お見合いの進め方は?短期集中が成功への近道

お見合いして、お相手と交際することになったら、結婚相手としてふさわしいかどうか、デートを重ね、相手をよく知る必要があります。
その時、デートの内容や気持ちを伝えるタイミングなど、交際の進め方がとても重要になってきます。
今回は、お見合い後の交際の流れや、ステップごとのポイントや注意点についてご紹介します。

■お見合い後から交際の流れ

お見合い後は、「仮交際」へ進むのかお断りをするのかを判断しなければいけません。

このお返事は、男性女性に限らず、必ずお返事する必要があります。
お返事をするまでに期間を空けすぎてしまうと、相手にマイナスの印象を与えてしまう可能性も考えられます。

まずは、お見合い後から交際までの流れをご紹介します。

1.仲人へ結果報告をする

結婚相談所では、お見合い後は相手に直接返事をするのではなく、仲人へ気持ちを伝えるのがルールです。
自分だけではなく、相手も真剣に結婚を考えて婚活をしているため、なるべく当日中に仲人へ連絡しましょう。
相手と意気投合し仮交際へ進む場合もあれば、話や価値観が合わず、お断りをすることもあります。
相手に直接会わなくて良いため、相手を傷つけてしまう不安やストレスがなく安心です。

2.交際OKの場合は連絡先を交換する

双方のお見合いの結果が揃ったら仲人から連絡が来ます。
相手もOKだった場合、翌日中にはお互いの連絡先が交換されますが、まずは男性からのお電話(ファーストコール)を待ちましょう。
NGのお返事の場合も、落ち込みすぎず、次にどうしたら良いか考えていきましょう。
どうしても理由が気になる場合には仲人に相談することもできます。

3.ファーストコールを入れる

仮交際OKの返事をいただいたら、必ず男性側からファーストコールを入れましょう。
タイミングとしては、連絡先交換をした日が理想です。難しい場合は翌日には必ず連絡するようにしましょう。

ファーストコールは、相手と長話をするためのものではなく、お見合いで自分を選んでくれたことや交際をOKしてくれたことに対し、相手にお礼や感謝を伝えるものです。
相手に失礼のないよう手短に済ませましょう。

また、期間を空けすぎてしまうと出会った時の印象が薄くなり、相手の気持ちが冷めてしまうこともあります。
お互いの良い印象を維持するためにも、なるべくファーストコールで再会やデートの約束を交わしましょう。

4.仮交際スタート

交際がスタートしたら、積極的に自分をアピールしていきましょう。
メールやラインなど、相手とマメに連絡を取ることで徐々に会話も弾んでくるはずです。
趣味や興味などの話題は共通点も見つけやすく話も盛り上がりやすいです。
また、相手の性格や内面を知るためにも、デートを重ねていきましょう。

■仮交際から真剣交際へのステップ

結婚相談所の交際には「仮交際」と「真剣交際」の2種類があります。

仮交際はお見合い後の交際のことで、お試し期間のようなものです。
この時は連絡先を交換しただけの、正式なお付き合いの段階ではありません。
そのため、複数の異性とお見合いをしたり同時並行で交際することが認められています。
結婚相談所に入会後1年以内の結婚を目標としているのであれば、多くの人と会う機会を増やし、自分の結婚相手にふわさしい人を吟味する必要があります。

一方の真剣交際は「本交際」とも言われ、文字通り二人が結婚を前提に真剣に交際することです。
仮交際のスタートから1~2ヶ月を目安にお付き合いをしてみて、パートナーにふさわしいお相手を1人に絞り、真剣交際へと移行する流れとなっています。

仮交際から真剣交際へと進むということは、交際を続ける相手を1人に絞り、そのお相手と結婚に向けて突き進んでいくということです。
ここでは、仮交際から真剣交際へと移る際の決め手や進め方などをご紹介します。

・お見合い後の交際の決め手

お見合い相手と交際に至る決め手は人それぞれです。
一般的には、第一印象が良かったり、会話の中で「この人と一緒にいると楽しそうだ」「もっとお話してみたい」「仲良くなりたい」などと感じて、交際を決める方が多いでしょう。

