方法を間違えている

結婚に向けていろいろ行動をしていても、なかなか成果が出ない方に多いパターン。
アラサーの方がよく利用する「合コン」や「街コン」、「マッチングアプリ」などは気軽に始められ、比較的人気ですが、実は結婚までなかなかたどり着きにくいのです。
なぜなら、「婚活」目的のユーザーよりも「恋活」目的のユーザーの方が多く、かつ年下などと同じ土俵で戦わなくてはならないからです。

参加している人の層が合っていないと、なかなか自分の理想の人には出会えません。
それどころか、話も合わなかったり、無駄な時間を過ごすことになってしまいます。
婚活では、自分の参加しやすい場所や日時だけでなく、自分の出会いたい人がどこいるのか、参加していそうなエリア・日時、年齢という選び方もしてみましょう。

また、婚活している人の中には、参加方法が手軽なことから、軽い気持ちで利用している人も少なくありません。
もちろん、多くは今すぐにでも結婚を前提にお付き合いしたいと思っていると思いますが、中にはそうでない人もいる、ということを最低限認識しておく必要があります。
自分は結婚前提のお付き合いのつもりでも、相手は「とりあえず」「なんとなく」婚活している場合もあります。
婚活で出会った後は、お互いの恋愛や結婚に対する意志は早めに確認しておくべきです。
お互いの意識にあまりにも差がある場合は、そのご縁はあきらめて、次に進んだ方がいいかもしれません。

若い頃の自分の感覚のままでいる

「実年齢より若く見られる」「昔はすごくモテてた」など言う人がいます。
たしかに過去はモテていたのかもしれませんが、現状では婚活で苦労しているので、何のポイントにもなりません。

この感覚をアラサーになっても持ち続けて婚活をしてしまうと、非常に危険です。
なぜなら、周りのあなたを見る目が変わっているからです。
年齢だけで相手を判断してはいけませんが、その人を見る基準は年齢も含まれます。

婚活において若く見られるというのは、一見有利なことと思いがちですが、実は全く関係ありません。
なぜなら、皆の関心は「実年齢」だからです。
特に男性が女性の年齢に対して抱く関心は「丈夫な子供を産んでくれるか」という点につきます。

また、恋愛と結婚では相手に求めるものが変わってきます。
このようなことから、アラサーになって、若い頃の感覚を持ちながら婚活している方はうまくいかない傾向があります。

出会いが少なくなっている

アラサー世代になると、周りも結婚を徐々にし始めてくる世代です。
友人や職場など、日常で出会いを探そうとしても、なかなか難しいということもあるでしょう。
このようにアラサーになると、出会いがそもそも少なくなり、結婚しづらくなってくるという現実があるのです。

また、何度も言うようですが、婚活の場では「若ければ若いほど有利」なので、年齢を重ねれば重ねるほど不利になり、出会いの場でも出会いがなくなってしまうのが現実です。

・35歳での婚活はもっと大変

婚活市場では、30歳を超えると本人の努力によってやっと結婚できるようになるのが現状。
さらに、それが35歳以上になってしまうと至難の業なのです。
20代の若い頃なら、そこまで努力しなくても自然と相手が寄ってきてくれたり、多少自分の希望条件と違っても若さゆえに柔軟性があり、条件というよりかは好きという気持ちが最優先されてくるでしょう。

しかし、歳を重ねていくにつれて自分自身の知識や経験が共に積み重ねられてきた分、相手を選ぶということに慎重なり、気持ちよりも条件を優先させてしまう傾向があります。
そして、キャリアを積んだ人たちが素敵だと感じる異性の多くは既婚者となっており、結婚相手の候補者の絶対数も減ってしまうのです。

また婚活している男性の中には、女性をいろいろな理由で35歳で線引きしている人も多く、ある種の偏見のようなものになっているのかもしれません。
でも、これは女性が年収や貯金等のスペック面を希望しているのと同じなので、一概に批判することはできないのです。

では、35歳の婚活がより厳しいと感じる理由は何なのでしょうか?

