お見合いプロフィールは自己PRが勝利の決め手

結婚相談所へ入会したものの、プロフィールの内容や自己PRの書き方がわからない・・・具体的に何をアピールしたら良いのかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。

婚活サイト・婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所などの婚活サービスにおいて、自分自身の写真やプロフィールは第一印象を決定づける大切な要素です。
特に自己PRは、読んだ相手に「会ってみたい」「お話してみたい」と思ってもらえるように、しっかりと自己の紹介とアピールポイントを書く必要があります。

自己PRで好印象を与えることができれば、お見合いが成立する可能性がアップします。
今回は、結婚相談所で必須のお見合いプロフィールの戦術として、初めての方でも簡単に作成できる、異性を惹きつける自己PRの書き方を紹介します。

■お見合いプロフィールで自己PRを書く目的

お見合いではもちろん、ネットで出会う婚活サービスにおいて写真もとても重要です。
しかし、どんなに写真映りが良くても、プロフィール詳細の自己紹介内容が薄ければ、お見合い相手として選ばれない場合もあります。

お見合い写真や自己紹介は、結婚相談所のお見合いや婚活サイトを利用している多くの方達が一番初めに目を通すもので、お見合い相手を知る手掛かりにもなります。
「自分に自信がないから細かいことは書きたくない」「面倒だから簡単に済ませよう」とは思わず、気持ちを込めて丁寧に書くようにしましょう。

自己紹介文で自分を上手くアピールすることができれば、相手の目に留まりお見合いを申し込まれる率も高まります。
まずは、プロフィールで自己PRを書く目的や、書くことでどんな効果があるのかを解説していきます。

・そもそもプロフィールとは

結婚相談所でお見合いをする場合は、写真やプロフィールの作成が必要です。
プロフィールは、昔ながらのお見合いでいう身上書や履歴書のようなもので、お見合い相手を選ぶ際の判断材料にもなります。

・条件にマッチした人を見つけやすい

「あの人いいなと思ってたけど、話してみたら希望条件の人と違った」って経験ありませんか?
せっかくいい人見つけたと思っても希望条件と違ったらがっかりですよね。
その人に費やした時間も無駄になってしまいます。

しかし、プロフィールをあらかじめ見ておけば、会う前の段階で自分の希望条件に合った人を絞ることができ、婚活も効率的に進めることができます。
婚活でのプロフィールは、お互いにいい出会いをするために必須のものなのです。

・聞きにくいことが一目でわかる

婚活をしていると、相手に聞きたくても聞きにくいことってありますよね。
例えば、結婚後は専業主婦or仕事をする、離婚歴や子供の有無など、知り合ってすぐに聞くのは勇気がいります。
しかし、婚活プロフィールにあらかじめそういったことが書かれていれば、相手に気を遣わずに相手のことを把握できます。

・相手に興味を持ってもらうことができる

お見合いでは、事前にネットや専用アプリからお互いのプロフィールを確認することができます。
特に自己PRは、自分の人となりを表現するための重要なポイントです。
自己PRに記載されている内容が少ないと、相手の脳に印象を残すことができず、興味を持ってもらうことも少ないでしょう。
相手に興味を持ってもらうためには、自己PRをしっかりと記載する必要があるので、決して手を抜かないことが大切です。

・共通点を見つけることができる

自己PRは「自分と話が合う人間なのか」「相性の良い人間であるか」を判断する材料となります。
共通点が記載されていることで、相手に「話をしてみたい!」と興味を持ってもらうことができるので、自己PRだけを見て自分がどのような人間なのかわかるように、細かい部分まで記載することが大切です。
そうすることでお互い共通点を見つけ出しやすくなり、話しかけてもらえるチャンスも増えるので、自己PRでプラスの印象を相手に与えられるよう考えていきましょう。