お見合いで交際を決めたからといって、必ず結婚しなければならないということではありません。
まずは、異性の友達としてお付き合いしていくことを考えましょう。
恋愛は何度もデートを重ねていくうちに発展していくものですし、最初は恋愛対象として考えていなくても、気が付くと好きになっていたという可能性もあります。

結婚をするかどうかということは交際中にじっくり考えれば良いのです。
お見合いの席では必要以上に結婚後のことを心配することはありません。
短時間でお相手のことを知ることは難しいので、「何となく気になる」「もう少し話してみたい」など、相手の印象がそこまで悪くないのであれば、仮交際へ進んでみると良いでしょう。
自分の気持ちに正直でいることが、出会いのチャンスを発展させるポイントです。

・お見合い後のデートから真剣交際に移るまで

お互いにとって、今後どうしていくのか真剣に考える場として、4回目のデートが重要になってきます。
これからどうするのか?このままお付き合いを継続していくのか?それとも交際終了するのか?そろそろ決断しなくてはなりません。

婚活で知り合った異性とのデートは、普通のデートと違ってスピードが必要です。
人それぞれペースは違うと思いますが、婚活において交際までのデート数は多くても4回程度。
それ以上はお相手に見切りを付けられる可能性が高くなります。

お見合いを含めて3回以上会っているということは、ある程度の好意を抱いている証拠です。
3回目のデートとなると、お相手は自分の気持ちより、自分のことをどう想っているのか?が相手のことが気になりはじめています。
そのため、3回目以降のデートで気持ちを伝えていないと、逆にお相手は不安を感じてしまいます。

過去3回のデートで、ある程度の信頼関係は築けています。
4回目以降のデートは、少し長い時間のデートに移すタイミングです。
半日以上のデートプラン立てましょう。お昼過ぎに会ったとして、夕食まで一緒に過ごすような時間が最適です。

そして、好感を持っていることを素直に伝えましょう。
自分の結婚観や将来について自分の考えを伝えながら、お相手の考えも聞いてみてあげてください。

そして、お相手の反応が良ければ、思い切って結婚を前提にした「真剣交際の告白」をしても良いでしょう。
もし、お相手の反応が微妙であれば、一度考える時間を与えてあげてください。
そうすることによって、お相手も真剣にあなたとの結婚を意識し始めます。

真剣交際をしたからといって、必ず結婚しなければいけないわけではありません。
交際していく中で、パートナーとして相応しくないと判断したら交際をお断りすることが可能です。
まずは、あなたの気持ちを伝えて、お付き合いを始めてから、ゆっくりお互いをより深く知っていけば良いのです。

・お見合い後の本交際の進め方

お見合いで出会った相手と仮交際へ進み、何度かデートを重ねたら、次は本交際へステップアップする準備です。
そのためには、相手に対する自分の気持ちを確認し「結婚前提にお付き合いをしたい」などの想いを告白することが大切です。
お互いの気持ちが高まっていなければ、本交際をお断りされてしまう場合も考えられます。
まずは、告白のタイミングを見極めるポイントを抑えましょう。

1.会いたい気持ちがあるかどうか

お見合い相手に告白をするにしても、お互いに「会いたい」気持ちがなければ本交際へ発展することはありません。
まずは、仮交際を開始した当初よりも「会いたい」気持ちが大きくなっているかどうか自分の気持ちを確認しましょう。

また、相手の気持ちは、メールや電話、デートの会話の中から察することも可能です。
気遣いのある優しい言葉をかけてくれたり、デートの誘いを喜んでOKしてくれたり、相手からお誘いがあったりなど興味を示す態度が見られた場合は、相手が好意を持ってくれている可能性が高いと言えるでしょう。

2.長時間一緒に過ごして居心地が良いかどうか

仮交際後1~2ヶ月の間にデートを重ね、半日以上一緒に過ごしても、お互いに繕うこともなく自然体でいられることも大切です。

結婚を視野に入れた場合は居心地の良さも重要になるため、「楽しめない」「気疲れする」「リラックスできない」などこのような場合は、お見合い相手と相性が合わない可能性も考えられます。
まずは、長時間一緒に過ごして居心地が良かったかどうかを振り返り、見極めましょう。