妊娠・出産へのタイムリミット

最近では40歳を過ぎても妊娠し、出産する人は増えています。
ただ、医学的な発展が進む一方で妊活も楽ではなく、できる限り自然な妊娠をしたいと誰もが思うものです。
晩婚化の世の中に伴い、妊娠する年齢も高くなる傾向にありますが、35歳を超えると高齢出産になります。
数値的にみても35歳を境に妊娠率が低くなり、出産のリスクも高まるというのが現状です。
こうした状況に追い打ちをかけるのが、男性の本能的に自分の子供を産めるかどうかで女性を選んでしまっていることです。
男性の多くは結婚の先に少なからず子供を望んでいます。
そのため、35歳というタイムリミットを迎える前の女性を希望する男性が多いのです。

変えることができない理想

誰にだって自分の理想はあります。
結婚は若い頃のようにただ好きだからと言ってできることではないので、内面的なことばかりではなく、現実的にお相手の年収、職業、家族状況などのスペックは大事な要素になります。

30代に差し掛かると、それなりの人生経験、社会人経験も豊かになり、それなりの恋愛も経験することにより異性を見る目が肥えてきます。
仕事もプライベートも充実し、時間や精神的にも余裕のある人たちは、歳を重ねるとともに理想のハードルが上がっていき、自分に釣り合う相手を求める傾向があります。

そのため、少しでも相手の欠点が目につくと、この人よりもっと良い人がいるはず、もっと良い人と出会えるはずと考えてしまい、結婚相手の候補から外してしまいます。
その結果、年収1000万円以上のイケメン、20代でスタイル抜群の美女というような非現実的な条件となってしまいます。
お互いをもっと深く知ったら、欠点が気にならないほど好きになれたかもしれないのに、自分のプライドが許せないばかりに、せっかくのご縁を無駄にしてしまうのは非常にもったいないことです。

最近では結婚に対する意識が高い20代女性が多く、すでに真剣に婚活を始めているのです。
婚活市場では女性は1歳でも若い人から順に求められていくと言っても過言ではありません。
そのため、20代の需要が最も多く、次に30代前半が求められ、35歳からは成婚率が非常に低くなるのです。
30代前半と後半でも状況は全く違ってくるのが現状なのです。

高いプライドが邪魔をする

数々の厳しい婚活状況を知り、自分でも体験したとしてもどうしても「自分だけは違う」と思っている人も多いはず。
何の努力もしないで「いつか結婚できる」なんて思っていたら、いつまでも結婚はできないのです。
結婚していないのではなく、結婚できない自分という現実を受け入れる必要があります。

多くのキャリアを積み、自信のある人はとても素敵です。
でも、余計なプライドを捨てて素直になることが婚活の現場では重要です。
もちろん、自分の理想や条件を妥協するということではありません。
ただ、この現状を知ることにより自分の結婚に対する価値観を見直すことの方がもっと重要です。
自分が思っている「普通の人」は今の自分には十分な高望みであることを理解しましょう。

求めるニーズと一致しない

30代女性の多くが、できれば年齢は同い年くらいがいい、40代以上、アラフォー男性は許容範囲外という理想や条件を掲げています。
一方で30代男性の多くは、「自分より年下で20代の女性がいい」と望んでいます。

また、女性も男性に対して安定性を求める傾向があるため、同世代の男性はまだ年収が低いということもあり、少し年上の男性を希望することが多くあります。
このように、男女間ではそれぞれ結婚相手に求めるニーズが違うため、そもそもマッチングすることが厳しくなっているのです。

このニーズの違いが、婚活がうまくいかない原因のひとつと考えられます。
うまくいかない婚活を改善するためには、相手のニーズを知り、それに合わせた婚活の戦略が必要になってきます。