・会話のきっかけになる

初対面で相手のことを何も知らない状態で話し始めるのはなかなか難しいですよね。
そんな時、このプロフィールを事前に見てもらうことで、実際お見合いした時も話しやすくなります。
年齢、職業、趣味など、何でも良いのでお相手の会話のきっかけになりそうなことや、お互いの共通点を見つけやすいように工夫して書くようにしましょう。

■お見合いプロフィールの基本の書き方

婚活サイトや婚活アプリ、婚活パーティーなど、あらゆる婚活サービスでまず最初にお相手が見ることになるのがあなたのプロフィールです。
結婚相談所を利用したお見合いも同様です。
プロフィールは、顔写真と合わせて、第一印象を決定づける大事な要素となります。

結婚相談所に入会したら、まず最初にするのが自分のプロフィールの作成です。
お見合いの申込みを受ける、あるいは承諾してもらうための大切なアピール材料となります。
就職・転職の際に書く履歴書のように、誰から見ても自分自身の人となりがわかるように書き、しっかりと自己アピールする必要があります。

多くの結婚相談所では仲人や担当アドバイザーを介して、あるいはデータマッチング機能を利用して、あなたのプロフィールを希望条件に合う異性に見てもらいます。
お互いが「会ってみたい」となればお見合いが成立し、そこで初めて直接対面することができます。
どれだけあなたが魅力的な人間でも、プロフィールで自分の魅力を表現できなければ、お見合いや交際の申込みが来ることはありません。

ここでは、結婚相談所のプロフィールの基本について学びましょう。

・自己PRの基本は200文字

まずは自己PRの基本について、PRポイントを押さえておきましょう。

結婚相談所のプロフィールは、自己PR欄や自由記述欄として設置されており、200~300文字くらいのボリュームです。
就職活動のエントリーシートや履歴書と同じように、結婚相談所のプロフィールも相手に読んでもらわなければ出会いは始まりません。
自分本位ではなく、「相手ありき」の文章を意識して書くようにしましょう。

・相手に興味を持ってもらう内容を書く

大前提として、自己PRは相手に読んでもらわなければ意味を成しません。
自己PRを書く際は、相手に興味を持ってもらえる内容を意識しましょう。

例えば、「趣味は映画鑑賞です」だけでは、事実を書いているだけで何も伝わりません。
「アクション映画が好きで、週に1回は必ず映画館で観ています」というような書き方をすれば、あなたの人となりが相手に伝わり、同じ趣味を持つ人からアプローチされる可能性が高まります。

自己PRを書く時は、相手の興味を惹こうと奇抜な文章を書く必要はありません。
あなたという人間が魅力的に見えるように書き方を工夫しましょう。

・性格の長所短所は客観的な視点で書く

性格やチャームポイントなどについても書くと、自分がどんな人間なのかアピールすることができます。
その際、良いことばかりじゃなく、欠点も正直に書いてある方が好感を持たれやすくなります。
長所ばかりをアピールしてカップルになっても、お付き合いするうちに欠点があらわになって結局フラれてしまうということもあり得るので、最初からできるだけオープンにしていきましょう。

例えば「ちょっとおっちょこちょいなところがありますが、一緒にいると安心するとよく言われます」など、欠点の後に、必ずフォローを入れるのが鉄則です。
あまりにネガティブな印象を受けるような言い回しは避けた方が無難です。
できる限りポジティブな言い回しになるようにしましょう。

また、自己PRに自分の長所を書く時は、客観的な視点を持つことが大切です。
自分目線で書くとどうしても抽象的な内容になってしまい、説得力に欠けます。
周りからの印象や長所に繋がるエピソードなどを織り交ぜながら、具体的な例を挙げて客観的な視点で書くと良いでしょう。

例えば、「マラソン歴10年以上で忍耐強さには自身があります」「友人から面倒見が良いと言われます」という書き方であれば、長所の理由付けになりますし、事例を根拠とした説得力のあるアピールになります。