3.相手の嫌な部分を受け入れられるかどうか

本交際の告白をする前に、相手の気になる部分があるなら、それを受け入れた上で真剣交際を続けていけるかどうかをもう一度考えてみましょう。
気になる部分はあるけれど、それを補えるくらい相手への想いが強く気持ちを伝えたいという方は、本交際に進んでも問題なさそうです。

・お見合い後の真剣交際期間

結婚相談所によっては、交際期間が決められているところもあります。
結婚相談所最大手のIBJ結婚相談所連盟では、交際期間を3ヶ月とするルールがあります。
会員は出会いから3ヶ月以内に交際相手と真剣交際に発展するのか、お断りするのかを担当者に伝えなくてはなりません。
結婚相談所に交際期間のルールが設定されていなくても、3ヶ月から6ヶ月以内にプロポーズ、成婚を目指しましょう。
普通の恋愛の交際期間に比べるとかなり短い印象を受けますが、お相手の貴重な時間をムダにしないためにも、決断は早めを心がけましょう。
ただし、遠距離婚活など直接会う機会が少ないという状況であれば、担当者に相談して交際期間延長の申込みをするという方法もあります。

・お見合い後の真剣交際のタイミング

仮交際はあくまでもお試し期間で、複数のお相手と交際が可能です。
便宜上「交際」という言い方をしますが、この段階ではまだ正式にお付き合いしているわけではありません。
これは異性とお付き合いした経験が少ない人ほど、勘違いしていまいやすいです。
勘違いしたまま真剣交際の意思を伝えてしまうと、気持ちのズレが原因で、交際が終了となってしまう可能性もあります。
そうならないために、以下のことに気をつける必要があります。

相手に真剣交際に進みたい意思を伝える

真剣交際に進む際は、お相手に「結婚を前提にお付き合いしてください」という意思を伝える必要があります。
意思表示は男性から女性に伝えるというのがマナーです。
言葉を濁したり、遠回しな告白では相手に真剣な思いは伝わりません。

また、真剣交際で多いトラブルが、男性は真剣交際の意思を伝えたつもりでも、女性には伝わっていないなど、お互いの認識にズレがある場合です。
しっかり気持ちを伝えて、結婚に向けて着実に歩んでいきましょう。

他の交際中の人にはきちんとお断りをする

真剣交際になっても、他の人とお見合いをしたり、交際を続けていることはマナー違反です。
他にも交際中の人がいる場合、仲人やアドバイザーを通して、きちんとお断りを入れましょう。

担当にも真剣交際へ移行したことを報告する

真剣交際への移行は、当事者同士で同意があればOKというものではありません。
真剣交際中であることを個人のプロフィールに反映させなければならないため、担当の仲人やカウンセラーに確実に報告をする必要があります。
まれに真剣交際に移行したにも関わらず、担当に報告しないまま結婚相談所を退会し、後で仮交際中だった相手と退会後にこっそり入籍していたのが発覚して、多額の違約金と追跡調査費用を支払う羽目になる会員の人もいるようです。
人生の一大イベントである結婚を前に、モラルに反するような行為は避けるべきでしょう。
お互いが気持ちよく真剣交際を進めていくためにも、担当者への報告も忘れずにしましょう。

・お見合い相手に真剣交際に向けて告白

真剣交際へ進む意思が固まったら、相手に気持ちを伝えましょう。
気持ちを伝えるためには、告白の仕方やタイミングが重要ですが、言葉選びやシチュエーションを誤ると、相手に真剣さが伝わらず、残念な結果となることも。
まずは、本交際へ対する強い気持ちを相手にわかってもらうためにも、告白をする場所や自分に合った適切な時期、伝え方など告白の仕方について知っておきましょう。

1.告白する場所

結婚を前提とした本交際へ進むための告白をするのですから、場所選びも肝心です。
理想としては、二人でゆっくり会話ができるレストランや夜景スポット、初デートで行った想い出の場所があるなら、そこで告白をするのも良いでしょう。
今後の交際に対する真剣な気持ちを伝える場なので、メールや電話ではなく必ず相手の顔を見て伝えましょう。