結婚を焦ってしまう

30代で婚活している人の多くは、両親からのプレッシャーや周囲が結婚していくのを目の当たりにした焦りを感じています。
そのため、「早く結婚に近づきたい」という考えで相手の条件のみで決めてしまうと、ミスマッチやトラブルの原因となります。
30代の婚活は年齢的なこともあって、早めに結婚へと舵を切ることは大事ですが、焦っても良いことはありません。
焦ったところで結婚が近づくわけではなく、むしろ遠回りすることの方が多いのです。
のんびり恋愛を楽しむ時間の余裕はありませんが、じっくりと相手を見極める時間がなければなりません。

・アラサー女性の婚活は必死さが大事!

アラサーとは30歳前後の人を指す言葉です。
20代のうちは「30歳までに結婚」と考えている人も多いのではないでしょうか。
実際に、結婚適齢期は一般的に20代後半から33歳くらいを指すようです。

女性の多くは、収入面の安定や包容力など、同世代か年上を求める傾向があります。
しかし、同世代や年上男性は20代の若い女性を求めています。
アラサー世代は婚活市場でもまだ若い方ですが、それでも20代女性の10倍の努力が必要と言われています。
このように、特定の年齢を過ぎると出会いが減ってしまうのが現状です。

そんな結婚への焦りと同時に、女性の場合は出産への焦りもみられます。
35歳以上の出産は高齢出産に分類されます。
今は35歳を過ぎての高齢出産も珍しくはありませんが、高齢になればなるほど、身体への負担や回復も違ってきます。
多くの女性の婚活は、そうした出産リスクを考えて逆算して行っています。

アラサーなら、理想のパートナーに出会える可能性もまだあります。
将来子供が欲しいと思うなら、積極的に婚活をスタートさせましょう!

■30代で結婚できない人の共通点

結婚できない人の中には、原因があって結婚できないパターンと、自立したいたりできすぎていて結婚相手として避けられるという特徴があります。
もちろん、これは結婚できない原因の全ての要因ではありませんので、当てはまらない人もいます。
しかし、婚活していてもなかなかうまくいかない、結婚できないということは何らかの原因があるのは間違いありません。
特徴を知り、自身が当てはまっていないか?婚活を見直してみましょう。

・30代独身男性の特徴

ここでは、独身男性に共通する特徴をご紹介します。

理想が高い

結婚できない男性の一番の特徴は、結婚への理想が高いことです。
年齢を重ねるごとに周りには幸せな結婚をした友達も増えていきます。
また、自分でもより充実した結婚生活を送るため、情報収集したりするようになります。
そういった環境から、どんどん結婚相手や結婚そのものに求める理想が高くなっていくのです。

趣味に没頭している

30代の独身男性の多くは、趣味に没頭していることが挙げられます。
仕事の合間や休日の時間など、すべて趣味に費やす人も少なくありません。
そうすると、恋愛することが鬱陶しくなり、結婚への興味も薄れてしまいます。
一人の時間が長くなると、他の人間に気を遣うのが嫌になってくるのです。
また、休日は趣味、平日は仕事で忙しい独身男性が多いのも特徴です。
そのせいで、恋愛をする時間もなく、恋愛が煩わしいと思ってしまうこともあります。
そういった人の多くが結婚をしないことを選択したり、結婚できない独身男性になっていくのです。

プライドが高い

プライドが高く、自分の考えを譲れない人も多いです。
こういった人たちは独りよがりの考え方になりがちです。
女性から嫌われてしまい、結婚以前にお付き合いができない状態になってしまうのです。

一人の老後に不安を感じていない

男性は出産のリミットがない分、結婚に対して焦りを感じていない人が多いです。
口では「結婚したい」と言っていても、本心では一人の老後に不安を感じていないのです。
また、ある程度の年齢を重ねると、決して高い年収でなくても、一人で過ごせるほどの貯金や収入があるでしょう。
そのため、一人の老後に不安を感じてないのです。