具体例を書くことで長所の内容に説得力を持たせるだけでなく、客観的な視点も兼ね備えているという印象を与えることができます。

・希望条件は書き過ぎない

「年収〇〇〇万以上」「年齢は〇歳まで」など、結婚相手には少なからず希望条件を持っていると思いますが、それを自己PRに書いてしまうと、希望に合わない人をはねつける印象を与えます。
せっかく理想のタイプに近い人であったとしても、これではご縁を逃してしまいます。

希望条件を満たしていない人でも、実際に会って話をしてみると、性格や価値観が一致して意気投合することもあります。
婚活をしていて「良い人が見つからない」「出会いがない」という人は、プロフィールで相手を選別しがちです。
譲れない条件があるとしても、わざわざ自己PRに条件を羅列して門戸を狭める必要はありません。

自己PRに文字数制限はありませんが、限られたスペースであなたの人柄や結婚観が相手に伝わるメッセージを意識して書きましょう。
婚活を始めた理由や意気込みはもちろん、結婚後の生活のイメージなど相手に伝えたいこと、知ってほしいことを書きます。
自己PRでは理想のタイプや結婚像について書く際は、条件を羅列しすぎないことがポイントです。

内心では細かに理想像を描いていたとしても、文章にして書く際はやわらかくオブラートに包んだ表現を考えてみましょう。

・ネガティブなことは書かない

「仕事が忙しくて恋愛する時間がありません」「趣味は特にありません」といった内容では、お相手は「この人、結婚する意志があるのかな?」と疑問に思ってしまいます。
同じ内容でも「仕事が好きで毎日充実しています」「新しい趣味にチャレンジしたいと思っています」など、ポジティブに変換するだけで明るい印象に変わります。

また、「長年付き合っていた恋人と婚約寸前で別れました」「今まで異性と付き合ったことがない」「人見知りで話すのが苦手」など、過去の恋愛経験や自分の性格ついても、自分自身は謙虚な気持ちから書いたつもりでも、読み手にとってはネガティブな印象を受ける文章もあります。

相手に自分のネガティブな部分も受け入れてもらうことも、結婚相手を見極めるためには大事ですが、それは交際が始まってからでも遅くはありません。
自己PRは異性へのアピールを書く場所なので、自分にとってプラスになる情報だけ書くことを心がけましょう。

どうしてもネガティブ寄りな内容になってしまう時は、ポジティブ要素に変換して書くようにしましょう。

・相手を否定する文章は書かない

「〇歳以上の方はお断りします」「大卒以上の方でないとお見合いはしません」など、お相手に対して否定的な自己PR文を書くと、「性格がきつい」「壁がある人」と悪い印象を与えてしまいます。
そういった印象を相手に与えてしまったために、せっかくの希望に沿った相手からのアプローチを無駄にすることにも繋がります。
なるべく多くの方からアプローチしてもらい、あなたのパートナーに相応しい人を見極めるのであれば、なるべく門戸は広くしておいた方が良いでしょう。

・自己PRの参考例文

ほとんどの結婚相談所では、200文字から300文字程度で自由記述式の自己PRを記入します。
自己PRは、単に自己紹介文を書けば良いというものではありません。
自己紹介を交えながら、あなたの性格や結婚観などアピールポイントを踏まえて、相手に興味を持ってもらえるような魅力的な自己PR文を書くことが大切です。
結婚相談所大手のIBJメンバーズでは、サンプル会員のプロフィール例が閲覧できるので、参考にして書いてみましょう。

サンプル会員のプロフィール例
(参考:http://www.ibjapan.com/trial/f_08.html

■プロフィールで好印象を与える7つのポイント

お見合いの自己紹介文を書く前に、自分のアピールできるポイントを考えてみましょう。
年齢、職業などの基本的な情報に加え、趣味や興味、休日の過ごし方を書くのも有効です。

休日の過ごし方は、その人が日頃どんな生活をして、どんなことに興味があるのかなど生活感が現れやすく、読み手もデートのお誘いや将来の結婚生活をイメージしやすくなります。

自分を上手くアピールすることができれば、相手も親近感がわき「会ってみたい」「話してみたい」など好印象を与え、お見合いへ繋がる可能性も高いです。
ここでは、プロフィールで異性を惹きつける自己PRを書くためのポイントをご紹介します。

1.婚活での自己PRは簡潔に!