2.仲人に相談して告白時期を決める

お見合いで出会った相手との交際には、それぞれ段階があります。
早すぎても遅すぎても相手に負担をかけてしまい、逆効果で終わってしまうことも考えられるので注意しましょう。
そろそろ相手に告白をしたい!次のステップに進みたい!と気持ちが固まった時は、まず仲人に相談し、適切な時期を見極めてもらうことも大切です。
仲人の存在は心強く、よりスムーズに交際を進めていけるでしょう。

3.気持ちをしっかり伝える

お見合いや婚活においては、男性から告白をするのがマナーと言われることが多いです。
相手の女性に告白を促すような態度や言葉は失礼にあたるため、自分の気持ちをごまかさずストレートに表現しましょう。
お見合い相手への告白を決めたなら、「結婚を前提にお付き合いをしてください」などと、結婚に対する前向きな気持ちがあることをはっきり伝えるようにしましょう。

お互いに「惹かれ合っている」「好意を持っている」などと、手ごたえを感じた場合は、告白の前に「好き」な気持ちを伝えてみるのもおすすめです。
気になる異性に告白をされて嫌な気分になる人はほとんどいないため、本交際へ発展する可能性が高いです。

■お見合いでよくあるお悩み

・お見合いでの会話のネタ

初対面の人との会話は緊張して「何を話していいかわからない」という人が多いと思います。

お見合いでは事前にお相手のプロフィールが確認できるので、お見合いが決まったら、お相手の情報をしっかり頭に入れて、そこから話題を広げていくのが無難です。

このプロフィールには相手の基本情報だけではなく、趣味や休日の過ごし方など、様々な情報が書かれています。
どんな内容でも共通のことがあればそれだけで会話の糸口を掴むことができます。
相手も自分に関わることなら話しやすく、こっちも興味がある内容なら楽しく話を聞くことができ、どんどん会話も弾んでいきます。

仲良くなるためには会話をするのが一番です。
相手を不快にさせないように適切な話題を選び、楽しく話すことを意識して良い印象を残しましょう!

・お見合いで交際に進展しない

お見合い相手から交際OKの返事はもらえたものの、なかなか次のステップへ進むことができず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
交際開始から間もない頃は、電話やメールなど相手と頻繁に連絡を取り合うことで、初めの頃よりもお互いの距離を縮められる場合もあるでしょう。

しかし、そこから先へ進むためには注意すべきポイントがあります。
交際したい気持ちが焦りすぎてしまうと、相手に悪い印象を与えてしまったり、誤解をされたりと思うように進まない場合も考えられるため、しっかりポイントを抑えておきましょう。

早めのファーストコールで好印象を与えよう

交際成立後、無事に連絡先交換ができれば、ファーストコールをすることになります。
基本的には男性側から相手の女性に連絡を入れるのがマナーです。
この際、お見合いのお礼を伝えるとともに、初デートの約束を交わすことができると尚良いでしょう。
相手の女性に会いたい気持ちや交際に対し、前向きな姿勢が伝わり、好印象を与えることも可能です。

また、ファーストコールを入れる時期については、連絡先交換をした当日に済ませるのがマナーです。
相手が留守番電話にしている際は、折り返しに困らないようメッセージを残しておくと良いでしょう。
お礼や挨拶するまでの期間を空けすぎてしまうと、「気持ちが変わってしまったのかな?」と相手の女性を不安にさせてしまうだけでなく、非常識な印象を与えてしまうため、マイナスな印象となります。
相手に悪い印象を残さないためにも失礼のない対応を心がけていきましょう。

ファーストコールから初デートまでの期間は短く

お見合い後の初デートの約束を取りつけたら、次は日程を決めます。
お見合い後に順調な交際を続けていくためには、初デートをするまでの期間や誘うタイミングも重要です。
相手との都合にもよりますが、特に初デートのお誘いはファーストコール後なるべく早い時期に調整し、二人で会える時間を作りましょう。
その方が、相手の女性に交際に対する真剣な気持ちが伝わり、好印象を与えられる可能性が高いです。