こだわりが強すぎる

こだわりが強すぎたり、自分のペースがある人は、長年培った考えから抜けられず、疎遠されてしまいます。
そのこだわりを個性だと誇りに感じている男性もいます。
持って生まれた性格はなかなか直らないので、本人が直す気がないと、どんどん結婚できない状態になっていきます。

親離れ子離れができていない

独身の人の中には、親離れや子離れできていない場合が多いです。
いくつになっても親から見れば、子供はかわいいものです。
そのため、いつでも連絡を取ってきたり、恋愛にも口を出してくる親も多いのです。

また、そんな親を慕い、いるのが当たり前になってしまうと、何かあればすぐに親に頼ってしまいがちです。
これでは自立できないので、結婚の道が遠のいてしまいます。

常に受身である

常に受身姿勢で、恋愛に対してガツガツしていない男性も多いです。
そもそも恋愛に興味をなくし、結婚できないどころか、お付き合いすらできないの人もいます。
そのため、結婚できない状況になってしまうのです。

仕事に夢中

仕事は生活していく上でも大切なことなので、好きで仕事していることは素晴らしいことです。
しかし、あまり仕事に打ち込みすぎて、恋愛に時間を割く時間がなかったり、お付き合いしても恋人と会う時間を持てないと、結婚できない原因になるのです。

また、仕事に打ち込んでいる独身男性は、比較的に年収が高いことが多いのも共通する特徴の一つです。
そのため、結婚できないことに不安などがなく、一生独身でもいいと思っている人もいます。

神経質で潔癖症

神経質過ぎたり、潔癖症の男性は、結婚できない直接的な理由ではありませんが、あまり神経質すぎると、相手も疲れてしまいます。
また、潔癖症も性質なので仕方のない部分ではありますが、自分が触ったところを消毒などされたら「嫌われているのでは?」と思ってしまいます。
一般的にこうした男性を受け止められる女性が少なく、一生独身になってしまう原因になるのです。

結婚は自然にできるものだと思っている

独身男性の共通の特徴の中でも、「結婚できないこと」に気が付いていない一番の原因になるのが、結婚は自然にできると思っていることです。
もちろん、相手に対する条件など選ばなければ、結婚すること自体は可能でしょう。
しかし実際、結婚するまでには様々な過程を経て、結婚へと至ります。
独身男性はその部分がすっぽり抜けており、努力もせず、自分もいつかは結婚できると思っていることが多いです。

・30代独身女性の特徴

ここでは、30代の独身女性の性格などの特徴についてご紹介します。
結婚したい、結婚したくないに関わらず、その性格の特徴はあなたにも当てはまるものがあるかもしれません。
まずは、独身女性の性格や結婚できない特徴を知りましょう。

自立している

まず、独身女性の半数以上が一人暮らしをしているという特徴があります。
実家暮らしの方も少なくはありませんが、それでも家事をこなせる方が多く、30代以上の独身女性には、自立した生活を送ることができる方が多いのが特徴です。
そのため、自立心があり、自分一人でも生きていけるような生活力を養っている方がとても多いです。
自立した人間であることは良いところでもありますが、一方で独身女性は自分一人で生きていけるからこそ結婚に踏み切ることも少ないと言えます。

仕事も家事もこなせる

また、そうした自立心のある独身女性は家事も仕事も、自分の身の回りのことは何でもしっかりとこなすことができる方が多いです。
仕事に関してもバリバリと働くキャリアウーマン気質の独身女性は、仕事も男性以上にこなしている方が多いです。

反対に、仕事はしっかりとこなすが、家の中は散らかっていたり、なかなか掃除ができないなど、ズボラな一面を持っている傾向もあります。
しかし、こうした一面を外では絶対に見せないので、隙がなく堅い印象を与えてしまうのです。
そのため、男性からも「この人は一人でも大丈夫」と感じさせてしまい、恋愛対象として避けられることが多いです。