普段から文章を書き慣れていない人は、自由記述式になっている自己PR欄などに苦手意識を持ってしまうかもしれません。
何を書けばいいかわからない場合は、短く簡潔な文章を心がけましょう。

自由に書き込みができる自己PRですが、相手にアピールしたいポイントは、多くて2つまでに絞るようにしましょう。
アピールポイントが多くなれば多くなるほど、一つのアピールポイントが軽くなってしまったり、印象に残りづらくなってしまいます。

また、婚活では人より目立とうと抜きん出た特別なことを書く必要はありません。
特別な才能や実績のある人が婚活で有利かというと、そんなこともありません。

婚活では、「真面目に結婚を考えている」「幸せな家庭を築きたい」という謙虚さや誠実さが伝わる文章の方が、相手に好印象を与えます。
自分のアピールポイントが見つからない・・・という人は、あなたの結婚への強い思いをしっかりと言葉にすると良いでしょう。

2.空欄や嘘の記載はしない

結婚相談所によってプロフィールの項目は様々です。
基本的なことですが、すべての項目について偽りなく、正直に書く事は言うまでもありません。

そこからさらに出会いのチャンスを多くするためには、「お相手が見て自分に興味を抱かせる内容」を意識して書く必要があります。
基本的にどの項目も入会時に証明書を提出している以上、嘘を書くことはできません。
女性にとってははっきりと書きたくない年齢も、結婚相手として選べられる側となると正直に書く必要があります。
出身地は結婚前の挨拶回りなどでも伺うことになるので、市町村まで書くことをおすすめします。

3.アピールポイントを絞る

職業や性格、趣味、興味など、自分のアピールポイントがたくさんある場合は、ある程度に絞りコンパクトにまとめましょう。
アピールポイントをただずらずらと並べると、結局言いたいことが相手に伝わらない場合もあります。

また、あれもこれもと自分をアピールしてしまうと、文章も読みにくく威圧感があります。
自己紹介文を書く時は、自分を主張しすぎない程度にアピールすることが大切です。

4.趣味や興味関心事を織り交ぜる

趣味や興味などは具体的に書きましょう。
例えば、スポーツやドライブが趣味の場合、「スポーツの○○が好きです」「車で遠出するのが好きです」だけでは、内容としては不十分のため相手の印象にも残りづらいです。
書く時は、「趣味はスポーツの○○です。休日は○○をしながら過ごすことも多いですが、友人達を誘って、ドライブを楽しむことも好きです」など、相手にわかりやすく伝えることも大切です。

自己紹介文を書く目的は、相手に好印象を与えて選んでもらうことが狙いです。
趣味や興味などを具体的に書くことで、相手との共通点をきっかけにお見合いへ申し込まれる場合もあります。

5.自分を過大評価しすぎない

自己紹介文を書く時は、自分を過大評価しすぎないこともポイントです。
ありがちなのが、お見合いや婚活に対する自信のなさから、自分を良く見せようと過大評価してしまうことです。
例えば、「大手企業に勤めているので収入は安定しています」「職場からの信頼も厚いです」など、本来自分から発言するものではなく相手が聞いても気持ちの良いものではありません。

また反対に、ありのままの自分を全て伝えようとするのも注意が必要です。
まだ付き合ってもいないのに、あれもこれも押し付けるような書き方をしては「こちらには合わせる気持ちがないのかな」と相手に自分中心なイメージを与えてしまいます。
自己紹介文を読んだ相手がどう思うか、どんな印象を与えるのかなど細かいところまで意識して書くと良いでしょう。