また、初デートの行き先やプランについては、落ち着いた雰囲気のカフェなどが良いでしょう。
ダラダラと会話を続けていると相手を疲れさせてしまう場合もあるため、1~2時間で切り上げるのが理想です。
「もう少し話したかったな」と相手に思われるくらいのほうが次のデートに繋がる可能性が高いです。

3回目のデートで相手に気持ちを伝える

結婚相談所の交際は、お見合い日から3ヶ月としている場合が多いため、交際中は少なくとも1ヶ月に2~3回のデートをおすすめします。
また、お互いに慣れていない初デートは緊張しやすいものですが、3回目のデートともなれば会話も増えて、相手の性格や今後の交際に対する考え方なども見え始める頃です。
3回目のデートは、初デートよりも少し長めの時間を一緒に過ごし、よりお互いを知るためのデートを計画してみましょう。
そして、「今後の交際に向けた気持ち」や「結婚を意識していること」など、素直に伝えてみましょう。
お互いに惹かれている場合は、気持ちを伝えられて嫌な気持ちにはならないため、その後、真剣交際へ発展する可能性が高いです。

ポジィティブな気持ちで活動をする

交際中は楽しいことやうまくいくことばかりではないので、様々な感情が出てくることと思います。
心の中で思うことは自由ですが、相手の言動1つ1つにイラっとしたり、小さいことを気にしていてはなかなか前に進むことができません。
寛容でポジィティブな気持ちを持つことができない人は、たとえ成婚し、結婚したとしても破綻してしまう可能性があります。

結婚生活は、相手に合わせられるかもとても大切です。
否定的な言葉やネガティブな感情は婚活の妨げになります。
自分の幸せのために楽しいイメージを持ちながら活動することで、成功の道はグッと近づくので、前向きに活動をしましょう!

・お見合いで交際中のキス 

結婚相談所のルールやマナーに交際中のキスに関するルールはありません。
しかし、まだ正式なカップルでない以上はキスをするにもお互いの気持ちやタイミングが大切です。

交際中の男女がキスをするためのタイミングに正解はありません。
相手との心理的な距離感とその時の雰囲気次第です。

だからといって、最初のデートでいきなりキスを迫ったり、相手が嫌がっているのに強引にキスしたりするのは避けましょう。
特に女性は警戒心が強い生き物です。二人きりになったからといって、不意打ちでキスするのも相手を驚かせてしまいます。
たとえ、あなたに好意を抱いていたとしても、いきなりキスされるのは抵抗があります。
そのため、まずは手を繋いでもいい雰囲気を作りましょう。
物理的に二人の距離が縮まれば、心の距離も近くなります。
お店から出たタイミングや二人で並んで歩いているタイミングを見計らって、さり気なく手を繋いでみてください。
あとは、お互いの自然の流れに任せてみましょう。

キスをすることで二人の距離は今まで以上に近くなり、お互いに信頼感や安心感が芽生えてきます。
しかし、タイミングを間違えると相手を傷つけたり、交際がそこで破綻するリスクもあります。
キスも真剣に結婚を考えて行なうものなので、自分本位で軽はずみな行動をやめましょう。

■まとめ

結婚相談所の交際は、お相手がパートナーとして相応しいかどうかを見極めるのが目的です。
交際期間を延長したところで、成婚率が高まるわけではありません。

そのため、ダラダラと交際期間を延ばすのは禁止となっています。
婚活において時間は貴重な価値であることを意識しておきましょう。
貴重な時間やお金を無駄にしないためにも、仲人やカウンセラーのサポートを受けながら、積極的に行動することが大切です。

ブランセルでは、「幸せな一生涯」を大切にした出逢いと結婚をサポートいたします!

関連記事

  1. お見合いの決め手は?相手を見極めるポイント

  2. 婚活さんの服色

    婚活・デート時に黒服は避けよう

  3. お見合いカバン

    男性のお見合いカバンで失敗しない方法と選び方

  4. 趣味といえるものがあるか、ないか

  5. 結婚相談所のメリット・デメリット

  6. 女性へ花束をプレゼント

  7. お見合い遅刻

    お見合いでの遅刻はNG結果へとつながってしまう?

  8. お見合いプロフィールは自己PRが勝利の決め手

  9. いくつになっても見た目は大事?相手を選ぶ基準

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。