仕事が好きでやりがいを感じている

30代以上の独身女性は仕事が好き、また仕事に対してやりがいを感じているという方が多いです。
人間関係が良好で、男女の格差もあまりないことから、女性もバリバリ働ける環境が整っていることが多いです。

30代にもなると仕事にも慣れて仕事に対して考える余裕も出てきた頃です。
だからこそ仕事がどんどん楽しくなる年代であるとも言え、30代の独身女性はそうしたやりがいのある仕事の魅力にのめり込んでいく方も多いです。

収入が安定している

バリバリと仕事をこなしていることから、頑張れば頑張った分だけ収入にも比例していく方が多いです。
そうした頑張る人はその功績が認められ出世することも最近では多いです。

そのため収入が安定しており、一人での暮らしに困らない人がほとんどです。

男性と女性の収入格差も今やどんどん狭まっており、男性社会という風潮はどんどん薄まっています。
だからこそ30代の独身女性の割合も高まっているという傾向にあります。
そうした特徴から結婚できない、また結婚に対して積極的になれないという方が増えています。

趣味を楽しむ余裕がある

趣味を持っている人も多く、私生活はほとんどその趣味に対して没頭しているという方も少なくありません。
その趣味はジムに通ったり、料理教室へ通ったり、ペットを飼ったり、実に様々です。
そうした理由から恋愛に対して積極的になれず、結婚することで大好きな趣味をする時間が損なわれるのではと考えるという特徴から、結婚できない、また結婚したくないと考える人も多いです。

一人の時間を大切にしたい

趣味と合わせて、自分一人の時間は大切にしたいと考える人も多いです。
普段仕事では毎日誰かと喋っていたり、慌ただしい日々を送っていますが、その分休日は一人で好きなことをする時間として取っておきたいと考える人も多いです。

結婚すると、しっかりと家事をこなさなければいけない、また子供の世話をしなければいけないなど自分の時間がどんどん減っていきます。

そのため、独身であることで一人を楽しむ時間を確立したいと考えるのです。

恋愛に対して受け身である

恋愛に対して受け身であるという点も挙げられます。
30代以上の独身女性は仕事や趣味は積極的なのに対し、どうしても恋愛に対して受け身になっているという点が特徴として挙げられ、そうした方はほとんどが若い頃から男性にモテていたという特徴もあります。
ですが、結婚を意識しだすと男性も女性も恋愛に対してためらいが出てしまうのは当たり前のこと。
そのため、結婚したいけど結婚できない、という状況ができてしまいます。

恋愛に対してトラウマがある

恋愛に対して嫌な経験、またトラウマがあるという人も少なくありません。
その特徴として、例えば付き合った後に不倫が発覚したり、浮気をされた、ひどい振られ方をしたなど、恋愛に対して嫌な経験があり、もう恋愛なんてしたくないという人もいます。
また、そうした報われない恋愛を20代の頃にだらだらと続けていたせいで、婚期を逃してしまった、また恋愛に疲れてしまったと感じる人も多いです。

理想が高い

30代以上の独身女性は恋人や結婚相手に対する理想がとても高いという点が挙げられます。
ですが、その理想は本当にあなたに合うものなのでしょうか。
もしかすると、理想が高すぎて周りの素敵な男性をしっかりと見ることができていないだけかもしれません。
婚活がうまくいかないという人は、一度条件を見直してみましょう。

結婚に踏み切る勇気が出ない

ある程度の年齢を重ねると、結婚できないと焦る一方で、新たな恋愛や結婚に対して踏み切る勇気が出ないという特徴もあります。
このタイプの人は、せっかくお付き合いしても、プロポーズされても本当にこの人で良いのだろうかと躊躇してしまう方が多いです。
そうしたためらいいから、結婚のチャンスを逃してしまうという方も。
このように、結婚に対する覚悟ができず、結婚できない状況を作り出している人が非常に多いです。