6.共感しやすい気持ちを伝える

趣味や興味がなく、自己PRで何を書いて良いのかわからない・・・という方は、自分の自己紹介文を読んだ時に相手が「共感・共有」できるかどうかを前提に考えてみると良いでしょう。
特に女性は、共感や共有する気持ちを感じた人へは安心感を抱き、心を開きやすいものです。

例えば、「動物が好きで犬を飼っています。動物好きな方と一緒に楽しい時間を過ごしていけたらと思います」「休日はアクティブに活動することもありますが、家でのんびり過ごすことも大好きです」「旅行好きで月に一度出かけているので、一緒にどこかへ行きたいです」などは、読んでいて堅苦しいイメージや威圧感が全くありません。
自分はこんな風に休みを過ごしているということをさりげなくアピールすることで、相手も共感・共有する気持ちが芽生え、興味を持ってもらえる可能性が高いです。

7.はじめと終わりに感謝の気持ちを表す

自己PRの「はじめ」と「終わり」に感謝の気持ちを書くと、誠実で真面目な印象を与えます。

はじめに、「たくさんの会員の中から私を選んでいただき、ありがとうございます」
終わりに、「誠実な方と出会いたいと思っています。よろしくお願いします」
といった感謝の言葉が添えてあると、それだけで好感度が高くなります。

自己PRの内容自体はしっかりと書いていても、感謝の言葉まで書いている人はあまり多くありません。
ちょっとした工夫で他の会員と差をつけることができるので、非常におすすめです。

■まとめ

今回は結婚相談所のプロフィールを基に、お相手に興味を持ってもらうためのポイントと自己PRの書き方などご紹介してきました。

プロフィールはお見合いでの出会いのきっかけとなる大事な要素です。
第一印象を決定づけるプロフィールは、婚活成功のカギと言って良いでしょう。

相手に自分を知ってもらうために書くのが自己PRです。
自己PRを書くコツは、「相手にどう思われるか」を意識することです。
自慢話や自分を過剰評価しすぎてしまうと、相手に嫌な思いをさせてしまい逆効果になる場合もあります。

また、プロフィールは相手への要望を告げる場所でもありません。
誰が目を通しても気持ちよく読み進められるよう、明るくポジティブな文章を心がけましょう。

お見合いを成立させるためには、プロフィールの自己PRの内容がとても重要です。
たとえ容姿やスペックが優れていたとしても、自己アピールが下手な人は自分自身の魅力を十分に伝えることができません。
文章を書くことが苦手な方であっても、結婚に対する真剣な気持ちが伝われば、文章力はそこまで気にする必要はありません。
自己PRを書く時は、独りよがりにならないように、相手に自分がどのように見られているかを意識して書きましょう。

ブランセルでは、1年以内の結婚を目指すあなたの出会いをサポートいたします!

関連記事

  1. 最後の挨拶まで気をゆるめない

  2. 「どうして私なんかと」は言わないでおこう

  3. メールの返信ひとつで受け取る側の気持ちは変わる

  4. お見合いの進め方は?短期集中が成功への近道

  5. お見合いで好印象な話題と会話の流れをつかむ方法

  6. お見合いコーヒー

    お見合い前の婚活カウンセリング

  7. お見合いカバン

    男性のお見合いカバンで失敗しない方法と選び方

  8. お見合いの決め手は?相手を見極めるポイント

  9. ティーカップ

    お見合い時は電話番号やメールの開示をせずに会える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

恋活婚活☆成功者続出のブランセル人気セミナー

<ブランセルが応援する大人の恋活婚活力向上☆婚活の魔法セミナー>交際が長く続かない、コミュニケーションが下手、異性にモテたい、幸せな出会いを引き寄せたい、婚活に疲れてしまった、早く幸せになりたい…このようなお悩みを抱えていませんか?ぜひ、ブランセルの人気セミナーへお気軽にご参加ください!詳細はコチラ