尽くされるより尽くしたいタイプ

男性に尽くされるより尽くしたい!というタイプの方は、実は結婚できない傾向にあります。
男性は本能的に恋愛において、女性に追われるよりも追いたいという傾向があります。
だからこそ、尽くされすぎるとその女性を蔑ろにする傾向があるのです。

その結果、男性が浮気をする、また金銭を要求するようになるなどトラブルに発展して恋愛に対してトラウマを抱えるという人もいます。

一概には言えませんが、女性は尽くされる方が幸せになれると言われています。
そうした恋愛ができるようになると、結婚へ近づくことができるでしょう。

私生活において自信がない

仕事はバリバリこなしてやりがいや自信を持っている一方で、私生活において自信がないという人もいます。
仕事ができる事に対しては自信があるけれど、自分の性格は男性に好かれるものではないし、家も人様に見せられるものではないし、と卑屈になっている独身女性は実は多いです。
また、年齢に対しても卑屈になっている人も多く、30代を過ぎると、途端に自信を失い、せっかくの出会いもうまくいかなくなってしまうことがあります。

ネガティブな思考は、相手に良い影響を与えることがありません。
自信がないと言ってる人に対しては誰も魅力を感じないので、できるだけポジティブな発言や思考で考えるようにしましょう。

将来に対する不安がある

30代以上の独身女性の中には、将来に対する不安を抱えている方も多いです。
結婚できないことで、老後に対する不安や大変な思いをするのではないかなど、漠然とした不安を抱えている傾向があります。

今は収入が安定しているからなんとかなるものの、結婚できないことにより老後の不安を感じたり、万が一怪我や病気をしたら大変だと将来に不安を抱えている人も多いです。
そのため、私生活でもそうした不安に備えるような特徴があります。

■アラサー婚活で勝ち抜く5つの方法

アラサーの婚活は厳しいということは十分おわかりいただけたと思います。
しかし、婚活市場ではさらに年上の方々も婚活されています。
今頑張らなければ、ますます婚活市場で厳しいと感じてしまいます。
ここで諦めてしまっては、良い出会いも訪れません。
30代になると異性との出会いが少なくなりますが、焦らず、そして諦めずに婚活することが成婚への鍵です。
日々の出会いも大切にしながら、婚活を楽しんでいきましょう。

ここからは、そんなアラサー世代の皆様が婚活を成功させるポイントをご紹介します。

・婚活の現実を知る

婚活で理想を追い求める人ほど、婚活で失敗しやすいです。
婚活で求めるハイスペックな武器を兼ね備えた人たちは、お見合いや婚活パーティーに参加せずともモテています。
そのため、アラサーで婚活成功を目指すなら、まずは婚活の厳しい現実を受け入れ、自分の年齢やスペックにふさわしい婚活方法を実践すべきです。

・条件の許容範囲を広げる

一生に一度の結婚に対して、失敗したくない、後悔したくないと思うのは当然のことです。
しかし、結婚相手に求める希望条件があまりに厳しいと、婚活で成功する範囲を狭めてしまいます。
それだけ希望するお相手に出会える確率も低くなるということです。

少しでも希望条件と違うからと切り捨てていては、いつまで経ってもうまくいきません。
希望条件はあくまでも目安と考えましょう。

まずは会ってみよう、話を聞いてみようと出会いの最低ラインを設けると、出会いのチャンスは大きく広がります。
希望条件に満たなくても、実際に会ってみるとフィーリングが合ったり、居心地がよかったりするケースは多いものです。
人は条件やスペックだけで判断できません。

また、こうした条件だけで相手を選んでしまうと、結婚後にやっぱり合わなかったとミスマッチやトラブルを起こす原因になります。
その人の人間性や魅力は、実際に会って話をしてみないと見えてこないのです。

また、昔モテた経験のある人ほど、相手にあれこれ求めてしまう傾向にあるようです。
せっかく良い相手を見つけても、この人より良い人が居るかもと考えてしまったら、せっかくのチャンスも逃してしまいます。
そのため、婚活ではある程度の許容範囲を広げることも大切です。

・言い訳しない

この年齢になるまで結婚できなかったのは仕事が忙しかったから、出会いがなかったから、など言い訳していませんか?
たしかに、仕事が忙しかったり、人によっては親の看護をしていたり、なかなか結婚できない理由はあるでしょう。

しかし、婚活と仕事、趣味など生活の両立ができなければ、いくら婚活しても、いつまで経っても成功することはありません。
本当に結婚できないのは、今ある現況だけではないはずです。
仕事は仕事、休みの日は切り替えて婚活に励むなど、しっかりと婚活と仕事、プライベートとの時間のバランスを見直してみることも大切です。

・積極的に行動する

「黙っていても声をかけられる」という特権は20代の若いうちまでです。
「学生の頃はモテた」という感覚で婚活をしていては、いつまで経ってもチャンスを掴むことはできません。

歳を重ねても幸せを掴める人は、積極的に行動できる人たちです。
また、結婚という目標のために自分磨きや努力を怠らずに実践できる人たちです。
こうした人は出会いのチャンスが増え、婚活でもカップリングできる確率も高くなります。

よく男性は追いかけたくなる女性が好きと言いますが、現代の婚活では、女性は待っているだけで通用する時代ではありません。
ただ相手からのアプローチを待っているだけの女性では、20代の女性や他の女性に負けてしまいます。

たとえ好みの相手ではなくても積極的に話しかけて、どんどんコミュニュケーションをはかっていきましょう。
いろんな人と出会うことで、自分自身の価値観や視野も広がり、次第に婚活も楽しくなっていきます。

・自分に合った婚活方法を見つける

どれだけルックスが良くても、20代相手に張り合って勝ち目はありません。
婚活では若いことが何よりのステータスなのです。
そのため、30代で婚活するなら、自分が有利になる出会いの場に参加することです。
例えば、同世代か年上世代がメインの婚活パーティーに参加したり、より真剣な人たちが集まっている結婚相談所へ登録するなど、婚活を始める際はなるべく自分が年齢的に有利になるものを選ぶと良いでしょう。

もし、なかなかあなたに良い相手が現れないのは、あなたが競合すべき市場を間違っているからかもしれません。
婚活しても良い人が見つけられない場合は、一度見直してみましょう。

■まとめ

今回は、アラサーが知っておきたい婚活の現実と、婚活がうまくいかない原因、そして婚活を成功させる方法をご紹介しました。

今回ご紹介してきた内容は、あくまで一例に過ぎませんが、婚活を始める際にぜひ肝に銘じてほしいことがあります。
それは、「婚活すれば、結婚できるというわけではない」ということです。

特に、30代を過ぎてからの婚活は厳しい現実があります。
そのため、黙ってても出会いがあった若い頃のように受身の姿勢ではうまくいきません。
結婚するためにはしっかりと戦略や目標を立てて、積極的な行動あるのみです!

ブランセルでは、結婚したいと願うあなたの出会いを全力サポートいたします。

関連記事

  1. 交際0日婚は意外と多い?友達から始める結婚観

  2. 婚活のコツは?成功する人の共通点から学べ!

  3. 女性が結婚に憧れるのはどうして?

  4. ライフプラン

    婚活あるある「まだ、結婚はいいかな…」

  5. 婚活はいつから始める?成功の鍵はスピード

  6. 婚活で男性が女性に求める条件に近づくポイント

  7. アラフォー婚活漫画

    アラフォー婚活で失敗する人成功する人

  8. 婚活市場価値って何?

  9. 結婚は顔じゃない!相手選びで大切なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。